書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

なぜ取材をするのか、ってこと

f:id:ricorice:20180122175554j:plain

 

取材して記事にして、というのを長いことやっているので、

取材ってどーやってやるの?

って訊かれることがあります。

 

私は人の取材のやり方をみたことはないんだけれど、

私自身の目に見える工程としてはこんな感じ。

 

1. 企画意図の把握

2. 取材骨子の構築(先方と共有する場合も)

3. 事前学習(資料などに目をとおすなど)

 

1は、たとえば飲食店の取材の場合、メニュー開発なのか、内装なのか、価格なのか、新規事業なのか、その企画内容はまずはしっかりと認識

 

2は、1をふまえた上で、質問事項をあれやこれや考える

 

3は、いくら専門家に話を訊くにしても、不勉強でいくと肝心の話の前に、用語を説明してもらって終わってしまう(専門用語の方が話しやすく伝わりやすいので、そういう用語は会話で飛び交う。それを記事にするときは、プロ向きならそのまま、一般のひと向けなら噛み砕き、読者に合わせる)

 

まあ、こんなところでしょうか。

 

 

で、私は実は実際の取材でこれがいちばん大事!と思っているのが、

いったん素になって、自分を白紙状態に持っていき取材する、ということ。

 

というのは、取材する人間はあくまで介在であって、自分の概念とか常識を基準にしない。

そうすると、自分で勝手に作った変な枠組みの中に先方の答を押し込めることがなくなる。

(聞き手の思い込みや常識に沿った記事、これが多いんだっ!)

 

自分を白紙にすると、これって本当かな?みたいなことも出てきて、

そういう素直な質問は、実は核心を突くことだったりする。

取材者は読者を代表して訊くわけで、疑問はどんどん訊いていい。

勉強した上で、引いて眺めるとあれっ?ってことが出てきて、それをぶつける、といったところかな。

 

 

いつもは取材する立場だけれど、ときどきある取材を受ける側になることもあり、

・着地点ありきの歪曲した情報の扱い方(ときにねつ造もされててしまう)

・取材者の視点を絶対としたとんちんかんな物言い(広い視野でものが見れない)

なことをされると、

 

そもそも、なぜ取材をするのか、その根本が圧倒的に抜けているんだなぁ、と言わざるをえない。

自分も改めて気を引き締めないと、なぁ。

 

風邪と重なった出張がなんとか終了

f:id:ricorice:20180121152903j:plain

1週間前の月曜日。

日中の案件が終わって帰宅する際、あっ、来るな、風邪ひいちゃう!と感じ、帰ってソッコーでふとんにもぐる。

 

案の定、でした。

次の日は外での予定がなかったので、またしてもふとんにもぐりっぱなし。

(クリニックに行きたかったけれど、逆に流行中のインフルエンザをもらってきたら、かえってまずい、と判断)

至急以外は後回し。

 

というのもその週の後半から出張が入っていたので、いつも以上に

とにかく早く治すことに専念。

 

 

以前、香港に行く時に、風邪の直りかけで安堵していたものの、

機内でもやもやもやと具合が悪く、

早く、早く、早く着いて〜!と

(空港に着いたらケロッと回復でしたが、一応その日は大事をとってホテルのベッドで休んでいました)。

 

以前、イギリスはコーンウォールを1週間ほどぶらぶら回る予定だったものの、

現地についた翌日に風邪を引き、前半はアポイントメントもあったので2日ほどなんとか動いたけれど、

後半はフリーだったので無理してもね、で

幸い宿は予約していなかったのとブリットレイルパスの利用だったので、

予定を切り上げてロンドンに戻ったのでした。

復路の列車の数時間がつらくって、

早く、早く、早く着いて〜!と。

 

 

出張は移動を含み、移動って体力を要するんですよね、普段は気にしていないけど。

こういった経験が蘇り、とにかく体力温存、時間さえあれば寝る、早く治す、と施したわけです。

 

