書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

美人で性格もよくって、はほんと!いいわぁ

f:id:ricorice:20180913084924j:plain

 

先日、物販のお手伝いをしたときのこと。

そこは10年以上の知り合いの会社なのですが、

途中から旧知の方が抜けられ、後半は昨年入社なさった社員の方がいらっしゃり。

 

 

私は美男美女が大好きです!

なんていうと、人を見た目で判断するとかけしからん!と顰蹙を買いそうなご時世ですが、

ここでいう美男美女は“生まれつきのとびっきりの”ってことね。

“努力して”“後天的に”の美男美女ではなく、

神様が与えたものが違うわ、と思えるレベルのこと。

 

こういう人たちにとって自分のルックスは持ってうまれたもので、

ことさら努力目標ではないから、人と比べたりしない。

なのでマウンティング、ってことしないんですよ。

純粋培養というか素直というか、すくすく。

 

なので、こういう人たちは概して性格もまっすぐ。

不愉快な思いをしないから、一緒にいて、ほんと気分がいいわぁ。

 

 

物販のお手伝いでご一緒した、入社して2年足らずの社員の方がまさにこれで、

知らないおばちゃん(私のことね)と一緒にあれこれするのは、なかなか気が重かった、のではと思いきや、

いや、内心ではそうなだったのかもしれないけれど、

いたってフラットで、ちょっと手があいたときは他愛ない話をしたり、

こちらがわからないことはていねいに教えてくれたり、

まごついていると助け舟を出してくれたり、思い違いを訂正をしてもらったり、

慣れないことを慣れない場で、こうやって思いやりを持って笑顔で接してもらうとほんと助かる!のです。

しかも美人さんなら言うことなし(これは今のご時世、余計なひと言か。。。)

 

 

よく、美人は性格悪い、とかっていうでしょ。あれ、まったくウソだと思う。

本当の生まれついての美人は、むしろ性格いい人が多い。

美人のカテゴリーに入れて欲しくってあれやこれやが渦巻いている人は、

他者を気にし、他者をマウンティングして、自分を納得させるから、

こういう人たちは性格難アリなことがある、と思うよ。。。

彼らの頭の中は、ねたみ、そねみ、ひがみが大きく渦巻いていますからねぇ。。。

(あんまり書くとさらなる敵を作りそうなので、これ以上増やさないためにも、ここらへんでやめときます)