書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

何事も同じ、ってことかな

f:id:ricorice:20190501173105j:plain
 

高校生だった時分、現代国語の先生が「実力は貨車にのってやってくる」と口癖のように言っていて、

大学受験はいい加減だった私は、受験勉強ではついぞその実感を得られないでいましたが、

社会人になって、「ホントにそうなんだ!」に遭遇することがたまにあります。

 

いちばんわかりやすかったのは語学。

一時期、私はイギリスでケンブリッジ英語検定のコースを受講していて

(この試験は本当によくできている!)、

言語学に近いことに踏み込む、毎日宿題もどっちゃり出る、で頭がショートしそうになっていました。

 

ところが、です。

こんなにやってるのに、力がついた実感が得られないんですよね。〜

でも、たま〜に、いきなり視界がぐんと広がる時が訪れるんです。

一晩寝て起きたら、突然スラスラわかるようになったかのような。

 

おそらく日々少しずつ備わっていってはいたのでしょうが、感覚としては、

平坦な道をずっと進んでいて、いきなり、ポンとステージが上がって、

また、そこで平坦な道を進んで、そしてまたポンとステージが上がって、

その繰り返し。

決して坂道をゆるくのぼる感じではないんだな。

 

語学ほどわかりやすくはなかったけれど、仕事も同じだと思う。

 

 

そして、今、おかたしを粛々と進めていて、

やってる割に片づいて見えないな、と思っていると、

ある日、突然、視界が開けます(そこまでケオスだった、ってことだけれど)。

文字どおり、風通しがよくなった空間が広がり、

こういう感じで進むとは想像していなかったので、びっくり!

 

そこで思い出したのが、「実力は貨車にのってやってくる」。

何事も同じ、ってことかな。

継続していると、いつか、実感としてちゃんと感じられ、ということはちゃんと身についた、というか。

 

何のためにやっているのか、と問われれば自分のためではあるのだけれど、可視化できたりして実感が伴うと、やる気が維持できます。

続けるために、これは大きい。