書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ディレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

市場価値とか優良物件とかの根底にあるもの

f:id:ricorice:20170623064448j:plain

講談社の女性向け美容誌「VOCE」のウェブサイトの記事

「女の市場価値はいくつまで?」

が炎上、削除、謝罪したのは記憶に新しいところです(↓)。

headlines.yahoo.co.jp

 

この手のこと、増えたなぁ。

化粧品メーカーとか電鉄会社とかでもあったなぁ。

 

ことの是非はおいておいて、いつもいつも不思議に思うのは、

「女性を商品扱いするな!」

は揺るぎない正論のごとく大反対の合唱が起こり、実際に釈明とか削除とかに追いつめられるのに
「男性を商品扱いするな!」

が起こらないこと。

 

不思議だな〜。

結婚相手を探すときのキーワードとして、男性のことを“優良物件”って言うじゃない?

あれはどーなの?

平野ノラのおかげで久々に耳にした“アッシー” “メッシー”なんかもそーよね。

“三高”もそーか。

 

男性を商品扱い、スペックで判断するのをさも当たり前のようにふるまっていたのは、

女性側がず〜っとやっていたことじゃないの?

嬉々として“あげまん”(この言葉、本当に嫌い! 書くのも嫌! 反吐が出そう!)

優良物件に選ばれるようになりましょう!って言っているのも女性サイドが圧倒的に多い気がするけど。。。

 

「女性を商品扱いするな!」はいいんだけれど、

う〜む、「男性を商品扱いするな!」に対する反省はしないんだろーか?

なんだかな〜、っていうのが私の印象です。

 

 

他人からの判断、それがスペックに凝縮されるのは客観的にわかりやすいからで、

それを取り上げるのは、“他人がどうみるか”が大前提なんだよね。

あくまで自分基準ならスペックなしでがんがんいけるじゃない。

自らのジャッジに自信が持てない、人目が気になる、から

いつまで経ってもスペック判断に頼っちゃうってことだよね〜。

根本はそこにあるんじゃないか、って思うのです。

結局、いいもの、社会に貢献できるものだけが生き残る

f:id:ricorice:20170622155547j:plain

ちゃんと対価を得る、というのはもちろん前提として大事なんだけど、

だからといって目先の自分の利益とか、すぐに儲かるに走るのは違うと思っていて、

大仰な言い方になっちゃうけど“社会に貢献できる”ってこと、

それは、欲しいなと人々が感じている情報やサービス、商品を提供する、ってのがやっぱり肝!だと思う。

 

これって言葉を変えると、自分視点ではなく他人視点ってこと。

だから、社会貢献につながる、にいきつくんだけど。

 

もちろん、ビジネスである以上、そして事業を継続するためには、真っ当な評価、つまり価格も大事なので、

安ければ速ければいい、ってのは当てはまらない場合が多い。

とりあえずやっとかなきゃ、のものはそれでいいけれど、

そうでなく、おきの長いものを作ろうと思えば、時間もお金もかかる。

でも、うまくいえばそれは定番になり、となると、最初にかけた時間もお金も実は廉価だったになるんだよね。

 

 

なんてことを改めて認識&確認した次第。

プロジェクトごとにプロが集まる、ゆるいつながりで

f:id:ricorice:20170621141148j:plain

まだどーなるか???ではあるのですが、

ご紹介をいただいて、これから立ち上げるというプロジェクトの顔合わせに行ってきました。

 

本音を言うと、乗り気じゃなかったんです。

というのも、情報を扱う仕事って目に見えないせいか、ぞんざいに扱われるから。

タダで情報提供をさも当たり前のように言ってくるんですよねぇ。。。

なので、新規の案件はどうしても構えてしまう。

私の仕事に対するスタンスを理解してくださっているところかどうか???だから。

 

概要は紹介してくださった方からで、

当然ながら、それは大枠で内容が今ひとつつかめず、

直接話をしないと判断がくだせないなぁ、ということで、

まずは電話で話を(まず今どき電話で、というのも不安要素なわけだったのですが)。

 

電話の感触は悪くなかった。

声とはいえ、第一印象は大事ですよね。

そして、そのときの感触はほぼ外れがない。

高圧的で、外を叩いて、自分たちの利益を上げようとしている人は、やっぱりそういう声と話し方をするんだなぁ。

 

で、キーパーソンとなる人がもうひとりいるから、その方を交えて、

話をしましょう、と。

 

 

実際に携わるかどうかはおいておいて、

顔合わせそのものはおもしろかったですね。

というのも、私にコンタクトをとってくださった方も、

もうひとりのキーパーソンの方も、

そして私も、それぞれまったく違う畑の出身だから。

物事の見方とか経験値とかが違うから、いちいちおもしろい。

 

 

