書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

商業出版である以上、売れてナンボだと思うのよね

f:id:ricorice:20181016081623j:plain

 

2018年5月8日に発売になった『グラス・スイーツ・バリエーション』。

グラス・スイーツとはアイスクリームやソルベをメインにデザートに仕上げたもの。

本書は、プロの技術でパフェ/ヴェリーヌを進化させたグラス・スイーツの本です。 (そう、グラス・スイーツのグラスとは、器のglassと、アイスクリームのglacéをかけています) 

 

今年の夏はとにかく暑くって、となると、欲しくなるのは実はアイスクリームではないんですよね。氷そのものだったりする。

なので、暑い夏が過ぎ去った、今からがグラス・スイーツにふさわしいシーズンなんじゃないかな〜、と思っています。 

 

先日、この『グラス・スイーツ・バリエーション』の監修をしていただいた、

横浜・たまプラーザの洋菓子店「ベルグの4月」を取材・撮影以来、久々に訪問しました。

http://www.bergue.jp/

 

おっ、『グラス・スイーツ・バリエーション』の告知をドン!としていただき、うれしい限り!

しかも、2010年発刊の『アントルメ・グラッセの技法』も一緒にディスプレイしてあるじゃないの! 感激!

 

 

本を作った後は売る、という行為があるわけで、

でも誰でも彼でも買って欲しい、と思っているわけではなくって、

こんな本が欲しいな、と思う人に届けたいんですよね。

 

なので、監修をいただいたお菓子屋さんでの販売というのは、

そこにやって来るのは、特に「ベルグの4月」のような開業30周年を迎えた店舗だと、

近所のおなじみの方&ファンの人が多いだろうから、

そういう方々にストレートに告知ができるのは、いいな、なのです。

 

これはお菓子屋さんだからこそ、できること。

制作の立場としては、今は知らないかもしれないけれど、知ればおもしろがってくれる人に、

そんな人にまずは「こんな本がありますよ」というメッセージを届けたくって、

そういう方々がどこにいるのかな、どうやったら伝えられるかな、を考えながら、

実践していくのが課題だなぁ、と思っています。

 

でもって、売れる、というのは読者の方からの評価のひとつであって、

それがなければ次につながらない、とも思っているんですよね。

「内助の功」って言葉をいつまで使うのか

f:id:ricorice:20181015140539j:plain

 

ノーベル賞の季節が今年も来ましたね。

こういう国際的な賞の話題に近づかないようにしています。

日本人もしくは日本にルーツ/ゆかりのある人の持ち上げ方が、しかもその無条件ぶりが尋常でないので、

心底うんざりしてしまいます。

 

そこにあるのは、ノーベル賞とったこの人すごい、この人の業績だけでなく、

同じ日本人である私すごい、がすけて見えるのは私だけでしょうか。

しかも、このすごい!って誰に向けて言ってんの?って思っちゃう。

 

そしてこういう場で必ず妻が登場し、「内助の功」を強調される気持ち悪さ。

いつまでこういうことして喜んでいるの?って思っちゃう。

プロ野球の選手の妻もそうですよね。

 

研究者の配偶者であれば、同じく研究者やその関係者、

アスリートの配偶者であれば、スポーツ関連の仕事に従事している可能性は高そうだな、って思うんだけれど、

常に「夫を支える妻」を当てはめるのはなぜだろう?

それを当たり前のように求めるって。

 

これにも心底うんざり!
国際的な賞の話題に近づかないようにしている理由のひとつです。

 

 

単身赴任の男性に対して、家に戻ったら「奥様の手料理が」を押し付けるのと同じ構図。

普段、いくらわかったような顔をしていてもこういうところに出るのよね〜、本音が。

 

台風一過で眠くて仕方がなかった件

f:id:ricorice:20181014165511j:plain

 

9月末〜10月頭の台風24号のときはそんなことなく

(もっとも動き回っていた、というのはあるんだけれど)、

ほかの台風のときも、大雨のときなどとは違って、

ほとんど体に影響がないものの、

台風25号では違った!

 

通常、私は、こういうのは、これから近づく、というときに

体に変化が訪れるの(眠くなるetc)のですが、

去った後っていうのは初めて。

 

予定がなかったので、気が緩んでいたせいもあり、

三連休最後の日は眠くて眠くて仕方がなかった。

朝6時過ぎに起きて(あら、早起き!)、9時半ごろに睡魔が襲い、昼まで就寝。

その後、夕方また睡魔が襲ってきて、17時から1時間ほど就寝。

 

 

普段も1日8時間は寝ていて、10時間眠れればなぁ、で、

気圧の変化に影響を受けやすい、とはいえ、よく寝るなぁ、私。

 

 

それにしても、台風の後に体に影響が出る、というのは初めて体験して、

単に眠いだけ?と思ったのですが、

眠さの質が低気圧に比例するものだったので調べたら、

前だけでなく後に起こることもあるのね。

 

ブッキングも共有もすすいのすいなのだ

f:id:ricorice:20181013142041j:plain

 

15年ぶりに会う友人たちと、20年以上ぶりに泊まりがけで旅行をすることになり、

彼らは物理的に近くに住んでいることもあり、

宿など現地でのあれこれはお願いして、私はそこに参加する格好に。

 

