書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

風評被害って言葉、間違ってない?

 

f:id:ricorice:20170724090020j:plain

地震、台風や洪水などの自然災害。。。

思いがけないことが襲ったあと、そこの場所に足が遠のくのは、

私はごく自然な心理だと捉えています、特に観光では。

 

同じことが起こるのではないか、ってのもあるでしょうが、

気を遣う感じも足が遠のいてしまう、

素直に楽しめない空気感になってしまう、も存在すると思うのです。

 

 

その足が遠のく行為を風評被害と批判するのってなんなんだろう。

現地の人や、関わっている人が、

状況を報告すること、問題ないですよ、と広く伝えることは大事だけれど、

自分たちの経済が大変だから来てください、ってのは余計なひと言。

全然お客さん視点じゃないよね、自分たちの都合だよね。

そんな場所には行きたくないなぁ。

 

現状を踏まえた上で、

「じゃあ、行こう!」

「今はやめておこう、もう少し様子をみてから」

どう捉えるかはその人次第。

それを“こうすべし!”ってのは、しかも自分たちの都合で言うのは、違うと思う。

 

本当にお客さんの立場に立つのなら、キャンセルの人に対して、

「心境お察しします。今は仕方ないですね。でも、落ち着いたらまた来てくださいね」

ってセリフが、たとえ強がりでも出てきていいんじゃないかなぁ。

 

 

今こそそこに行きましょう!ってのをアピールできるのは、

実際に予約を取り消さなかったり、だからこそ訪ねたりする、お客サイドの人だと思う、現地の人じゃない。

実際に行動した人が

「楽しかったよ」「よかったよ」「大丈夫だったよ」

言ってこそ初めて実態と実感が伴うわけで。

 

 

風評被害って、つくづく実態のない体のいい言葉だと思う。

言われた方は人でなしなことをした気分に陥れる。

なんでもかんでも風評被害と言えば、言葉で責め立てる行為、

風評被害じゃなく実被害もあるわけで、そこを検証もせず感情論で、

ぎゃあぎゃあ責め立てるのって、みっともない!