書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

通常態勢に戻すのに手間どった件

f:id:ricorice:20190125090523j:plain

 

いつもとはまったく違う、

もしかしたらこれまで書いたことのないタイプ(テーマも媒体も)の

文字原稿を8000字(ペラ40枚、400字詰め原稿用紙で20枚)書いたら、

脱稿後もその空気感がまとわりついて、

通常かかっているタイプの文字原稿にとりかかると、なんだかしっくり来なくって、

なんか違うなぁ、

と思いつつ、翌朝読み返し(私は至急でない限り、一晩寝かせます)、整理しても、

なんか違う、

がぬぐいきれず。

 

自信がなかったので、まずは見てもらおうと、締め切りより早く渡したら、

やっぱり、ぼんやりしている、という指摘を受け、

一言助言をもらって、

あっ、そうそう!

となり、ようやくいつもの感覚を取り戻せました。

 

 

マルチタスクで仕事をしていて、それが苦じゃなく、

むしろその方が、ひとつのことにがんじがらめにならなくって、

やることが多くても精神的にはラクで、

切り替えもパッパッとできるのに、

今回は、まったく慣れないことの、比較的ボリュームがあったからか、

なかなかリセットできなかった。。。

いつもはスイスイなことに、スムーズに戻れなかった。。。

 

こういうことってあるのねぇ。

当たり前のことにびっくりするほどすっと戻れなくって、ご一緒に仕事をしている方の助言がありがたかった!

新人に戻った気分。

こういう矜持を正す経験は、たまにはあっていいのかもしれない。