押さえたよ〜、との連絡をもらったその宿は、

Airbnbでアパートメントタイプ、とのこと。

 

 

隔世の感があるなぁ。

20年以上前に一緒に旅行したときは、

宿リスト帳みたいなの見て目星をつけて固定電話から予約をしたんだったなぁ。

 

それがネットでAirbnbだもの。

アパートタイプの宿だってとれちゃうもの。

 

でもって、こういう情報の共有も、

離れていてもメッセンジャーですいすいできちゃう、というね。

 

 

久しぶりに以前やったのと同じこととをやると、

比較してその違いがくっきりと見えるから、

改めて世の中が便利になっていることを痛感。

 

オンラインブッキングできるものが増えて、その恩恵にどっぷり預かっているわけだけれど、

私の場合、なかでもAirbnbはなくては困る、ものになっちゃったな〜。

日常の延長で過ごすならAirbnbで、エンタテイメントというか非日常の滞在体験を求めるならホテルとか旅館とかって感じで、すっかり二極化しちゃったな〜。

ええと、前からだっけ?  

f:id:ricorice:20181012150219j:plain

百貨店に足を運ばなくなって久しい。

時間があるからちょっと立ち寄って、は百貨店でなくていいし、

ショールームとしても行かない。

 

私は、比較的オンラインな生活だと思うけれど、別段、リアル店舗に行かないわけじゃない。

でも訪ねるのは、専門の(大型)店で、なんでもあり、じゃないだな。

今でもはっきり覚えていて、今でも私の見解は変わらず、そして世の中はますますその傾向が強まっていると思うのだけれど、

20年ほど前に出版の企画で、「何でもあり、は、何にもなしと一緒。意図を明確にして、内容を絞り込んだ方がいい」と発言したら、不意を突かれた顔をされて、反論されたっけ。

 

 

で、久しぶりに某老舗百貨店を尋ねたら、

何だか時間が止まったような、昭和の時代にタイムスリップしたような佇まいに、くらくら。

時代に合わせてマイナーチェンジはしているんだろうけど、

抜本的はことは何もやってないんだね〜。

未来に向けてのワクワクはなくって、もはやノスタルジーに浸る場所なんだなぁ。

 

 

もっともそれは店舗と顧客によるところが大きいんだろうけど。

その老舗百貨店は顧客のメインは年寄り、ってことの表れでしょう、エレベーターには腰掛け用の椅子が。

 

ええと、これって前からあったっけ?

はい、確かに便利。

 

こういう細かいことをやるなら、もういっそのこと、

昔の百貨店を再現するとかにしちゃえばいいのに。

百貨店をアミューズメントパークにしちゃえばいいのに。

江戸時代の呉服屋の再現、明治時代のハイカラな喫茶店とかがあれば、

それが百貨店という大きな箱の中であればリアルサイズで再現できるだろうから、

そしたら私も行っちゃうかもよ。

 

 

常に頭をフル稼働させておかないと、を思い知る

f:id:ricorice:20181011030302j:plain

 

手は動かしていても、頭の中では別のことを考えていたり、

同時進行で複数の考え事をしたり。

私の場合、複数の本を並行して読むのも平気なので、それと共通しているのかな。

 

ポンポンポンと点々が頭の中に常にあって、

きっかけがあれば、くっつける作業をしたり、いったん奥にしまったりして、形作っていく感じ。

 

 

ここのところ企画といえば、書籍が中心で、

ほかの媒体になった場合、お題を与えられて、考え始める。

正確には頭の中を整理整頓して、見合ったものに当てはめる、感じかなぁ。

 

ある日、お目にかかった雑誌の編集部の方に、

「企画ないですか?」と聞かれ、その日の主目的はそれではなかったこともあり、まごついてしまった次第。

 

企画は、目に見えないけれど、タダじゃないので(それまでに時間もお金も投資している)、

むやみやたら出すことはしないので、

相手の出方を見ながら(企画はタダだと思っている人たちの、なんとまあ、多いことよ)、

ですが、

その前提が共有できる人相手だと、そこは持ちつ持たれつで

一緒にブラッシュアップすることも少なくないから、

こーゆーのどーかな? って言うことはあります。

 

そういう方が相手だったにもかかわらず、とっさに振られて、

ここのところ、そういう頭になっているので、書籍はバンバン出るけれど、雑誌は出なかったなぁ。

 

頭を使っているようで使っていないな。

いつ何時も対応できるよう、反射神経を鍛えないとね。

 

あっ、なるほどね。そういうことか〜

f:id:ricorice:20181008093228j:plain

 

ブログは淡々とやっているけれど、

SNSに関しては、アカウントは持ってるけどね〜、な状態。

FBは、もはや個人認証としてこれが使いやすいのと、

情報収集、そして自分のスクラップブックで使っている、って感じ。

 

インスタは、そういうことか〜、というのが自分で実際に使ってわかったけれど、

ツイッターは自動的にブログ記事のシェアをするぐらいで、

ツイッターだけだと利用しないので、いまにだよくわからない。

 

何となく、程度の差はあれ、物申す!な場かな〜、ぐらいの認識でしたが、

これを読んで、あっ、なるほどね、そういうことか〜、と。

www.j-cast.com

 

もちろん時代によって変わるし、ツイッター社による資料だけれど、

年代問わず、分析としては腑に落ちるところが多いなぁ。