読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ディレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

香りが気分をあげてくれる

f:id:ricorice:20170125014418j:plain

着るものって外国で買うことがほとんど。

深い意味はなくって、外国にいる方が外をがんがん動き回っていて、洋服も目につきやすいから(あえていえば、色味が日本のものより鮮やか)。

ひと目見て気にいって即決で買っちゃうことも多いし。

 

 

今、着ている冬用のコートのひとつは、ロンドンのイエーガー/Jaegerで買ったもの。

ぱっと見で気に入ったタイプの、色やサイズ違いを試着し、いざ会計。

 

イエーガーってそこそこの値段がします。

こういうブティックではよくあることだし、

現金で支払うからなのか(カード決済だと手数料負担しないといけないもんね)、そこそこの買い物をするからなのか、いまだにわからないのだけれど、

会計時に「これ、よかったら使ってください」と渡されたのが、

通常サイズのボディソープ、ボディクリーム、ハンドクリームがセットになったアメニティグッズ。

 

 

これがいい香りがするんですよ〜。

控えめなバラとフレッシュなハスの、上品で穏やかでやわらかく包んでくれる香り。

香りに身を纏うってこういうことを言うのね。

 

ボディソープやボディクリームはバスタイム使用ですが、

乾燥する今の季節、ハンドクリームは仕事中も欠かせない。

 

ハンドクリーム自体の手にのびる感じとか肌を保護してくれる能力は、う〜ん、まあまあかな、なのですが、とにかく香りがいい。

仕事でひといきするときに、安らぎを与えてくれます。

 

こういう小さな気分転換って、気持ちを左右するから、大事、大事。

 

ricorice.hatenablog.com