書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

そういうことじゃなかったのかもしれない

f:id:ricorice:20200710112230j:plain
 

5カ月前に引っ越すときに、本や雑誌などを1000冊近く手放したのですが、それでも減ったように見えず、ということは手元に残している紙類は相当ある、ってこと。

 

 

仕事で必要になった本があり、引っ越して来てから見た気がしてざっと探したところ見当たらず。あ〜、処分しちゃった!と思って、Amazonで注文。

 

しばらくして、また仕事で必要になった本があり、探したけれど見当たらず、またしてもAmazonで注文。

 

 

今までの私だったら、こういうことがあるから、むやみやたらと捨てられないのよ!と思っていたけれど、

今回は違った。

 

私は、残すものと手放すものの選択を間違えているのではないだろうか。

だとしたら、今残しているものは、実は要らないのではないだろうか。

 

こんな意識に向かったことに、自分で自分にびっくり!

こんな発想すらなかったもの。

 

 

どうにも必要なものだけ残して、あとは処分して、必要が生じたら入手して、そのお役目が終わったら手放して、それを繰り返すのはいかがなものかと、って思っていたけれど、そっちの方がいいのではないか。

整理もラクだし、探し物もラクだし、次に引っ越すなどなったときに、身軽で荷造りも荷解きもラクだし、となると、狭いスペースでも十分だし、結果、安上がりだし。

 

そんなことが頭の中をぐるぐる。

 

 

ここ数年なんとなくうまくいかない状況だったのは、来るかもしれないときに備えてキープしておく、で、結果、しっちゃかめっちゃかにしてしまって、本当に必要なものが見極められなかったからなのかもしれない。

不要になったらいったん手放して、再び必要になったら、そのときに改めて整える、今は以前よりも入手しやすくなったし(現に、資料をAmazonで入手)、それがいいのかもしれない。

 

食器洗浄器の導入を検討する

f:id:ricorice:20200710112208j:plain

 

気象病だかめまいだか更年期だかで(↓)、

ricorice.hatenablog.com

 

寝込んだのは週末の2日間だったのだけれど、

いつも通りに動くと、具体的に言うと、急に立ち上がったりすると、ややふら〜っとするので

(ずっと座っている、ずっと立っている、歩き続ける、などは問題ない。下を向いていて途中途中で顔を上げる拭き掃除などはNG)、

必要なことしかしない。

 

家事は基本放棄。

 

洗濯は干すだけだし、2〜3日に一度だし、どうしてもしんどければためてもいい。

私は外干しはしないので、乾いた時点でたたんでしまわなくても、次の洗濯まで干しっなしでいい。

 

掃除は気づいてどうにも気になるところだけ掃除機。

 

問題は炊事。

買い出しは、調子がいいときに、いちばん近所のコンビニかスーパーマーケットでどかっと買わず、袋なしで持ち帰られる程度の少ない量を(荷物が重いと、体、というか血流にかな、に負担がかかるから)。

 

炊事は、調理自体は簡単なものであればさほど負担にはならないんです、私の場合。

自分で作ったものは自分好みの味つけ(とても薄味なので)と量にできるからってのもあるし。

ただ、調理をするともれなく洗い物がついてくる。

 

こういうの個人差があるでしょうが、私の場合は、洗い物が負担。

食器やカトラリーはたいしたことがない。

でも鍋とかお玉とか大物を洗うのが負担。

動作が大きくなるのが体にしんどいのと同時に、見た目の心理的負担、うわぁ、洗わなきゃ、ってのもあるかもなぁ。

 

なので、牛乳、野菜/フルーツジュース、やわらかいパン、冷凍食品のエビピラフ、カロリーメイトなどを主食とし、余力があればサンドイッチ、お味噌汁、ミネストローネなどを作っています。

 

 

あ〜、やっぱり食器洗浄器、欲しいな〜。

食器洗浄器あれば、使った後につっこむだけだもんな〜。

仮置き食器棚も兼ねられるしな〜(使うときに開けて、必要なものは使って、そうでないものは食器棚に戻せばいいもんな〜)

 

私は所有願望が著しく低いせいか、自分の家が欲しいと思ったことはないのだけれど、

・セントラルヒーティング

・ビルトイン(ガス)の食器洗浄器&オーブンのある台所

を設置した家に住むのが望みで、でも持ち家じゃないとできないのよね〜。

 

電気の食器洗い機もオーブンも、業務用なんかは悪くはないけれど、なんだろうな〜、パワーが違うのよ!

 

っと、今住んでる物件はDIYで好きにしていい、って契約だった!

頃合いを見て、改装しようかな〜。

よし、頑張って仕事して稼ごう!

