書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

充分に大御所で充分に尊敬に値する、と思うけどな

f:id:ricorice:20181024083159j:plain

 

タイトルはミスリードだなぁ。だって “フシギ”の理由が説明されていないもの。

bunshun.jp

 

 

女性自身の連載も好きでときどき思い出したように読むんですよね〜。

jisin.jp

 

多少おもしろおかしく仕上げているのを差し引いても、

的を射ている、というか、本当は思っていても言えない、であろうことを言っていて、

気持ちいい、というよりも、そうだよなぁ、としみじみ感じいってしまう

(そうじゃないこともたまにあるけど)。

 

 

漫画もおもしろいしね〜。

人生相談にしろ、達観、というか、突き放したところから自分を含めすべてを眺めている淡々さがいいんだよね。

 

私は充分に大御所だと思うなぁ、仕事のスタンスも人生への向かい方もいろんな意味において。

 

 

にしても。。。

私がこの記事につられたのは、タイトルまわりの写真。

この雑然感。私の仕事場と一緒じゃん!

その後スクロールして縦幅の写真を見たら、

雑然といてなくって、むしろ整然として、

ちょうど資料どこだっけ?って探しているところだったんで、

整理整頓ってことを少しはしないとなぁ、と思った次第です。。。