書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

私でお役に立てるのであれば

f:id:ricorice:20190304110054j:plain

 

3カ月に一度のペースで、定期的に大学病院にチェックアップに行く生活を10年ぐらい送っています。

そのときどきで内容に程度の差はありますが、いつもの決まった検査なので、さほど時間もかからず、といったところです。

 

そこで、年に一度あるかないか、ぐらいかなぁ、研究のためのサンプル協力を求められます。

私がチェックアップしている内容にどんぴしゃりのこともあれば、類することで、ってこともある。

 

受ける/受けないはもちろん自由なのですが、私は基本的に(時間が許せば)承諾して協力しています。

その履歴は当然残っているわけで、先日は「いつもご協力をありがとうございます!」と言われる始末。

 

大学病院ですからね、それが研究の、ひいては世界にいる患者さんのお役に立てれば。

私の多少の時間で世の中に役に立つのであれば、喜んで!

 

私は、自分に医療の知識がないので、チェックアップもそうだし、サンプル協力についても、質問しまくるのですが、世の中ってまだまだわからないことがたくさんあるのだなぁ。

私にはそのわからないことを解明する能力はないけれど、そのための手助けはサンプル協力という形でできるわけで、少しでも世の中に還元できるといいなぁ、と思っているのです。