書籍の仕事の場合、企画が通ったら、監修/著者の方(企画の段階で決まっていることが多いけど)をはじめ、ライター、カメラマン、デザイナー、イラストレーター、スタイリストetcとキャスティングをするのも編集者/制作指揮の仕事。

つまり、プロジェクトごとに人が招集して仕事をする。

映画なんかも一緒ですね。

 

これ、ほかの業種でも、いや業種を超えてフレキシブルに

つまりプロジェクトに応じて会社や事務所を超えて人が集う流れになるなぁ

(これまでは社内プロジェクトで社内から人を抜擢、外部はあくまで補足)、

と感じていたことが、リアルに自分の身に起こったわけで。

 

実際に携わるとなれば、立ち上げだけに手探りで大変だけれど、

その分刺激的で、また違う世界が開けそうで、おもしろいのは予見できる。

さて、どうしようかな〜。

 

いやいやそうじゃなくって、のもやもやの理由はこれ!

f:id:ricorice:20170620065142j:plain

今となっては数年前だったか、

インバウンドが叫ばれるようになり、そこで私が感じた大きな違和感。

それが何だったか、やっとわかりました。

 

違和感の最たるものがハラル、つまりイスラム教徒に向けて食品だったり商品だったりを理解し対策しましょう、というもの。

 

それ自体はいいんです。

でも、そこで言われているのが、増加する観光客のため、彼らにお金を落としてもらって、経済効果を狙いましょう、というもの。

 

この部分に違和感を感じていたんです。

言っていることはもっともなんだけど。

いやいや、そうじゃなくって。

 

 

ハラル対策って、観光客に限った話じゃないですよね。

まずはすでに暮らしている人に対してなんじゃないない?

いろんな宗教や民族の人も快適に過ごせるようにしましょう、

という考え方が最初じゃないか、と。

経済がついてくるのは、その結果じゃないか、と。

 

社会に貢献 → 対価が発生 → 経済的に潤う

という図式が今の時代じゃないか、って感じるんですけど。

それをはなから経済、経済、と叫ぶのは、あまりに昭和的発想に映ってしまう。

お金につながるから、ハラル対策をしましょう、というのは、

本当に相手のことを考えての行為とはいいにくい、んですよねぇ。

 

ここでも私の苦手な、この国が得意な、相手ではなく自分視点の押しつけの“おもてなし”が透けてみえてしまって仕方ないんです。

底辺に流れる、居心地の悪い違和感の正体はこれだった、ってわけです。

 

 

英語のコロンとセミコロンはどう使い分ける?

f:id:ricorice:20170619091714j:plain

英語を扱うときにいつも、どっちだっけ?とわからなくなっていたことに

コロン(:)とセミコロン(;)の使い分けがありました。

どっちもドットが2つ縦に並んでいるように見えますが、

・コロン(:)はドットが上下に2つ

・セミコロン(;)は上がドットで下はコンマ(,)でヒゲのようなもの付き

です。

フルストップ/ピリオド(.)とコンマ(,)は、基本、日本語の句読点と捉えれば、

理解しやすいのですが、

日本語にないのがコロン(:)とセミコロン(;)なのでわかりづらい。

 

 

とりあえず、の前提で、ものすごく乱暴なことを言うと、

実際に使う、つまり書くときに用いるのは、圧倒的にコロン(:)です。

 

たとえば、こんな感じ。2番目はメールのやりとりなどビジネス文書でよく使います。

My favourite flowers: lily, sunflower and daisy.

私の好きな花。ユリとヒマワリとヒナギク

 

The details are as follws:

xxxxx@xxxxx.xx.xx(メールアドレス)
+81 (0)3 xxxx xxxx(電話番号)
1-1-1 xxxx, xxxx, Tokyo(住所)

詳細は以下の通り(メールアドレス、電話番号、住所と続く)

 

 

なぜ私が混乱したかというと、

コロン(:)の下のドットがコンマ(,)ではなくフルストップ/ピリオド(.)だから。

なんとなく文章がそこで区切れてしまうような印象を持ってしまっていて、

それでいつも、あれ〜どっちだったけ?となったわけです

 

 

では、セミコロン(;)はいつ使うかというと、

・2つの文章をつなぐとき

・コンマ(,)だけではわかりづらくなるとき
が多いです。
ただ、自分で書く場合にはほとんど用いないな〜、使うとしてもせいぜい後者があるかないかなぁ〜、です。


ただ、慣れると、コロン(:)とセミコロン(;)も文章が簡潔で論理的にわかりやすくなるので、よくできているなぁ、便利だなぁ、と感じています。

教科書どおりのようなきちんとした覚え方も大事だけれど、
“自分ルールで構わないので大枠をとらえておくとラク”というサンプルをお出ししました。参考までに。

 

