書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

意味を捉えないと広がらないんじゃないかな

お盆の時期の2日間、高校生に英語をみっちり教える機会がありました。 まずは、学校の教科書とセンター試験用の赤本と、塾で薦められたという単語の参考書を見せてもらい、どういう授業を受けているのか、塾では何をやっているのか、何が得意で何が不得手な…

あったらあったで、なんだよね

うちにはテレビをおいていません。 主義としてではなく、地デジに移行するのと引越しのタイミングが重なったのと、なければないで、どうしても必要性を感じたら購入しよう、というスタンスでいたら、 テレビのない生活のまんま。 なければないで平気なんだよ…

夏休みは人それぞれなので

おもしろいなぁ。 三連休にかかる週から連休含め、そして今週とやたらやりとりが活発です。 これ、私の周囲の方が休まず働いている、というわけではなく、それぞれお休みが違うので、それぞれ方の休みの前後にどどど〜っと連絡が来て、それが人によってずれ…

今日はVJデイ

いいことも悪いことも起こったことを検証、分析して、間違いがあった場合は、なぜそうなかったか理由を探り、をその上でどうするか、のが未来を築く王道じゃないか、と思っていて、 感情的なぼんやりとした空気の塊で覆うとか臭いものに蓋をするとか都合の悪…

程よい距離感が肝かもしれない

高校の同窓会、地元で行われた本丸の会に参加しました。 50歳を迎えてからの開催なので、卒業して30ン年ぶりです。 正直、同窓会っていいイメージがなかったんですよね。 おじさん、おばさんたちが集まって、昔を懐かしむ&自慢話に花を咲かせる場だと思って…

よい夏休みをお過ごしください

年末年始やGWと違って、今の時期はお盆休みというよりも夏休みの色合いが強く、人によって日程が違うので、それぞれのスケジュールを確認しながら仕事を進めます。 人によっては、繁忙期の人もいるし、長期休暇を取る人もいれば、パラパラと休む人もいる。時…

これでいいんだ、とホッとした件

私は、今がいちばんいいと思っていて、それを踏まえて未来の話をするのならともかく、過去を振り返って懐かしさに終始する、みたいなことは好きじゃない。 かといって、別段、過去を否定するわけでなく(どうして否定できよう、その積み重ねがあって今がある…

そのひと手間が大手間なので

最初は2回に一度、今は整髪料を使った時以外は、 シャンプー、コンディショナーを使わない湯シャン生活です。 体を洗うのも、石鹸を使うのはごくたまに。 その代わり、なのか、ときどき湯船に浸かるようになりました。 それは、なんか詰まっている感じがする…

妙に納得してしまった!  

これ、本当にそう!(↓) miyearnzzlabo.com 脳で食べる、っての、よおおおくわかる。 もっとも私の場合はダイエットとは逆で、 下見とか取材とかで食べることがつきまとうわけですが、 この時にものすごく食べるんだな! もちろん普段も食べる方ではあるの…

本当にありがたいなぁ、としみじみ

8年前の東日本大震災の後、長年過ごした東京を離れ、もちろんそのときのタイミングもあって、見事にぱったり縁がなくなった人、新しく出会った人など、周囲の人の入れ替わりが起こりました。 そのなかで、心底ありがたいなぁ、と思うのは、普段はやりとりを…

何かがあったわけではないけれど

謙虚さが足りないんじゃないか、ってふと思う。 何かきっかけがあったわけではない。 ボタンのかけ違いをなるべく減らすべく、言語化して説明しようとして、 そこで言うのは技法的なことではなくって考え方とかコンセプトとか、なぜこれをするのか、その理由…

グレーゾーンにも届けたい!

ここのところ、Creepy Nuts、特にDJ松永がお気に入りの私です。 音楽、も、と言いたいところですが、何より、喋りが。 名前のDJは、ラジオDJのDJなんじゃないか、って思えてくる。 で、この放送は聞いていないのですが、書き起こしを読んで、そうなんだよな…

なるべくまっさらでいたいなぁ

20歳過ぎの若い方と話していたときに、その方が言ったこと。 出先でお昼どきになり、ふと見れば行列のある店が。 スマホでチェックしたら老舗だとわかり、値段もさほど高くない。 時間もあったり、好奇心もあって、行列とはいえそこまでではなかったし、ピー…

誰の視点なのか、固定化する

文章を書く、というのは、どうも軽んじられているなぁ、ってことに出くわすことがしょっちゅうあって、 現場に行かないでも、取材しないでも書ける、って思っている人、多いんですよね。 プロなら、書けるには書けるけれど、内容はというと、どうしても薄っ…

自分の中で踏ん切りがつくその日まで

おかたし真っ最中。これが終わらないと引っ越せない!のと、これをいい機会にきちんと自分と対峙して本当に必要なものを見極める時間の真っ只中にいます。 目下のところ、資料の要/不要をチェックする日々。 呆れるほとの雑誌の山(本もそこそこあるけれど、…

