書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

電車の中の会話でオリンピックの結果速報を知る

f:id:ricorice:20180218104039j:plain

時代は変わったなぁ、と痛感!

 

2月17日(土)の午後、電車に乗っていたら、

何やら賑やかなグループが。

 

どうやら、平昌オリンピックフィギュアスケート男子の結果、

羽生結弦選手の金メダル、宇野昌磨選手の銀メダルが出たばかりで、

そのリアルタイム動画だかニュースだかを観ながら興奮している様子。

 

私自身はオリンピックって興味がないので、

別段気に留める、ってことはないのですが、

これまで、たとえば駅のニューススタンドの新聞の見出しだったり、ニュースサイトだったりで知った情報が、

こうやって、その場でニュースにふれている人の声からリアルタイムですぐに知れるようになったんだなぁ。

それが感慨深い。

 

スマホなどでネットが持ち歩けるようになったからだからこそ、なんですよねぇ。

こうしてニュースは、今の時代ならではの口コミで伝達されているんだなぁ。