書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

「せわしない」か「せわしい」か

f:id:ricorice:20170629163955j:plain

資料として、テレビ番組を観ていたときのこと。

忙しいを意味するのに

「せわしい」

という表現がなされ、ひっかかりました。

 

ん? 「せわしない」じゃないの?

 

このテレビ番組番組、九州制作のもので、

そういえば、以前、九州の方がビジネスメールか文書だかで、やはり

「せわしい」

というのを使われていて、えっ?と思ったのです。

 

「せわしい」って方言があるんだ〜。

このときは、この人はこういう言い方をするんだなぁ、と思ったのですが、

先のテレビ番組、曲がりなりにもテレビ番組のちゃんとした(という言い方も変ですが)、

バラエティなどではない、ドキュメンタリーというか報道というか番組のナレーションだったので、

そこは共通語でやるはず。

 

となると、

「せわしい」

は方言ではない、共通語だと。

でも、

 「せわしない」

は確かに使う、日常会話だけでなく、ちゃんとしたところ(便宜上、こういう言い方でお許しを)でも。

 

 

ふむ。

 

なわけで、調べました。

結論から言うと、

 「せわしない」と「せわしい」は“とても忙しい”という同じ意味をもち、同じ使われ方をする。

違いがあるかないかというと、あるといえばあるというレベルで、

では、その違いは?というと、

 

  1.  「せわしない」は「せわしい」の強調表現

「せわしない」の後ろについている「ない」は否定ではなく、前の言葉の強調。

「子供たち」で本来はすでに複数ですが「たち」を伴うことで強調するのと同じ構造です。

2. 主眼の違い
「せわしい」は自分からみて、「せわしない」は客観的判断として。

 

 

ほうほう。

そうであれば、先のテレビ番組は内容から判断すると、「せわしない」を使う方が適しているかと(いただいたビジネスメール/文書は、どっちともとれる内容でした)。

とすると、「せわしない」と「せわしい」の使い方には、地域差というものも確かに存在するのでは、と思えてきます。

 

 

あ〜、大学のときにこういうのやったな〜。

ちゃんとやんなかったつけが回ってきたか。。。