書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

自分の中に異質なものを取り入れたい

f:id:ricorice:20190608160726j:plain

 

先日他愛ない話をしているとき。

 

「私? 今、30歳ぐらいの人とつき合いたいなぁ」(20歳年下になります)

と言ったら、その後、ずっといじられ続けたという。。。

 

「若い人好きなの?」と訊かれ、そういうわけではないんだけどな〜。

 

いつもそういう風に思っているわけじゃなくって、突然ふられてぽっと出てきた言葉。初めて発した、かもしれない。。。

 

 

気がつきました。

 

先日、同窓会に出席して、意外に(失礼!)おもしろかったのは、普段接することのない世界(仕事)の人と話したから。

同業者だと若い世代の方が断然刺激を与えてくれ、話していて、へぇ〜、おもしろい!と思うのは、40代をすぎると、極端に少なくなるんですよね。

 

それが「30歳ぐらいの人とつき合いたい」という発言につながったんだろう、と自身を分析。

 

刺激が欲しいのかな。自分の中に異質なものを取り入れたい気持ちが強いのかもしれない。