書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

習慣化させるのがよくって、それには時間は必要

f:id:ricorice:20190524161750j:plain


 

“おかたし”真っ只中の私。

今週手放した、おもなものは以下のとおりです。

 

・本 10冊

 

不在と体調不良ではかどらず。

 

こういう中断が入ると、意識に元に戻すのに時間がかかるのですが、

雑然とした部屋を眺めて、悶々としてしまい、

手始めに、処分しようと部屋の隅においておいた本を、えいや、で処分。

こうすることで勢いをつけよう、というもくろみです。

 

体調が戻る課程で、部屋のだらしなさに目が向かうようになった、ってことは、

おかたしが習慣化した証拠かな。

このことに安堵しています。

 

 

そういえば、イギリスに住み始めたとき、英語で夢を見るようになったら英語の環境に慣れた証拠で、そうなるまでに3カ月は必要、と言われたことを思い出しました。

自分を変えようと思ったら環境や行動を変えないことには大きな変化はないわけで、行動は意識に基づくものだから、意識がそういうベクトルに向かうのは一気にではなくって、100日はかかる、ってことなのかもね。