書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

原因はごく身近の小さなことだったりする

f:id:ricorice:20180602163723j:plain

プリンタ複合機、スキャナが動かなく、

まいったなぁ、な状況になり、

取り扱い説明書を読んでも、ネットの公式サイトや該当しそうなところを読んでもダメ。

夜遅かったので、メーカーへ問い合わせもできず。

 

それは出張直前のこと。

急ぎだったので、スキャナが使えなくてもできるやり方にし、

翌朝先方にも連絡して理解&対応してもらって、

なんとか切り抜けました。

 

出張から戻り、やっと落ち着いて話ができる状況になり、メーカーに電話。

指示に従い、あれやこれや。

 

う〜む。やり方、間違ってないのになぁ。

アンインストールして再インストールしてもダメ、あれしてもこれしてもダメ。

メーカーの方も、困った模様。

 

「あっ、○○をチェックしてみてください」

と確認したら、そこがまさにスキャナが作動しなかった理由。

 

こんなことだったんだ!

気づいてもおかしくないことだったのに。

 

「ひゃぁ〜、こんなことで電話しちゃって申し訳ないです!」

「いえいえ、私もすぐに頭が回らなくって」

 

 

問題が起こったとこに、まずは現状をひとつひとつ確認すれば、

理由はあって、それは小さなことで、そこを修正すればスムーズにいく。

ことを必要以上に大きくする必要はないし、必要以上の労力を注ぐ必要もない。

そういうことなんだよねぇ。