書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

何かがあったわけではないけれど

f:id:ricorice:20190720103323j:plain

 

謙虚さが足りないんじゃないか、ってふと思う。

何かきっかけがあったわけではない。

 

ボタンのかけ違いをなるべく減らすべく、言語化して説明しようとして、

そこで言うのは技法的なことではなくって考え方とかコンセプトとか、なぜこれをするのか、その理由の部分。

軸さえブレていなければ、むしろあとは自由にやってもらっていい、と考えているから。

 

任せる部分はできるだけ任せたいけれど、軸がブレたら元も子もなくなるので、

(こうしろ!ではなく)こういうコンセプトでやっているからそこの部分だけはしっかりさせて、あとはよろしくね、で、

ニュートラルなつもりで依頼するのだけれど、そう受け取らない人もいるだろうなぁ

(人の受け止め方は、こちらではどうしようもないことなのだけれど)

というのも、メールとかで文言にすると、自分がやけに論理が過ぎるように思えるんだよなぁ。

言葉が多い、というか。

 

そこが、自分が謙虚に見えない理由かもしれない。

 

いや、だからどうだってことではないんだけどね。