結果、本調子に戻らないまま出張を迎え、頭もぼーっとしいていて、それでもなんとか出張でやることもやれたの、は、

それでも早めに対処したから、かもしれない。

 

出張では打ち合わせの案件があり、

頭の中で熟成させていた内容を、紙資料に起こして配布するつもりだったのが、

それをしようと思っていた時間を、風邪対策でふとんにもぐっていたので、

口頭での説明と類書の提示、ざっくり構成案で勘弁してもらいました。

無理すれば作成できたけれど、無理したがために出張取り消しだと元も子もないので、

多少の不便さを共有してもらうことに。

 

出張中は、宿に戻ったらバタンキューで、とにかく寝る寝る寝る。

最終日はゆったりスケジュールで、訪問しておきたいところをいくつか回るつもりだったけれど、

余計な動きをせず、余計な体力を使わない。

 

今日はやっと、そしてびっくりするほど劇的な快方に向かっているのが自分でもよくわかり、体がえらく軽い。

 

 

よくよく思い出したら、日本で風邪を引いたのは10年ぶりとかかも。。。

周囲の方にうつしていないといいけれど。。。

ユースカルチャーは大きな分岐点を迎えている、んだと思う

f:id:ricorice:20180102232908j:plain


2〜3年前だったか、イギリスから持ち帰った山積みとなった紙資料(新聞やら雑誌やらフリーペーパーやらフライヤーやら)を探れば出てくると思うのだけれど、

レコードレーベルもある、ロンドンの超有名クラブ、Ministory of Soundが一面新聞広告を出していました。

 

内容は忘れちゃったんだけれど、クラブは立派なユースカルチャーであり、犯罪の温床ではない、といった、撤廃路線を懇願する狙いだったような。。。

そのあと、Fabric(これも有名なクラブ。オープンした頃行ったことがあります)の閉店騒動があり。

 

2017年秋の滞在では、サウス・ケンジントン駅を出てすぐのところにあったナイトクラブ(ラウンジ、といったほうがいいか?)Boujisがなくなり、アメリカ合衆国からやって来たグルメバーガー・チェーン、Five Guysになっていたし。

ここ、若き日のハリー(ヘンリー)王子御用達の遊び場で、泥酔した姿がパパラッチされたりしていたのも近くの路上だったような。

 

 

現在、ロンドンでは週末にナイトチューブ(地下鉄を24時間運行。もっとも、ナイトバスはあったわけだけど)を走らせ、ここにナイトライフに経済活性化を見込んでいるわけだけれど、

もはやここにはクラブは含まれていないのかもしれない。

ロンドンのクラブは朝まで、ってことはなく、3時頃にお開きになるので、

そのあと帰路に着くのにナイトバスがあるところっていいわぁ、なんて思ってたんだけど、

もっとも、今の若者はクラブに行かないのかもしれない。

 

確かにまったくクリーンな場所、とはいわない。犯罪(主にドラッグ)が見出しやすい場所ではあるけれど、これって別にクラブだけじゃないでしょう。

もっと言うと、グレーな場所を取っ払う、って発想はどうなのかなぁ。

 

いや、もはやドラッグとかナイトライフとか大音量の音楽は過去の遺物で、

若者にとっては“ださい”のかもしれない。

野菜中心のヘルシーな食事、ノンアルコール、こぎれいな身なりが“かっこいい”のかもしれない。

ユースカルチャー = カウンターカルチャー(反抗)って図式も古くって、

時代の半歩先を行く方が“年寄りとは違うぜ”なのかもしれない。

いや、そんなことも気にせず、ただただ柔軟に自分にとって心地よさを追求しているのがcoolなのかもしれない。

 

 

そもそも音楽との関わり方も違っているわけで、

パッケージされた音楽ではなく、選びとって、時に自分で編集しているんだろうし。

 

 

もやもやもや。

ここ数年頭の片隅でぼんやり考えていたことを見事に切り取ったのがこの記事(↓)。

i-d.vice.com

 

私がううううう〜ん、と思っていることと符合し、いちいち多方面から検証することが指摘されていて、考えさせられます。

 

 

こんなことってあるのねぇ、な日でした

f:id:ricorice:20180119085242j:plain

私は仕事の場では、理不尽な仕打ちをされたとき以外は、温厚、です(本当です!)