無意識の言葉に肩を落とす

「お母さんがお弁当作りが大変」 「お母さんが買うトイレットペーパーはシングル? ダブル?」 「お父さんは仕事で遅いの?」 「女の人はニュースに興味がないかもしれないけれど」 「男の子でも家事を手伝うの? 偉いね」 私はラジオを在宅ではラジオを流し…

あれこれ考えているからこそ、基本に戻る

友達に教えてもらったまとめ(↓)。 ch.togetter.com 4年前のものだけれど、根元的なものは不変にいて普遍。 そして、ここに一見単純だけれど、本質が詰まっている。 よくコピーライティングとかデザインで、“フック”って言葉を使うけれど、 要するに、いか…

書籍の編集者って助産師、のようなもの

雑誌の場合、私が携わるときはせいぜい特集企画とかで、1冊丸々ってことはなく、取材・執筆をライターさんに発注するとしても、複数の方に出すこともあるし、ひとりの方に任せるにしても、やっぱりそこまでのボリュームではないので、制作期間も含めて短期…

暑くって、昼間は使いものにならない件

夜型に戻ったなぁ、と感じていたですが(↓)、 ricorice.hatenablog.com 実は、体にとってそれがラクだから、ということに、ハッと気づきました。 梅雨も明けて、暑い、暑い。 日中、少し外出すると汗をかくだけでなく、体力をもっていかれちゃうんだ、って…

コミケに行ってみたい!

マンガ好きでもマンガ読みでもないのだけれど、コミケに行ってみたい! ここ何年も思っているのですが、何がなんでも、というわけではなく、タイミングが合えば、ぐらいに思っているので、いまだ行けずじまい。 ここって多分、アナログでアマチュアの世界が…

古い雑誌を粛々と整理中

雑誌の棚をひっくり返して、要/不要を粛々と行っています。 とっておく!と決めたもの以外は、1冊1冊パラパラとめくって判断するので時間がかかる。。。 もう何年も読んでいないんなら捨てちゃえば? 一時的な興味で買って、仕事に引っかからないものはすで…

夜中にお腹がすくんだよなぁ

いわゆるダイエットはしたことがなく、数kg単位の体重の増減は繰り返しているわけですが、 基本、体が欲しているものを摂取するようにしていて、それで間違っていなさそうなのが、これまでと今のところの感触です。 生理中、とりわけ始まるか始めらないかの…

「夏休み子ども科学電話相談」が始まった!

子供たちは夏休みに突入し、毎年楽しみにしているにしているNHKのラジオ番組「夏休み子ども科学電話相談」が始まりました! 子供たちの科学に関する質問に専門家の先生が答えてくれるもので、思わず微笑んでしまうようなやりとりもあれば、唸ってしまうよう…

そうは問屋が卸さない、のだ

SNSでシェアされ、目に留まってたまに読むのは、AERA dot.で連載されている、 「鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋」 (もちろん全部が全部賛同するわけではない)。 先日読んだもので、おもしろかったのがこれ(↓)。 dot.as…

老化の変化も新しい発見

さんざん脅されたせいか、老化現象が自分に起こるとショックを受けるのかと思っていたのですが、実際は違った。 私の場合、リアルに加齢に直面したのは、閉経前の生理の変化。 ricorice.hatenablog.com あとは、起床してしばらく文字が読みづらい、とか、白…

理由はわからないけれど、こういうことって起こるんです

私はブログを2つ運営していまして。 もうひとつのライフワークにしている、イギリスの食ブログ(↓)の方が長く、アクセス数も多い。 ricorice.exblog.jp で、たま〜に、突然、アクセス数がいつものン倍、ドカンと多い日があります。 先日もそんなことが。 後…

断り方ってあるよなぁ

私の仕事のひとつに取材・掲載の打診があり、もちろんいつでもすんなりOKが出るわけではないし、断られることも少なくありません。 そりゃ、そうです。 その向こうには読者やユーザーがいるとはいえ、こちらの企画のために時間や知識の提供をお願いするわけ…

宵っ張りなんだなぁ、とつくづく

もともとそういうきらいはあったのだけれど、生死を彷徨った後で早寝早起きに軌道修正しました。 といっても、それまで3時ごろ寝て、10時ごろに起きていたのを、 日付けを超えたらなるべくすぐ寝るようにして(だいたい1時ごろ)、8時ぐらいに起きる (そし…

片づけながらしまいながら、記憶を行ったり来たり

おかたし進捗。 体調や精神状態があまりよくなく、とりあえず目の前のことをやるのにいっぱいいっぱいだった時期を経て、おそらく気持ちに余裕ができたのでしょう、ふと見渡し愕然とした日から、おかたしに再びギアが入ったところ。 書類と資料の見直し、と…

ギャグマンガは最高のグルーヴ感を与えてくれた

私は1969年2月生まれです。 「ベルサイユのばら」、萩尾望都や竹宮恵子の主にヨーロッパを舞台とした大河ストーリー、そして絵柄が苦手で、読まずにきたんのは、世代的に少し遅れたから、と思っていました。 でも、それは違うのかも、と最近思い始めまして。…