書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

“きれい”も“かわいい”も“ナチュラル”もお腹いっぱい!

f:id:ricorice:20190421201214j:plain

 

インスタ映え/grammableが“重要案件”となって数年。

本が出たり、口説き文句で使われたり、あまりに出回っていて、しかも実際に“きれい”“かわいい”“ナチュラル”のオンパレードに食傷気味な私です。

 

疲れたよ〜。

 

だってそこには、こう見て欲しい、こう見せたい、はあるけれど、これが見たい、があるわけじゃないもの。

スッピンです、って言っておきながら、ナチュラルメークだよ〜ん、みたいな。

 

写真は一瞬を切り取るものじゃなくって、“こうしたい”に向かって作るものになっちゃったからなぁ。

 

ricorice.hatenablog.com

こちら(↑)にもちらと書いたけれど、それはそれで進むとして、反動も起こるんじゃないかな〜。

 

ほけ〜としたものが見たい。ざらっとしたものが見たい。ごちゃっとした、雑然としたものが見たい。

でも、それって度が過ぎると不快になっちゃうから、さじ加減が余計にむずかしい。

 

でも、ちょっとケオスがあったり、スキがあったりする方が、私は心落ち着く。

さてさて、どうすればいいのか、どこから手をつけたらいのか、わからないけれど、その模索の過程を楽しみつつ、試してみようと思っています。