書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

いちいち要らないよ、私はね

f:id:ricorice:20180722135506j:plain

フェイスブックの友だちリクエストにメッセージを添えるとか、

アップした投稿や記事をシェアするときに「シェアさせていただきます」って断りを入れるとか、

要らないですから、私。

 

「お恥ずかしながら」とか、「勉強不足で」とか、「素人としては」とか、

「FF外から失礼します」といった前置きも、いちいちつけなくていいんじゃない。

少なくとも私には不要です。

 

 

これらは今のネット社会のマナーとかエチケットってことらしいけれど、

私にとっては、オープンでゆるい場なので、そんな垣根を作らなくてもなぁ、って思っています。

逆に言えば、オープンにしたくないことはアウトプットしないしなぁ、私はね。

 

そもそもフェイスブックのメッセージは、友だちになっていないと、別のフォルダに振り分けられて、気づかない。。。
友だちリクエストをもらって、その人のタイムラインなんかをざざっと見れば、だいたいどんな人か分かるから、

いーよ、であれば承認するし、

おいおい!であれば友だち承認しないし、

承認してあちゃー、だったら外せばいいし。

それだけのこと。

 

知らないからといって、匿名、もしくは友だち限定などのクローズドな場だからといって、

暴言を吐いたり、下品なこと(お下劣、というよりも人を見下す、口汚く罵る)を言ったり、

つまり面と向かってはそんな言い方しないでしょう、そんなこと言わないでしょう

(そうしないとストレスがたまる!と言って、そこまでの間柄でもないのに暴言吐きまくる人もいるけどね〜)、

をしないのであれば、別にいいんじゃないの、と思っています。