書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

炎上、上等!

f:id:ricorice:20160911003826j:plain

先月、知り合いの方と食事をしたときの話。

 

なんでこういう話題になったのか、他愛ない話から、

で大いに話に花が咲いたのでした。

 

ジブリもディズニーもそのものもなんだけれど(理由もしっかり言えるぜ)、神格化、というか、Noと言わせない空気感が嫌い。

これらを“みんな好き!”を前提に話を進められるのが嫌い。

私はテニスが大好きだけれど、錦織選手はまったく興味がないのでオリンピックもナダル頑張れ!(ナダル大好き!!!)でした。

すると、必ずいるんだな、同じ日本人なのに(だから何なんだ?)、というわけのわからないことを言ってくる人が。こういうわけわかんない理由で非難してくる輩が嫌い。

 

まあ、そういうことを散々言って盛り上がっていたら、

「ねえ、ブログで書いてよ〜、炎上させてよ〜」

と言われたのでした。

 

私は運営しているもうひとつのブログ(↓)に、

ricorice.exblog.jp

この手の内容はまったく異質なので投稿しないのですが、

炎上、上等!

だと思っています。

 

炎上してなんぼとは思っていませんが、何をやっても、“好き1〜2割、普通(好きも嫌いもない)7割、嫌い1〜2割”だと思っていて、こーゆーのってこれまで見えづらかったのが、ネットの社会では可視化できるようになり、それが炎上につながっていると思うのです。

 

それがどーした?

何をやっても嫌う人は嫌うのよ。

そんな人たちのために縮こまる必要なんかまったくない。

 

好きの反対は無関心であることを考えると、炎上が起こるってことは気に留められていることの表れで、めげるのではなく、こういうステージまで来たんだなぁ、って思えばよろし。