 

 

食器洗浄器の導入を考えたのは、体調を崩したからなのですが、

こういう風に何かあって初めて、優先順位と必要なものがはっきりするのかもしれません。

 

ヘッドラインだけでわかったつもり?

f:id:ricorice:20200710112436j:plain

 

これ、確かにそう!

karapaia.com

 

ざざっとヘッドラインだけ拾い読みすること、少なくないもんなぁ。

 

 

で、書く側からいうと、特にネット記事の場合のヘッドラインのつけ方は、紙媒体と違って、

内容を端的に示すだけでなく、引っかかりやすいことを主眼におきがち。

インパクトを与えるためもあり、

間違ってはいないのだけれど、一部分だけを切り取ってしまう傾向があるのは否めない。

 

構造的にも紙の場合は本文が隣接しているけれど、

つまり、文字に埋もれて文章の一部としてヘッドラインがあるのに対し、

ネットの場合はヘッドラインがくっきり明確に立っている。

 

リンクをクリックしたりスロールしたりして本文にたどり着ける構造で、

ヘッドラインと本文との間にある溝、

ユーザーにとっては、紛れもない“手間”という形として現れ、

ヘッドラインはそれだけで完結、独立した文章になる。

だからこそ、ひとり歩きしやすい、というのもあるでしょう。

 

 

そう、だから、読者にちゃんと読めよ!というのは酷な話。

内容がより正確に伝わるような工夫がなされていくんじゃないかな。

ヘッドラインの精度を上げることもだし、他の何かが加わる、ってこともあるし、

そもそもヘッドラインのあり方自体も問われるかもしれないね。

 

変な汗をかく、ってほんと、そう

f:id:ricorice:20200710112440j:plain

 

特段に汗っかき、ってわけじゃないけれど、

暑いところから涼しい屋内に入った途端に汗、

拭き掃除(掃き掃除じゃなくって、雑巾がけ、ね)をすると汗。

 

私は、体臭がない、とはいわないけれど、

家にいるときは質素な食生活をしているせいか(肉をあまり食べない)、

ごくあっさりしたニオイだし、他人に不快感を与えてはいない、と思う。

 

先日、依頼があり、質疑応答をしているうちに、脇から汗、変な汗。

普段かく汗とはまったくニオイが違う

これの強烈なやつがワキガだなぁ〜、と妙なところで納得したりする。

 

普段、取材する側であって取材される側に回ることはあまりないし、

あったとしてもテーマがあって、私自身のことじゃない。

それが自分のことを聞かれると、こうも緊張するのねぇ。

 

変な汗をかく、ってほんとだな。

 

以前にもあったな。

そのときも、自分が表に出るときで(普段は裏方だから)、

文字どおり、変な汗かいちゃった。

 

 

いずれも右の脇からのみ、なんだよね〜。

左の脇は無臭、汗もかかない。

 

 

私は、鈍感、というか、よくいえば鷹揚というか、

汗やニオイは生理現象だから、そんなもんだよなぁ、と思っているので

(頻度がとても低く、しかも軽度だからでしょうが)、

悩む、ってことはないんだけれど、

人間の体っておもしろいな〜。

 

気象病か、めまいか、更年期か

f:id:ricorice:20200625200820j:plain

 

前の日の夕方、拭き掃除をして立ち上がろうとしたらフラフラし、

夜、お布団に入ったら天井が回る。

 

さほどひどくはない。

 

翌朝、起き上がったら、ふらつく。

しばらくは、まあまあだったけれど、軽い吐き気がして、またぐるぐる天井が回る感じ。

 

さほどひどくはない。

でも、これを最大限にしたい。

 

やろうと思っていたことはあったけれど、急ぎではなかったので、数時間横になり、その日はのんびり過ごす。

 

 

梅雨で湿気が高くって気圧が低いことによる気象病か、軽度のめまいか、更年期か。。。

どれかひとつではなく、どれもなのかもしれないなぁ。

 

 

今回は軽度だけれど、こんな時にいちばん困るのは食べること。

 

・台所に立てない(起き上がっているのがつらい。調理時のにおいもつらい)

・買い出しに行けない(起き上がっていること自体がしんどいので)

・食べられるものが限られる(牛乳、フルーツ/野菜ジュース、やわらかいパン、をとりあえず摂取。今回は)

 

以前に1週間近く寝込むようなひどいめまいを経験し、気象病も程度の差はあれいつものこと。

なので、自分で自分の対処の仕方はわかっているけれど、買い出しに行けないのが最大難問かも。

ricorice.hatenablog.com

 

怠け病とかたいしたことない、とか言われようが、とにかく体を休める。

これに尽きる、なぁ。

 

 

美人は本当にトク、なのか

f:id:ricorice:20200605125606j:plain

 

他人の容姿についてあれこれ言うのはどーなの?ではあるのですが、

私は美人が好き!

