書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

アウトプットして初めてやりたいことが可視化できる

f:id:ricorice:20180626163956j:plain

実は、でも、ないけれど、私は読み書きが得意でなく、

これは外国語だけでなく、母国語の日本語でも同じ。

 

言語化&可視化する能力はあるのかもしれないけれど、

言語化&可視化するに至るプロセスを積極的に行うのが得意でないのかも。

 

なのであらかじめ企画書をしっかり書いてプレゼンする、ってのは得意でなく、

ブレストに近い打ち合わせ、そして意外というべきかよくあるのが他愛ない話が、企画につながっていく、というのがいちばんやりやすいパターン。

 

アウトプットして反応を得て、はじめて具体的にイメージできる、ってことかもしれません。

そうなると止まらなくって、あれもこれもとアイディアが沸いてくる。

忘れないうちに相手にもメールし、そしてその熱量も相当だったりする(笑)

(スイッチ押しちゃったよ!って苦笑いしているかもしませんが、そんなことはおかまいなし、なのだ! だって、やりたいんだもん!)

 

 

そこでは、いつも新しい気づきがあって、

自分のこーゆーところとかこーゆー視点をおもしろがってくれてるんだー、って分かること。

 

自分のことって、わからないものです。