書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

はたと気づき、愕然とする

f:id:ricorice:20190707110214j:plain

 

ここのところ、今の住まいに引っ越してきたばかりの頃を思い出しておりまして。

 

それまでに引っ越しで思い出すのが多かったのは、渡英前に東京の住まいを引き払ったときと、帰国後、再度上京したとき。

あのときは、状況に差し迫られて、ではあったのだけれど、ほとんどのものを処分して、ものすご〜く身軽になったんだった。

 

で、あの頃まではいかないにしても、いい加減、今のケオスをなんとかする、つまり自分と対峙して決着をつけないと、引っ越せないし、もっというと人生の次のステージに進めないな、というのは自分で妙に納得して、おかたしを始め、それなりにかたづいた、ところも出てきたように思えたのですが。。。

 

ふと、これ、今のところに来てから買ったんだな〜、なんて思って見渡すと、買ったほどにはモノを処分していない、それはおそらく自分が思うよりも、もっとなんだろうな、と思うと愕然としてしまった!

 

っつーことは、まだ相当量のものがあるってことだよ!

慌てて、保留にしていた服を、今までお役目ありがとう、でもさようなら、と3着処分。

 

本や雑誌、紙関係は捨てられないものが多い、と思っていて、

そういうものがある程度存在するのは免れないのだれど、

手放せないかも、と思っていたものを一気に処分すると、それがきっかけになって勢いづく、ような気がする。

そんな予感を抱えつつ、まだ思い切って大量処分にいたらないのは、なぜだろう。

 

ここに問題の根源が潜んでいるのかもなぁ。