書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

どーした、マイクロソフト! びっくりしたよっ!

f:id:ricorice:20180918143855j:plain

 

5月下旬に購入したはいいけれど、まとまった時間がとれるまで移行を見送っていました、

先の三連休前に、ようやく新しいMacの使用に踏み切った次第。

 

日々の作業自体、例えばメールのやり取りやwordでテキストを打つとかexcelを使うとかは、

日々使うなかで、新しいものに慣れればいいや、慣れるでしょ、なのですが、

肝心の環境作りは最初にしておかないと、そのためのまとまった時間をとっておかないと、

を見計らっているうちに、移行までに時間を要したわけです。

 

 

案の定、問題発生!

プリンタ複合機は動かないのは、なんとか解消。

Officeはダウンロードできたのにインストールできない!

 

ぐぐってあれこれ確認したけれどわからず

(それにしてもまずはぐぐって自分で調べられる、いい時代になったなぁ)。

電話でサポートを受けることに。

 

購入してから実際に使うまでの数カ月の間で、Macでなにやらあってそれが原因

(説明を受けて、そのときは私も納得したのけれど、忘れた。

 まあ、一般ユーザーなんて、そんなもんです)。

で、遠隔操作で私のMacに入ってもらって作業をしてもらい、使える環境になった次第。

 

 

すごいねぇ〜!

 

待ち時間があったので、

いつCDからDLのインストールに変わったのかetc、

といった他愛ない話をしたりもしたけれど、

プロの話はやっぱおもしろいなぁ。

 

で、連休中、その担当の方から連絡が入ってびっくり!

「その後、いかがですか? 問題ないですか?」と。

 

「連休は休みじゃないんですか?」と訊くと、休む日もありますよ〜」と。

 

そういえば、最初にマイクロソフトに電話を入れて、状況をざっと説明したとき、

「あとで担当者から電話を入れます」と言われ、都合のいい日時を確認されました。

その日、私は新しいMacに移行するための環境設定日にしていたので、

「今日だったらいつでもいいですよ」と言うと、

「時間の指定はできないけれどいいですか?」と念押し。

 

 

基本Macユーザーだから、マイクロソフトのカスタマーサポートに電話を入れたことはほとんどなく、

確かに記憶にあるのは、これ以前に1回。

そのときは、可もなく不可もなくだったのですが、

今回のていねいで親切な対応は恐縮してしまうほど。

これまで電話でサポートを受けたなかで、ダントツじゃない?

 

いや〜、ありがたいけれど、

過剰労働を生み出していないのか、チップを払わなくていいのか、な〜んて思ってしまいましたよ。