 

ここで言う美人とは、持って生まれた先天的美人であって、雰囲気美人のような後天的美人ではない。

先天的美人と後天的美人の決定的な差は、すでにそこにある当たり前なのか、目標か。

 

先天的美人にとって美人であることは当たり前なので、ことさら振りかざしたりしないし、他人をマウントしたりもしない。

なんというのかなぁ、育ちがいいというか、性格がいいというか、気持ちのいい人が多いのよ。だから一緒にいて、心穏やかになれる。

ricorice.hatenablog.com

 

で、職場のセクハラ問題。

私が今ひとつピンとこないのは、職場という組織を20年離れているのと、容姿(容姿だけじゃないけど。。。)ヒエラルキーの底辺にいるから。

 

ブサイクってやつですね。

「こんなブサイクな人は見たことない」「性欲処理の道具にもならない(違う言い方をされてきたけれどエグいので、公には書けない)」と言われてきた私なので、

「セクハラするなよ」と言われたことはあっても、セクハラの対象にはまったくならない。

 

 

仕事って、実力もさることながら、タイミングとか運とかによるものが実は大きいんじゃないか、って気がしているのですが、それはおいておいて、

美人の場合は、なかなか実力評価されにくいのがかわいそうだな〜、と思ったこと数知れず。

 

「あの人、美人で気に入られているから」「取り入るのがうまい」、挙げ句の果てに真偽のほどは???なのに、はっきりとではないにしても「枕営業してるんじゃない?」と言われたり。

 

こういう声って、同性側から出ている、ってのは、ねたみ、そねみ、ひがみ、じゃないの、って思うのだけれど、

そう言うと、鬼の形相で反論されるのは目に見えているので、黙って聞き流しています。

 

ブサイクはそんなこと、まず言われない。

ねたみ、そねみ、ひがみは受けることはあっても、
それは美人に対しての攻撃とは違うんだよね〜。

美人の場合は、美人がゆえを攻撃されちゃうから。

 

 

ぼんやり思っているのが、セクハラ被害が多いのは後天的美人ではあるまいか、と。

先天的美人はあまりに高嶺の花で近づけもしないかもしれないけれど、後天的美人であれば、という心理は働くかもしれない。

 

 

なわけで、美人であることは職場では有益なのか、むしろ大変なんじゃないか、って思っているのです。

美人を目標に、後天的美人になって、目標どおりちやほやされる反面、セクハラの対象にもなる。

セクハラ、とまではいかないまでも、なんだかなー、ともやっとすることもいろいろありそーだしなぁ。

 

商品ネーミングは偉大なるコピーライティング

f:id:ricorice:20200627080453j:plain

 

それまでだって、そういう意識はあったし、企業やお店の人と一緒にうんうん考えたこともあって、

食のメディアの仕事をしていることもあるし、第三者視点を付与できることもあるし、それはそれでとっても価値がある仕事なんだけれど、

リアルに自分のこととなると、なんていうのかなぁ、真剣度がまっすぐ深い、って感じ。

 

6月下旬から、ライフワークであるイギリス菓子の製造販売を隔週末ではじめ(↓)、

ricorice.hatenablog.com

 

それまでイベントとか講座とかでお菓子を提供したことはあっても、それはあくまでスポットであって、定期的なものは初めて。

 

使う頭が全然違うよ〜。

アプローチが全然違うよ〜。

 

商品のネーミングがそのひとつで、この隔週末のお菓子販売では、もちろんコアなイギリス菓子ファンの人にも届けたいけれど、路地を入ったところでひっそりやっていて、近所の方がふらっと立ち寄ってくださったり、工房オーナーであるBottega Mimosaや、オーナーの方がときどき入られる日用品&ワイン喫茶 Kirin Store経由で知って訪問してくださる方もいる。

 

ということは、大半のお客さんはイギリス菓子に詳しいわけじゃない。

なので、例えばショートブレッドのような定番ものは説明不要かもしれないけれど、「ジャンブル」とかマニアックな郷土菓子になると、そのまんまの名称だと???だし、???なものを試してみよう、って気になるかなぁ、って思ったのです。

ricorice.exblog.jp

 

なので、「ジャンブル」の場合は、形を味を前面に出した「レモンの“S”ビスケット」にしてみたけれど、果たしてこれでよかったのか、もう言葉を少し工夫する余地もあるかもなぁ。

 

 

そう、商品名は、偉大なるコピーライティング。

お客さんが「おっ」と興味を抱くかどうかはネーミング次第。

リアルな販売の場に立つと、反応もリアルに感じるから、ネーミングの重要性を痛感するのです。

 

仕事として他のお店や企業のことをやるときと、自分のこととなると、違うんだなぁ。

それは、客観性と主観性の違い、なのかもしれない。

実際に自分のことでやるとなると、こうもアプローチが変わるのか!と自分で自分に驚いています。