書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

『ドイツパン大全』がグルマン世界料理本大賞2018・パン部門でグランプリに輝きました!

f:id:ricorice:20180606100822j:plain


発売はちょうど1年前。

 

企画提出にはじまり、制作指揮/編集統括(映画でいうと監督ですね)として仕事をした

『ドイツパン大全』(誠文堂新光社刊)が、

グルマン世界料理本大賞2018・パン部門で優勝しました!

世界で1位! これは、うれしい以上のうれしさですねぇ。

 

フランスの会社が母体となって運営している、<br>

グルマン世界料理本大賞/Gourmand World Cookbook Awards

http://www.cookbookfair.com/

 

(日本語サイトはこちら(↓))

 

cookbookfair.jp

 

今年で23年目を迎え、世界215カ国から1144作品がエントリー。

2018年5月26日(土)&27日(日)に中国・煙台で大賞の発表と授賞式が行われました。

ご案内はいただいたものの、あいにく私は行けなかったのですが、

著者の森本智子さんはご参加なさって、

現地で受賞できたことは、本当によかった!と思っています。

 

 

発刊された後、見てくださった方から著者の森本智子さんに出品してみれば?とご提案があり、

じゃあ、せっかくだからそうしましょうか、が出品のきっかけ。

 

その後、順を追って、

日本のパン部門で1位になった!

世界のパン部門で3位以内に入った!

との連絡をいただき、そして授賞式当日にグランプリ!となりました。

 

その度ごとにやった!と制作チームで喜び合っていて、

もちろんいい本を作った!自負はあるけれど、

世界の視点で客観的に、となるとわからないわけで、

そもそも賞のためでなく読者のために本を作っているわけで、

それがうまく合致した、というのは感慨ひとしおです。

 

著者の森本智子さんをはじめ、カメラマンさん、デザイナーさん、裁量を任せて仕事を見守ってくださった出版社の方々、制作にご協力くださった方々、そして読者のみなさま、本当にありがとうございました!

 

肝心の『ドイツパン大全』はこんな本です(↓)。

ricorice.exblog.jp

 

まだの方、これを機にぜひお手にとってご覧ください。

 

 

これを公言するとびっくりされることが多いのですが

私は、世に出す以上は、売りたい、1位を獲りたい!という思いが強く

(いい本なのに売れない、評価されない、ってのは(確かに時代が早かった、ってことはあるけれど)言い訳であり、傲慢であり、努力が足りないと思う)、

制作サイドはとかく、いいものを作るシンドロームに陥りがちですが、ビジネスである以上、売れてナンボ!のバランスをとりたいと考えています。