書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

返上は今からでも遅くないと思うんだけどな  

 

f:id:ricorice:20181114234103j:plain

東京オリンピックに外国人ボランティアで参加できるの?」

 

先日イギリスにいるときに現地の友人に言われた言葉。

「日本人のボランティアの条件だけでも厳しいのに、外国人、しかも在留資格がない、となると、むずかしかったんじゃなかったかなぁ。事前の講座にも参加しないと行けないだろうし」

「そういうのオンラインでできないの?」

「はっはっは! 日本はデジタル後進国だからできないと思うよ。そういう発想もないだろうし。役所の手続きとかって、21世紀に入って20年近く経つのに、結局出向いて行かないといけないことばっかりだもん」

「そっか。でも、そもそも真夏の開催ってのはヤバいよね」

「そう! 私はあらゆる面から東京オリンピック反対で、そもそもオリンピックそのものを疑問視しているし、やるなら毎回アテネでやればいい、って思っているけれど、東京オリンピックに関しては、とにかく真夏の開催ってのは大虐殺になりかねないんじゃないか、って思ってるんだ〜」

 

そう、そうなんだよねぇ。。。