書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

寄り添ったふりはタチが悪いと思うのだ

f:id:ricorice:20190818102023j:plain
 

フジロックの第1回目、サマーソニックも初回だったか2回目だったか、はっきりと覚えているいちばん昔で2002年開催は行った身としては、おっ!と飛びついてしまったのがこの記事(↓)。

headlines.yahoo.co.jp

 

またしても、あ〜あ、な気持ちになったのは、スペシャルズポール・ウェラー(現在は訂正され、ジャムのポール・ウェラーになっています)となっていたこと。

 

新聞社って、取材先に内容確認をとらないんだよね〜。

取材対象を持ちげない、ってのが理由なようですが、だったら校正なり校閲なりしっかりしてね、って思う。

 

言い間違いだとしたら、そこに気づくのは発信する側の仕事だし、書いた本人だけでなく、世に出る前にほかにも目を通す人がいるはずだよね。

 

そこまで詳しくなくても少しイギリスの音楽を知って入れば、ポール・ウェラーが所属したのはジャムであるってのがすぐ気づきそうなもので、そこに誰も気づかない、ってことは、基本興味がないんだろうし、詳しい人が書くわけでもないんだろうし。
ちょっと調べればわかりそうなことを、たかをくくって、こういうことも取り上げますよ、どう、寄り添っているでしょ、が先に立っているからか、どうしてもそのニオイをどうしても嗅ぎとってしまうんだなぁ。

ポピュラーミュージックを格下と捉えている感が、いまだにプンプン。

 

こういうの、ちょくちょくある。

なんでも体験しないと書けないとは思わないけれど、こんなもんでしょ、こんなことも取り上げちゃうよ〜、が先に立ってトンチンカンな記事を何度も読んだことがあり、

若い頃の私は怒りに打ち震え、思い出すだけでいまだに腹が立つ。

今は、優越感の視点からの市井で起こっていることへのアプローチは、いつまで経っても変わらないんだなぁ、って諦めの境地。

 

こういうパフォーマンス要らない。

わかったふりは要らない。

知ろうとする姿勢はいいのだけど、知ったふりは要らない。

むしろ、知らないなら知らない、でいいんじゃないの。

意味を捉えないと広がらないんじゃないかな

f:id:ricorice:20190817210505j:plain

 

お盆の時期の2日間、高校生に英語をみっちり教える機会がありました。

 

まずは、学校の教科書とセンター試験用の赤本と、塾で薦められたという単語の参考書を見せてもらい、どういう授業を受けているのか、塾では何をやっているのか、何が得意で何が不得手なのかなどをヒアリング。

 

受験を、少なくともセンター試験を制するには、まずは単語力だな、って痛感。

意味がわからないことにはどうにもならない。

 

同時に、言葉を単純に言葉に置き換えることをやっている間は、本当の意味での語学は身につかないだろうなぁ、ってことも強く感じたわけです。

学校で何年も英語をやっていても英語が使えない理由のひとつはこれだなぁ。

 

やっぱり骨格が大事で、

それは、骨組みとなる文法も出し、肉づけとなる言葉を“意味”で捉えることもなんだよなぁ。

そうしないと応用がきかない。

 

部屋に鍵を忘れた、は、I’ve left the key in my roomとなって、

(forgetではなく)leaveを使うのは、言葉の持つ意味であり本質を理解していると、すんなりと入ってくるし、似たようなシーンでも使える。

 

なかなか、なぜなのか理由を説明する時間は学校や塾ではむずかしいのかもしれないけれど、長い目で見れば、これが身につく近道に思えるのよね。

 

表層的なオーラルをやればいいってもんじゃないのだ、まったく。

 

 

あったらあったで、なんだよね

f:id:ricorice:20190816121544j:plain
 

うちにはテレビをおいていません。

主義としてではなく、地デジに移行するのと引越しのタイミングが重なったのと、なければないで、どうしても必要性を感じたら購入しよう、というスタンスでいたら、

テレビのない生活のまんま。

 

なければないで平気なんだよね〜。

子供の頃はびっくりするほどのテレビっ子だったのだけれど、大学以降はテレビがあってもほとんどテレビを見ない生活だなぁ。

連続して見ないとわからないドラマは特に。

なので、“みんなが見ていた”と言われるトレンディドラマの類も月9もまったく見ていない。

 

だけれど、出張とかで宿泊先にテレビがあると見ちゃうね。ときどき見入っちゃうね。

BSがおもいしろいな。あとはEテレかな。

 

なきゃないで、だけれど、あったらあったら、でだなぁ。

こうやって、あることに、慣れていくんだねぇ。

 

 

夏休みは人それぞれなので

f:id:ricorice:20190815175341j:plain
 

おもしろいなぁ。

 

