書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

これ、これ、これが欲しかったのよ!

f:id:ricorice:20191118114512j:plain
 

私は、タッパがないせいもあって、飛行機のエコノミークラスも長距離バスも苦痛じゃない。

夜行バスは、近頃はゆったりとした造りで仕切りのカーテンがあったり、プライバシーに配慮したものもあって、いいね。

料金というよりも時間や乗り換えの兼ね合いから深夜バスが有利なことも少なくないので、たまに利用します。

 

夜行バスを利用すること自体は問題ないのですが、

到着して、ちゃんとしたところに出かけたいときは、着替えて化粧をしたいし、夏場や前日のそれまでの動きでニオイが気になるときはシャワーを浴びたい。

 

っと、ちゃんとそういうプランを提供しているところがあるじゃない! これはいい!

www.kankou-shimane.com

 

私は朝ごはんはなくても平気だけれど、人によっては朝こそしっかり食べたい、って人もいるでしょう。

“入浴とメイクルーム”“入浴とメイクルーム+朝食”

と選べるのもいい。

欲を言えば、1〜2時間仮眠がとれるプランがあるとうれしい。

 

これ、誰が考えたんだろう?

ほんと、まさに欲しかったプラン。

 

上記リンクは島根県のもので、まさに出雲で夜行バスを使ったときにバスのポケットに入っていて、おおお〜、これは!ってなっちゃった。

出雲には近いうちにもう一度行きたいな、って思ってるから、その時に夜行バスをいう選択をしたら利用するとしよう。

 

他のエリアでもやってるのかな?

今回、出雲の夜行バスで初めて見て、こういうサービスをやっているところがあるのを知った。

しかも夜行バスのポケットで告知をするってのは、いいよね〜。

すぐにでも利用しちゃお!って思うもの。