書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

『半島を出よ』をきっかけに

f:id:ricorice:20170820233022j:plain

ボリュームのある本を読むのはまとまった時間がとれるとき。

腰を落ち着けて、というよりも、移動の時間を利用することが多い。

 

『半島を出よ』(村上龍)は買ってはいたものの、

出だしをパラパラ読んで、時間かかりそうだな〜と思って放っておくこと数年。

昨年渡英の際に持参し、往路の飛行機から読み始め

大韓航空を利用したので、リアル、とまではいかないけれど、より情景が見えるようでもあり)、

滞在中も移動のバスや電車の中でず〜っと読み続けたという。

 

 

個人的な感想はさておき、

上下巻で印象がまったく違い、どっひゃ〜、ではありますが、読み応え充分。

 

自分は何も知らないんだなぁ、ということを真っ正面から突きつけられ、

今こそ、『半島を出よ』で使われた膨大な資料から、

刊行されてから時間が経過しているので、さらに追加で

読めるものを読んでいきたい今日この頃。

 

『半島を出よ』には参考文献一覧が掲載されており、ありがたい。

この小説がエンタテイメント性を備えているから、手に取れたんだと思うと、

きっかけとなってくれたことに感謝!だなぁ。

ricorice.hatenablog.com