書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

肩が痛いなぁ。ぼんやりと、だけれど

f:id:ricorice:20190401092143j:plain

 

少し動かす痛みが走る、とか、腕が上がらない、とか、そういったことはないので、

日常生活に支障はないのだけれど、

ぼんやり肩が痛い。右肩のつけ根あたりが。

 

書籍の校正まっしぐらのときや、大量の文字原稿を抱えているときは、

肩こりがあったのだけれど、今はそこまでせっぱつまった状況ではないしなぁ。

 

今までどうやって解消していたかなぁ、って考えると、

・姿勢をよくする

・なるべく左手を使うようにする

(私は、もともとは左利きですが、文字を書くのは右で、パソコンも、テンキーやマウスがあれば左を使うのだけれど、その必要がない。タイプそのものは右も左もそんなに使用頻度にさほど差がないように思うだけれど、問題はエンターキーだな! 右にあるから。左にあればいいのになぁ)

 

この2つを意識的にすることで、特に姿勢を正すことで、随分解消されていました。

 

確かに、姿勢悪いわ。

気をつけよう。

こないだ自分が写った写真見たら、立っているときはそんなことないけれど、座っている姿が背中がシャキッとしていないなぁ、って感じたばかりだったし。

 

もちろん、加齢もあるのは当然だけれど、まずはできること、心がけることから。