怒んないよね〜、って言われるぐらいです(本当です!)

 

その理由は明快。怒ったところで問題は解決しないから。

むしろ怒ると、見た目、というよりも、心理的にこじらせるだけだし。

じゃあ、どうする、こうする、と切り替える方が建設的だし、実際問題、それしかやりようもないし。

 

 

ある日のこと。

 

アポイントのあるところに行ったら、ご担当の方が不在。

なんでも体調を崩された、とのこと。

 

連絡しろよ!と思う向きもあるでしょうが、体調が悪いときって、そこまで頭回らないだろうからなぁ。

ほかにも、完全に約束を忘れてらしたパターンもあるし、

約束を入れてから時間が経つ場合はだからこそリマインドをするのだけれど、

それでも起こるときは起こる。

 

 

同日、そのリマインドをした別件で、「その日無理です、ずらしてもらえませんか」と。

あれれれれ〜、関係者が全員揃った3カ月前にスケジュールのすり合わせをして決めたんだけどな。

記憶にはないのだけれど、だからといって関係者がひとりでも欠けている状態でンって医を決めるってことはないから、その方の記憶から落ちたんだろーなー。

 

それにしても危機一髪!
当日になって、あれ、来ない!よりはずっとマシなわけで、リマインドして、まずはよかった。

 

 

人間だもの、こういうことはあるわけで。次は自分がそうするかもしれないわけで。

起こってしまったことを咎めても仕方ないし(でも、ねちねちやる人いるんだよね)、じゃあ、どうする、次はこうする、って対策を立てるのが、精神衛生上もいちばんよろしい!

 

 

思いがけない形で、ときどき読者の方に出会う

f:id:ricorice:20180116230344j:plain

 

書籍の仕事の場合、私は制作指揮(映画で言うと監督)の立場であることが多く、

企画立案、構成などから関わり、執筆はすることもあったりしないこともあったり(そのときの状況で。監修兼著者がいたり、この人に執筆してもらおう、という場合は書いてもらいます)。

 

映画で言うと監督なので、表に出ることはないし(クレジットは入るけれど、著者ではないから、同業者じゃないとそこまで見ないでしょ)、

こっちから言う必要もないんだけど、

話をしていて、脇道にそれたときなんかに、あ〜!ってことがあります。

 

 

「○○ってお店でずっと仕事していたんですよ〜」

「そうですか! ○○シェフに、以前、本の仕事でとってもお世話になって」

「○○シェフ、本の仕事もしてますもんね。『△△△』は、私たちスタッフもいろいろ関わったんです」

「あ〜、あれはいい本ですよね。制作側から見ると、作るのはさぞ大変だろうなぁ、と(笑)」

「『◇◇◇』って本があって、それは私がそのお店にいなくなってからのですが、私自身はこの本がすごく好きで」

「あっ、それ、私が企画出して実現化した本です」

「えええええ〜っ! そうなんですかっ? あの本、本当に役に立ちます! 必携ですよ!」

 

 

たまにこういうことあり、そう、本って、著者でもそうですが、制作側となると、いくら総指揮とはいえ、読者の方にお目にかかる機会って、本当に少ない。

「こういう人たちに役立つ、こういう本を作りたいなぁ」という企画の発端が、

こうやってちゃんと届けられているのは、本当にうれしいものです。

しかも、プロの方にこう言ってもらえるのは。

読んでもらってうれしい、のもあるけれど、(意図したように)役に立っている、ってのが、ね。

 

 

過剰な盛りは、もはや要らない

f:id:ricorice:20180117093753j:plain

些細なつながりを、あたかも関連が深いように大きく扱う。

カズオ・イシグロを日本人として、もてはやしたのがいい例。

 

余計な演出を施してスポーツ中継をどっちらけにする。

関係のないお涙頂戴物語を差し込むのがいい例。

 

 

先日、取材を受けた案件の内容確認をする段になりまして、

その内容をみてびっくり!

