書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

LINEは使っていないので

f:id:ricorice:20180525140024j:plain

 

必要だなと思ったらすぐに取り入れるけれど、必要ないと感じたら周囲の大半が持っていてもどこ吹く風。

もともと電話が苦手でどこまで追いかけないで欲しい、って思いがあり、携帯電話を持つのはうんと遅かったし(フリーランスゆえやむなし、と)、外で仕事をするとき以外ネットをつなぐ必然性が感じられず、スマホにしたのも携帯電話の液晶がダメになったのがきっかけで、これも遅かった!

 

ネット自体は1995年からだから、周囲にさんざんバカにされつつ、こっちはこっちで「わかってないなぁ」と腹の中で思っていたので早く、今や立派なネット老人会会員だけど。

ブログも早かったし、FBも早かった、Skypeも早かった、と思う。

 

ときどき、LINEやってないの?って聞かれるけれど、やってない。

必然性を感じないのよね〜。

スタンプとか要らないし、一見仲よしこよしグループでつるんでってのもなんだなぁだし(これが私にとって悪印象)、

そもそも無料通話ならSkypeで充分じゃん!

海外とのやりとりならSkypeでしょ!

LINEを否定しているわけではなく、同じ機能はほかで代替できているので私には必要ないなってわけで、今のところ。

 

 

私のまっくんマッキントッシュのことね)は、かれこれ8歳で、まだまだ現役バリバリで頑張ってくれていて頼もしい限りだけれど、

OSが圧倒的に古くなって、プリンターもそろそろ対応するものがないのに(3年前(?)に買い買えたときもやっと見つけた)おののいているし、何より、ついにまっくんSkypeができなくなったのが痛い! 今はもっぱらSkype はスマホで、って有り様。

自分でまっくんの手術をするよりは、新しい方を買った方がいいのだけれど、まだふんぎりがつなかい。

新しい子を迎え入れた途端に、ご機嫌斜めになるのは避けたいしなぁ(経験あり!)。