書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

前例がないからやるんだよっ!

f:id:ricorice:20161126171012j:plain

企画。

私の場合は食関連の書籍が多く、企画ときくと、目に見えない大きなものを相手にするように思われますが、

・こんなのあったらいいな〜

・こっちの視点のものが欲しいな〜

という、今、日常の中で不足しているものに欠けているものを補いたいなぁ、というところからスタートします。

 

で、企画を提出して、ボツになるときの回答で、それは違うんじゃないの、って思うのが

・前例がない

 

おいおい、前例がないから、やるんでしょ!

新しい視点や価値観を提供するのが仕事じゃないの〜!

 

同様に、

・パブ(企業広告)が〜

というのも聞かされる言葉。

おいおい、あんたは誰のために仕事してるの〜?

 

 

こういう言葉、発する理由はわからなくはないけれど、そっこーのリアクションはそれじゃないよね。

まずは、企画がおもしろいかどうか(世の中に役に立つかどうか)、でしょ。

その上でその企画を具現化するために何が必要か、になってきて、そこからじゃない?

出版不況の原因のひとつはここにある、と断言します!

だって、自分たちがおもしろい!やってみよう!から入らず、これなら売れるかなー、これなら広告入るなーを第一義でやったものをどーして読者がおもしろいって思えるっつーの?

そんなものを世に出して買ってくれ!なんて、読者をなめてるにも程がある。

 

 

そして、これ、出版じゃなくって、すべての企画にいえることだと思いますっ!