書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

私って福の神なんじゃないかって思う

f:id:ricorice:20180408142135j:plain

 

うれしい知らせ、って言ってもいいんじゃないかな。

仕事でつきあいのある方が、事業拡大なさる、という報告。

しかも一気にドン!と。

不安もあるようですが、そういうことができる、ってのは体力のある証し。

 

わざわざ報告いただいたのが、うれしいなぁ〜。

 

 

はっと振り返れば、

仕事をお願いしたところが、私が、ここがいいんじゃないでしょうか、と推薦したところが

(書籍とかの大きな仕事ね。小さなものは、なんせ数が多いので、いろいろです)、

その後うまくいって高い評価を得られたり、ビジネスを大きくしたりなさっている、っていうのは、

非常にうれしいものです。

自分の見る目が間違っていなかった、という意味でも。

 

自分のことはからっきしだけれど、他人のことはよく見えるってことか。

まあ、自分もうまくいくに越したことはないけれど、

自分が関わった方々がうまくいっているのは、幸せをお裾分けしてもらっている気分。

 

っつーことは、私って福の神じゃないの?

私が入ったあとで飲食店が満席になることもよくあるし。

 

 

いーのいーの。

私がそれで悦に浸っているだけなんだから!