書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

気象病か、めまいか、更年期か

f:id:ricorice:20200625200820j:plain

 

前の日の夕方、拭き掃除をして立ち上がろうとしたらフラフラし、

夜、お布団に入ったら天井が回る。

 

さほどひどくはない。

 

翌朝、起き上がったら、ふらつく。

しばらくは、まあまあだったけれど、軽い吐き気がして、またぐるぐる天井が回る感じ。

 

さほどひどくはない。

でも、これを最大限にしたい。

 

やろうと思っていたことはあったけれど、急ぎではなかったので、数時間横になり、その日はのんびり過ごす。

 

 

梅雨で湿気が高くって気圧が低いことによる気象病か、軽度のめまいか、更年期か。。。

どれかひとつではなく、どれもなのかもしれないなぁ。

 

 

今回は軽度だけれど、こんな時にいちばん困るのは食べること。

 

・台所に立てない(起き上がっているのがつらい。調理時のにおいもつらい)

・買い出しに行けない(起き上がっていること自体がしんどいので)

・食べられるものが限られる(牛乳、フルーツ/野菜ジュース、やわらかいパン、をとりあえず摂取。今回は)

 

以前に1週間近く寝込むようなひどいめまいを経験し、気象病も程度の差はあれいつものこと。

なので、自分で自分の対処の仕方はわかっているけれど、買い出しに行けないのが最大難問かも。

ricorice.hatenablog.com

 

怠け病とかたいしたことない、とか言われようが、とにかく体を休める。

これに尽きる、なぁ。