書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

なるほどね〜、ちゃんと戦略があって、か

 

f:id:ricorice:20190908180804j:plain

 

ビリー・アイリッシュ、すごいな!(すごいな!以外の言葉が見つからない)状態がず〜〜〜っと続いていて、

発売から随分と経った8月20日に、「bad guy」が全米シングルチャート1位を獲得したと知り、なんで今?と思っていたら、ああ、そういうことなのか〜、という記事に出くわしました。

miyearnzzlabo.com

 

なるほどね〜。

音楽のヒットの仕組み、ってのに疎いんで、もちろん、個人の解説なので実際には違う部分はあるにせよ、

いちいち、へ〜、そうなんだ〜、って思ってしまった。

 

私は、いいものを作れば(売れなくても)いい、いいものを理解できない大衆が悪い、とはまったく思っておらず、

商業ベースに乗る以上は売りたい! もっというと売れないと意味がないと強く信じているので、こういう戦略ってのは、なかなかに考えさせられます。

 

ビリー・アイリッシュの場合は、革新的であり、先端的であり、それでいて大衆性もしっかり備わっている作品で、加えて、理想的とも言える売れ方を見せていて、

そこには、もともとの作品のクオリティに加え、売れるにはやっぱり戦略ってものがあるわけで。

 

直接どうこうってことはないにせよ、こういうのは、読むだけでも刺激になるね。