書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

これらの質問に、いつももやもやしてしまう

f:id:ricorice:20191202133016j:plain

 

11月22日は“いい夫婦の日”の日ってことで結婚した芸能人が多かった(んですよね?)

 

それ自体は、素直に「おめでとう!」ではあるのだけれど、

解せないのは、

「お子さんのご予定は?(もしくは、妊娠の有無)」 

「奥さまの得意料理は?」

って2つの質問。

 

 

なんか、大きなお世話だ!って思うんだけど。。。

同時に、これらの質問は、

 

「お子さんのご予定は?(もしくは、妊娠の有無)」 → 家庭を持つことは子供を持つこと

「奥さまの得意料理は?」 → 料理は女性がやることで、上手にできることが望ましい

 

って前提があってこそなんだよね。

 

この時代に、いまだにこんな質問しちゃうんだ〜。

ねえ、大丈夫?

 

 

同時に、これは芸能人や有名人のケースに限らないけれど、

「奥さん、かわいいですね」って真っ先に容姿をほめるってなんだろう?

モノじゃあるまいに。

 

 

これらの質問や反応を見聞きするたびに、

親しい間柄じゃなければ、「おめでとう」だけで十分で、

それ以上のことは言う必要はないんじゃないの?ってもやもやしてしまいます。