タクシーは時代をのせて走る

f:id:ricorice:20170618124101j:plain

私は日中はまず使わないし、

せいぜいどうにも暑くてたまらん!ってときか、大きなもしくはデリケートな荷物を持って移動しているときぐらい。

基本、1時間以内は徒歩圏内で、歩くのは苦になりません

(これ、東京暮らしが長いことも理由です。

 タクシーに限らず、バスをはじめ車を利用すると到着時間が読めない。そのため電車利用が圧倒的に多くなるのですが、そのとき、へたに1駅地下鉄を利用するよりも、また最寄り駅よりも違う路線の別の駅を使う方が多少駅から歩いても早く目的地に着いたりするので、結果、歩数は多くなる)

 

タクシーを利用するのはもっぱら終電を逃してからになり、

私の場合、日常的に使うわけではないんですよね。

 

 

こないだ、東京は虎ノ門あたりでえらい工事してるな、と思ったら地下鉄の駅が増えるとのこと。へぇ〜、知らなかった。

また、番町、麹町、四谷四丁目あたりを走り過ぎたときも、ここも工事中。

どうやら水道だか電気だかガスだかの配管(っていうのかな?)の点検てか取り替えだか。

 

見慣れないビルもあったりで、

「悪評高き渋谷駅だけれど私は慣れている駅でずっとスムーズにきていたのに、今日いつもは使わない青山寄りの出口に出ようとしたら、工事中で勝手が違って、あれれ、ってなんたんです」

なんてことを言い、再開発いろんなとこでやってるねって話になったときのこと。

 

「再開発ってビルを建てることじゃないんですよね〜。しっかりした都市計画なしに建物だけ作るから、いつまで経っても醜い」とドライバーさん。

まさにそう!

「憩いの場となる公園はないし(私も、こういう一見ムダな場所って圧倒的に必要だと思う)、建物そのものは悪くないのに周囲とのバランスでちぐはぐだったり、ですもんねぇ」。

 

「地下を掘るこういう工事もね、水道も電気もガスも一度にやればいいのに、ひとつひとつやるから効率が悪いだけじゃなく、渋滞の原因になるんですよ」

「結局、住民や訪れる人のこと考えていないんですよね。こんなの作りました!ってのをひけらかしたいだけで」。

ごもっとも!

 

 

いろんな人を乗せていて、いろんなところを走って、というのもあるのでしょう、

時代の風景を見事に言い当てるよなぁ。

 

私がおつりをもらわない、端数を切り上げて払うときは(なんてえらそうですが、せいぜいコーヒー代です)、

荷物を運んでもらったりしたことに対するチップか、
へええ〜〜〜!なおもしろい話をきかせてもらったときです。

 

 

あとは、以下をどうにか改善していただければ!(特に中途半端な規模の地方都市はこういうタクシードライバーに当たる率が非常に高い!)

・クレジットカードが使えない

・道を知らない(こっちに訊いてくる)

・こっちが指示できないと舌打ちしたりする(知っている場所でも歩くのと車とでは勝手が違う!)

・カーナビ入力がおぼつかない

・自分が道を間違えたくせに料金を請求する

 

食の世界も大きな転換期を迎えている示唆ではないかと

f:id:ricorice:20170617171249j:plain

私個人は、昔ながらの仕事のやり方が残っているところ、

といっても自分の身近にあるところしかその内側が想像できないわけだけど、

飲食業界とか出版業界の制作の現場(漫画やアニメの世界もそうかも)は、

一刻も早くAIを導入すればいいのに!と思っています。

具体的にそれは調理だったり、校正だったり。

人間がやるのは全体を見渡して、ここもう少しこうかな? こういうアイディアはどうだろう、という部分。

まあ、それもジャッジを下す、に過ぎないわけで、AIがやる方がいい!ってことも大いにあるだろうけど。

 

こういう業界は現場もそうですが、

構造そのものも大きな転換期を迎えている、

そのことを示唆するのが以下の2つのニュース。

 

www.nikkei.com

www.nikkei.com

 

ほかでも、流通と経営がダイナミックに動いていくでしょう。

いい/悪いじゃない。

時代が変わるってこういうことかと。

 

 

で、買収の流れにのらない、小さいままでやっていく、としたら、

価格とか量とか、いろんなところで太刀打ちできない。

料理なんかがわかりやすく、なんでもかんでも手づくりがいい!と思っている人がいるけれど、実際に厨房に入ると優秀な便利器具を利用しているわけだし。

個人で場合も、ブレンダーや電動泡立て器なしで、包丁を使ったり泡立て器を使ったり、に置き換えるとよくわかり、前者の方が圧倒的にラクだし速いし、仕上がりもいい。自分がやることは加減を見極めること、ぐらいだから。

 

・大きいところでできないことをやる

・細かい工程に立ち合っているからこそのストーリーや裏側をみせる( → 信用につながる)

・プロジェクトでパートナーシップを結ぶ
ってことが、私含め個人もしくは小さいところはもっと意識的にやっていく!になるんだろうなぁ。