書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

今年も年賀状をいただきました。ありがとうございます。

f:id:ricorice:20190105170757j:plain
 

年賀状を出さなくなって数年。

厳密には、自主的に出さず、いただいたものにはお返事をするようにしているので、

何十枚かは買って、年明けに書いています。

今年もたくさんいただきました。ありがとうございます。

 

私の年賀状は、生きていますよ〜、と、連絡先のリマインドの役割だったので、

SNSなどにとって替わり、それで不自由はなく。

連絡をとりたいのにとれないのは、そのときの縁がなかった、ということで

必死で追わずに、そういうもんだ、と受け止めています。

 

 

義理や義務(と思われる)年賀状もあるけれど、

そういう年賀状には返信をしないので、年々みるみる減少。

 

今年は、いただいた年賀状の大半は、

年賀状でないと連絡がとれない方々。

近況報告をくださり、ほおおお〜っと感慨にふけったり。

 

飲食関係の、個人的に思いのある方々からいただく年賀状もあり、

年末年始のお忙しい中、本当に頭が下がります。

 

昨年、密に仕事をご一緒した方々からのメッセージつき年賀状もうれしいもんですね。

 

 

年賀状って本来、こういうものかもしれないなぁ。

年に一回、keep in touchしておきたい人に、たまには連絡するか、みたいな。

 

これからお返事します。

(といっても、お返事する大半の方々はネットにふれていないだろうけど)。