書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

気分は“Don’t trust over 40!”

f:id:ricorice:20180816153341j:plain

“Don’t trust anyone over 30”が叫ばれた1960年代後半から半世紀が経ったことだし、

年齢を10歳引き上げてもいいでしょう。

 

お前もすっかりover 40じゃないか、っていうのはいったん棚に上げておいて、

また本来の文脈とも状況は違うのだけれど、

この頃、私よりひと回り以上若い人たちは断然信頼できるなぁ、とつくづく。

40歳前までの人たちが本当に優秀で、かつ、気持ちよいやりとりでストレスレスで、ありがた〜い!

 

あっ、もちろん40歳以上でも素晴らしい人はたくさんいます。

でも、その一方で、仕事そのもの、よりも態度に難あり(私にとってはね)、って人も少なくない。

見下す、というのが近いのかな。

肝心なことの報告や連絡をしてこない、っていうのも、その表れでしょう。

 

オレ様はお前なんか選りよっぽどエラいんだぞ!

お前ごときの仕事を受けてやってるだぞ(もしくはお前ごときに仕事を発注してやってるんだそ)!

 

無意識になのか意識的になのか、そんな態度やモノ言いをされちゃあね。

この手の人に限って、自分より上と思っている人にはへーこらして、お友達ごっこをする。

 

ううう〜ん。

保身なのかな、処世術と思っているのかな。分かんないけど。

いったん引き受けた(発注した)以上、なめた態度をとるな!って感じ。

首を傾げざるをえない、不愉快なこと、あるよなぁ。

  

 

ところが、こういう態度は、少なくとも私の周りの40歳未満はとらない。

かといって、私がぐっと歳が上っだからといって、顔色をうかがう、ってこともなく(多分)

(歳やキャリアの年数が上だから、という理由だけで、敬えって態度は積極的に苦手)、

フラットな関係性で仕事ができるのは、ほんっと、やりやすい。

仕事にまじめに一生懸命取り組んでくれる。

連絡もきちんとするし、しなやかに主張や要望もする。積極的な意見も出してくれる。

 

っと、これって、私が高圧的だから、威圧的だから、じゃないよね。

次の打ち上げは、周囲は全員、私よりひと回り以下だから聞いてみよっと。