書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ディレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

そのひと言が命取りになる

f:id:ricorice:20170522091217j:plain

SNSで発信できる、ってことは不特定多数の人に見られる、ってことです。

それに対して無自覚だなぁ〜、ってことをよく目にします。

これが命取りになりかねないのに。

 

例えば、自分の姉妹が第二子を懐妊した場合。

うれしくって投稿、これ自体は悪いことはないし、うれしいニュースというものはいいものです。

 

が、これに続くこんな発言は無自覚だなぁ、って思います。

 

ひとりっ子じゃかわいそうだからよかった!(ひとりっ子の何がかわいそうなんだ?)

一人目が女の子、今度は男の子で跡継ぎができてよかった!(今どき跡継ぎに男も女も実子もないし、跡継ぎという発想自体がどうかしてる)

 

あっちゃ〜!

そういうこと思うのは勝手で、うちうちで喋ってる分には構わないけど、

その延長で投稿するのは違うんだよね〜。

SNSってつい、ってことあるし、その手軽さでここまで生活に浸透しちゃったわけだけど、

何を投稿するか、もだけど、どう使うかってのも見られてるんだよねぇ。