書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

私を救ってくれるのはいつも音楽

 

f:id:ricorice:20191006143714j:plain

ここ1〜2カ月体調が悪く、その原因がヘモグロビンが半量に減り重度の貧血を起こし、

ってことがわかり‘精密検査の結果はまだだけれど)、それはそれで安心したのですが、

停滞していた仕事をなんとか進めている日々。

 

仕事でよく関わる方には状況を説明していたので、

多少のミス(体だけでなく頭もまともに動いてなかった)はサポートしてもらったり、

スケジュールを調整してもらったり、

本当にありがたい。感謝!しかないわけです

 

病院での緊急検査にぶつかった取材が1本キャンセルになって、

駆けつけるつもりでいて、そうなると予測していなかったので、やむを得ず。。。

それは本当に申し訳なかったのだけれど、この1本だけで後は大きな支障にいたっていない(はず。。。)は不幸中の幸いかもしれない。

 

とはいえ、スローペースだったものがたまっていて、待った!がきかない状況なのも事実、

今、数時間仕事をしては30分、可能なら2〜3時間寝て、起きて、の日々です。

なんとかこれで乗り切れそう。

 

体調が戻っていないのに、けしからん!とお叱りを受けそうだけれど、これでちょうどいいです、私。

普段はだら〜っとしていてどうしようもないダメダメ人間けれど、仕事をしているときだけはグーッと集中できて、少しはマトモな人間になっている、気がするから。

私から仕事をとったら、本当に何もないから。

 

 

で、校正を進めるときや書類関係を整理しているときは、ラジオのおしゃべりや音楽を聞くともなく流していて、

ライティングや企画を練っているときは集中したいので、無音。

 

軽く寝て起きたときとか、エンジンを入れたいとき、

う〜ん、本当はそうじゃない、自分を自分で持ち上げたい、いや、自分で自分に大丈夫!ってやさしく抱きしめたい、ってことが一日の中で何回か起こっていて、

そこで聞いているのが、こんな音楽。

 

Arcade Fire『Funeral』(特に「Wake Up」と「Rebellion (Lies)」)

www.youtube.com

 

Tame Impala「Patience」

www.youtube.com

 

Tame Impala「Yes, I’m Changing」

www.youtube.com

 

大音量で聞いて、音のゆらぎに身をおいていると、しばし無の境地、というか不思議な安堵感に包まれる。自然と涙が出てくる。

普段は歌詞とかって気にしないけれど、こういうときに聞きたいのは、自分を救ってくれるようなメッセージ性を含むものなのかもね。

じわ〜と体にしみてきて、感覚の向こう側で共鳴しちゃうんだろうなぁ。

 

 

そういえば、弱っているときに私を持ち上げてくれるのは、いつも音楽だな〜。

もともと好きな楽曲であるのは前提だけれど、心身が弱っているときに聞きたい音って、通常の状態で聞きたいのとは、また別なんだよね〜。