書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

そのひと手間が大手間なので

f:id:ricorice:20190806170738j:plain

 

最初は2回に一度、今は整髪料を使った時以外は、

シャンプー、コンディショナーを使わない湯シャン生活です。

体を洗うのも、石鹸を使うのはごくたまに。

その代わり、なのか、ときどき湯船に浸かるようになりました。

それは、なんか詰まっている感じがするな〜、なときに体の汚れを浮かすようため。

なので、湯船の中で体を洗い、髪(というは頭皮)を洗い、をしているのです。

ricorice.hatenablog.com

 

シャンプー、コンディショナー、石鹸をあんまり使わない生活なんですよね、今。

すると、これらを入れていたカゴって必要なのかな、ってことが頭をよぎり、捨てました。

 

日用品のストックを入れておくところにしまい、使うときだけお風呂に持っていく。

 

これが快適!

 

掃除のたびにカゴをずらして、入れていたシャンプー、コンディショナーもいったん出して、拭いて、をやっていたのを、する必要がなくなった。

お風呂の掃除がぐんとラクになったな〜。

 

マメな人にとっては、そのくらい、かもしれませんが、ズボラな人間にとっては、そのひと手間が大手間なんですよね〜。

それでやる気が失せて、だったら(?)やんない、の悪循環になる。

 

引っかからずにスムーズに物事が運べる環境を作るのが、部屋をキレイに保つ要因のひとつなんだな〜。