 

誤解を招くので、本来は関連がないものを、あたかも関連づけるような形で取り上げるのはやめて欲しい! なので、最初からこの事項については掲載しないで欲しい!

と念押しをしたにも関わらず、だったのです。

(修正してもらい、結果、ブラッシュアップがかかった恰好になったのだけれど)

 

 

もうさ、今や読者の方がよっぽど優秀なんだよ〜。

またかよ〜!ってうんざりするのは目に見えている。

情報がない時代に情報をあおるためのきっかけの作り方って昭和の時代の話だよ〜。

 

今、情報が発信する側ができることは、いいこと悪いこと含めて、フラットに情報を伝えることであって、

そこに過剰な演出をする必要はまったくない。

むしろ、内容を充実させる方に目を向けた方がいい。

もちろん、ヘッドラインの付け方は大事だけど、盛り過ぎて事実とあまりにかけ離れたことを呼び込みのために掲げるのはどーかと思う。

 

いまだに、こんな時代錯誤も甚だしい考え方のところがあるんだよね〜、そしてその数は決して少なくない。むしろ、多い、か。

自分たちのそんな行動がマスメディア不信、そして不振につながっているって思わないのかしらん。

 

これって結局のところ“せっかくのはれの日”商売じゃない?

f:id:ricorice:20180116141256j:plain


もやもやもや。

 

今年、2018年早々発生した成人の日の「はれのひ」問題。

headlines.yahoo.co.jp

 

最初にこのニュースを知ったときに、驚いたのは、

いまだに晴れ着を着る人がいるんだ〜!ってこと。

いまだに成人の日の式典に出席する人がいるんだ〜!ってこと。

 

確かに、被害に遭った人はかわいそうだなぁ、とは思うのだけれど、

たかだか数時間のために大枚をはたく、とか、そもそも成人の日の式典に参加するってことが続いていることが、私には大きな驚き!

 

そんなの個人の自由だから、晴れ着だろうが、ジーンズだろうが、スーツだろうが、何着てもでもいいし、

なんだけど、そもそもこんな式典に何の意味があるの?

税金のムダ使いに思えて仕方がない。

 

おまけに今、1/2成人式とか、ダブル成人式とかあるみたいだけど、

これってイベントやりたいだけじゃん!

休みをやたらめったら作るのと同じ構造に思えて仕方ないんだけど。

 

つまり、こういうイベントと業者が結託して、お金を使わせようとする図式。

“せっかくのはれの日”“せっかくの休日”を釣り文句に、高い着物を買わせたり、外出をうながしたり。

 

 

まあ、私は成人の日の式典にも、大学の謝恩会にも参加しなかったし

(単純にこんな一瞬のために大金を使うなんて、バカみたい! だったら海外旅行にでも出かけたり語学の学校に行ったりする方がよっぽどマシと思ったから)、

披露宴にもよっぽど個人的に深いつきあいのある場合以外は出席しないし。

 

 

今回の件ももとをたとれば、

“せっかくのハレの日”で、高い晴れ着を売りつける(貸す?)着物業界においしい汁を吸われ続け、ついには次の詐欺というステージになった現れに見えて仕方がない。

“みんなが着ているから”ってのが理由なら、“みんな”と同じである必要なんてまったくないし、もっと言えば“みんな”がやるから自分も、ってのは完全なる思考停止なわけで、

“みんな”は“みんながやるから自分も”につけ込んだ謳い(脅し?)文句であって、それでもって操作されて、結果作られたものだからね〜。