書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

まずは始める! とにかく始める!

f:id:ricorice:20160906000709j:plain

起業塾や個人事業主や中小企業向けセミナーでは、

ネットを活用しましょう

が強調されます。

ネットメディアは立ち上げることがスタート地点です。

ただ、その大変の域に突入するにも、まずは始めることが大事です。

 

幸い、今の時代は、

・ウェブサイトにしろ

・ブログにしろ

フェイスブックにしろ

・インスタグラムにしろ

ツイッターにしろ

登録さえしてしまえば、すぐにスタート地点に立つことができます。

こだわって自分のものを作りたい、つまりカスタマイズしたい、オーダーメイドしたいとなれば費用もしくは手間が発生しますが、とりあえずひな形で、であれば、あっという間です。しかも無料だし。

 

マラソンに例えるとわかりやすく、カスタマイズは、いきなりフルマラソンの大きな大会に参加するようなもの。

それよりも、まずは3kmとか5kmとかの短いコースで体をならしていった方がいいことは明白で、これはインターネットメディアでも同様のことがいえます。

 

なので、いきなり本格的にやるよりは、まずは簡単にできるもの、つまりひな形を利用して

とりあえず、“始めてみる” “やってみる”

ことをおすすめします。

少しでもかじると、アウトソーシングするにしろ、“こんなもん”という理解がはやいのです。

 

そして、これらのネットメディアのいいところは、スタートするのがすぐならば、やめるのもすぐできる点にあります。やってみて向いてないなと思えばやめればいいのです。

ブログの場合は、これまでの自分の投稿ごと引っ越しすることもいともたやすいことです。

 

実は、こういうインターネットメディアはいくら本を読んでも、机上の空論ではなかなか理解しにくかったりするですが、実際に体験した肌感覚だとすっとわかったりします。やってみないとわからないことも多いのが事実です。

 

ですので、やるのであれば、まずは気軽な気持ちで始めてみてください。

時代もインターネットメディアもスピードが大切ですから。