三連休にかかる週から連休含め、そして今週とやたらやりとりが活発です。

これ、私の周囲の方が休まず働いている、というわけではなく、それぞれお休みが違うので、それぞれ方の休みの前後にどどど〜っと連絡が来て、それが人によってずれているため、受け取る側としては、ここのところ連絡が多いなぁ、な印象に。

 

いつもは、夜遅い時間や休みの日には連絡をしない方も、今やっとかなきゃ!なのでしょう、昼夜休日問わず、連絡を入れる。

 

私は理想としては、5カ月馬車馬のように働き、1カ月ほけ〜っとする、やたらメリハリのある生活をを年2回行うのが理想なので、その働く期間のときはいつでもオーライ!いつでもウェルカム!なのではあるので、遠慮なくどーぞ!(休むときは休むので)なので、へぇ〜、な感じで受け取っていて、

ときどきこういうことが起こるのはおもしろいなぁ、と感じています。

今日はVJデイ

f:id:ricorice:20190814205055j:plain

 

いいことも悪いことも起こったことを検証、分析して、間違いがあった場合は、なぜそうなかったか理由を探り、をその上でどうするか、のが未来を築く王道じゃないか、と思っていて、

感情的なぼんやりとした空気の塊で覆うとか臭いものに蓋をするとか都合の悪いことはなかったことにする、ってことは違うんじゃないのかな。同じことを繰り返しかねないよなぁ、とも感じます。

程よい距離感が肝かもしれない

f:id:ricorice:20190720103409j:plain

 

高校の同窓会、地元で行われた本丸の会に参加しました。

50歳を迎えてからの開催なので、卒業して30ン年ぶりです。

 

正直、同窓会っていいイメージがなかったんですよね。

おじさん、おばさんたちが集まって、昔を懐かしむ&自慢話に花を咲かせる場だと思っていたんですよね。

どちらにも興味がないから、ふ〜ん、ぐらいなもんだったんですよね。

 

それが地元開催に先駆けて行われた東京支部の会に行くことになり、

というのも運営期なので、一人でも参加者が多いほうがいいだろうってのと手伝いを兼ねて。

 

これが、その後の運営期による慰労会が、予想外に楽しかった!

大人の文化祭、って言っていたのもなるほどね、と思いました。

 

お盆の時期に開催される地元での同窓会は別に行かなくてももいいかな、帰省のタイミングが合って気が向けば当日参加で行こうかな〜、だったのですが、

行くことになり、こちらもスタッフ側としての参加。

そして、慰労会で初めて親交を温める、というね。

 

 

なんで楽しいんだろう、と思ったら、懐かしい話をしないからなんですよね。

きっかけで何組だった、みたいなのはあっても、それぐらいしか共通項がないから、昔話では話が広がらない。

今何やってのる? で、普段知り合えないような仕事をしている人がほとんどだからそれがおもしろい。

もう長年働いているから、それぞれがその道の(というよりもその人自身の)プロって感じで、へえええ〜っと。

 

それと、私は地元に住んでいないから気楽ってのもあるんだろうなぁ。

地元だと面が割れやすい、人目が気になる、というか。

今の時代、他人のことをどうのこうの、はないんだろうけど、でも心理的なハードルは高いとは思う。

自分も地元にいたらどういう態度で臨んだか、喜んで参加したのか、仕方ないなぁと内心思いつつだったか、まったく関わらないだったか、想像できないもの。

 

そう考えると人間関係って、程よい距離感が大事なんだなぁ、としみじみ。

それは、物理的な距離感や人口密度にある程度比例しているかもしれないね。

 

よい夏休みをお過ごしください

f:id:ricorice:20190813012614j:plain
 

年末年始やGWと違って、今の時期はお盆休みというよりも夏休みの色合いが強く、人によって日程が違うので、それぞれのスケジュールを確認しながら仕事を進めます。

 

人によっては、繁忙期の人もいるし、長期休暇を取る人もいれば、パラパラと休む人もいる。時期をずらして、9月にとる、って人もいれば、6月にとった、って人もいる。

 

本件の連絡がてら、こちらの予定を伝えたりスケジュールを聞いたりするのですが、

中にはあらかじめ言ってくれる人がいて、これはありがたい!

 

ここからここまで休みで、ここで数日出勤して、また休みます。

何かあれば、数日出勤のときに連絡してください、とかね。

これを教えてもらうと、とってもやりやすい!

 

そうすれば、仕事自体もだけれど、休みの直前には控えて、出勤日に合わせて連絡する、ってこともできるから。

これから休むってときに、急ぎではなくても連絡が入るって、あ〜、休み明けにこれしなきゃ、って心境にもなって、あまり気持ちのいいもんじゃないような気がするし、ね。

 

 

ともあれ、みなさま、よい夏休みをお過ごしください!