書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

量が質を伴うようになる、ってことかな  

 

f:id:ricorice:20190125090535j:plain


私はこのブログの他に、フィールドワークの“イギリスの食”についてのブログを綴っており、

そちらの方が断然長い。

 

そのブログ“イギリスの食、イギリスの料理&菓子”(↓)

ricorice.exblog.jp

はexciteを使っていて、

いつだったかなぁ、3年ぐらい前だったかなぁ、

ブログジャンルを登録し、それぞれのジャンルでランキングが毎日発表されることに気づき

(このランキングには、ブログと記事の2つがあります)、

へ〜っと思って、とりあえず登録して、

でもせいぜい自分のブログがジャンルの中で何位なのかを確認するぐらいでした。

 

ほかにどんなジャンルがあったっけ? ほかのブログってどんなんだろう?

と思って、ブログランキングを見たところ、

順位とともに、そのブログの最近の記事のタイトル2本と、公開された日時が表示されているではないですか(↓)

www.exblog.jp

  

やっぱり記事のタイトルは大事だなぁ、と思いながら、

(おそらく)もっと大事なことに気づきました。

 

上位のブログは更新頻度が高い。

毎日、とまではいかないまでも、ざっと見たところでは、2〜3日に一度は投稿している感じでしょうか。

 

量が質を凌駕する

 

このことを目の当たりにした気分ですが、

同時に、量をこなしていくうちに質も上がる、というのが本当のところ、のような気がします。

じっくり質の高いものを時折、が可能な人もいるのでしょうが、

定期的に一定量をこなすに従って、折々気づく些細なことを随時ブラッシュアップしていくことで、結果、質も伴ってレベルアップしていく、ってことなんじゃないかな〜。