書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

仕事周辺のこと

“女の幸せ”じゃなくって“個人の幸せ”でしょ

いつも思うんだけれど、 本当にそう考えているから、ではなく、こう言っておけばいいだろう、 といった世間の“こうあるべき”風潮に流されて、 いかにもそれらしいことを言っている人の、 本音ってこういうところに見えるのよね〜。 安室奈美恵の引退発表に際…

野球っておもしろいの? 中継は要らない。

わ〜い! headlines.yahoo.co.jpTBSラジオが野球中継撤退!というニュース。 記事の方向性としては、落胆、とあるけれど、 これ、私にとっては朗報! テレビはおいていないし、ラジオは聴いたり聴かなかったりだけれど、 すごおおおおく不思議なのは、 横一…

体験に基づくこと言葉って、説得力があるなぁ。

ああ、そうか! 頭ではわかっていたつもりでも、自分の体験を通したり、人の話を通じて、初めて腑に落ちることがあります。 ある日、1970年代に喫茶店で働いていた人と話したときのこと。 「そういえば、喫茶店のコーヒーゼリーを集めた本があるんだよ、店に…

日本病(もしくはそれに該当する言葉)が流布するのは時間の問題

南アフリカのケープタウンよりも、スリランカのコロンボよりも、タイのプーケットよりも、韓国のソウルよりも、中国の北京よりも、ペルーのリマよりも、チリのサンティアゴよりも、ニュージーランドのオークランドよりも、オーストラリアのダーウィンよりも…

バカに見えることと賢く見えることと、どっちがいいのか

本人がそう感じているだけでなく、周囲の人にも言われるので、確かにそう映るのでしょう。 私は、バカだと思われています。 いや、違うな。 ふぅ〜ん、この人よりはマシ、と下に見られている、という方が正しいかな? ぼ〜っとして抜けて、スキだらけに映る…

小さいことはいいことだな、の好例

ドライハーブはまあまあ使うけれど(生はよく使う)、 ドライスパイスは積極的に使う方だと思います。 ちょっと加えるだけで、風味が格段に増すので、料理の腕が上がった気分になる、同じ料理でもスパイスひとつで別物になる、と重宝しています。 ですが、た…

そういうわけじゃないんだけどね

私は、アカウントは持っているものの、フェイスブックは積極活用をしていなくって、 ブログを更新しました、の告知と、おっ!と思ったニュースをシェアすることがほとんどで、 オンラインのスクラップブックと化しています。 ニュースは、ヘッドラインだけ見…

いちいちハンディをつけなくてもよろしい

インテレクチュアルでない、教養がない、ってことの表れかも知れませんが、 私はクラシック音楽に疎い。 聴く環境になかったし、 ティーンエイジャーからはインディー&オルタナ街道まっしぐら。 洋楽オタクってやつです。 が、イギリスに住んだとき、気づい…

知らないがゆえの楽しさってのもあるのです

つい最近、ジョゼフ・コンラッドがポーランド出身だと知り、 それまでずっとイギリス出身のイギリスの小説家だと思っていたので(コンラッドはイギリスに帰化した人物)、 びっくりして、そのことを知人に言うと、 何を今さら、と呆れ返った返答。 私がイン…

カボチャを種まで食べようとして、ふと思う

イモ、豆、カボチャの類は決して嫌いなわけではないけれど、 ごはんと一緒に食べるのが苦手で、 なかでもサツマイモとカボチャは甘みが強いこともあり、私の味覚だとおかずにはまったくならず、独立させて食べています。 量があるのでカボチャを丸ごと買うこ…

これまでの、でもすでに崩壊している既成概念でものを見るアホらしさ

www.nikkei.com明治安田生活福祉研究所による、アラサー世代(25〜34歳)の結婚に対する調査結果だそう。 あまりに突っ込みどころ満載で、この国の意識は大丈夫かいな。 結婚を前提の真剣な交際 → 結婚を前提としてなくても真剣な交際をしている人たちはたく…

民泊を国際交流と捉える不思議さよ

民泊=悪、を前提となっている節があり、 そのひとつに宿泊する外国人のマナーの悪さ、が挙げられるのですが、 じ〜っと眺めていると、マナーを説明せずして、 自分たちの常識の範疇を外れるものをマナー違反というのは何なんだろう?と首を傾げてしまいます…

どうしようもない羨望と、底沼のような嫉妬の苦しさと

文章や構成をはじめ、編集者や彼らを擁する出版社や、社会やそもそも働くことに対する認識の描き方も、今ひとつ甘いなぁ、もう少し練った方がよかったのになぁ。 編集やダイレクション、ライティングを生業としている私はそう感じ、やや残念な読後感だったの…

まったく違う視点からの質問に答えるとき

普段まったく接点のない仕事をしている人たち、 もしかしたら子どもであればあるほどいいのかもしれないけれど、 その人たちと仕事関連の話をしているとき、 こっちが知らないことを質問するのと同じで、 こっちも質問を受ける。 お互いにとっては当たり前の…

一流の人は他人にやさしい

美人が好き! って言うと、ファミニストな方々から総スカンを喰らいそうですが、 だって本当にそうなんだもん! いったんその定義はおいておいて、どうあがいても美しいものは美しいわけです。 見ていてうっとりしゃちゃうわ!ってのもあるんだけれど、 本当…

やるかやらないか、それだけのことだと思う

私が6年前に東京から福岡に移ったとき、何のあてもありませんでした。 東京は今でも大好きだし、楽しいし、今も仕事の大半は東京だし、ですが、 そのとき、「あ〜、ここはもう私の住む場所じゃなくなったな」と痛烈に感じ、 そんな気持ちのまま暮らし続ける…

あ〜、残念! なんとも残念! 本当に残念!

先日、まさか、まさかの日本初上陸で、意気揚々とチケットをとって出向いたのは、 山口市のYCAM(山口市情報芸術センター)。 www.ycam.jp で、ここであったのは、マシュー・バーニーとジョナサン・ベプラーによる映画『River of Fundament』。 6時間もの映…

大いなる矛盾。いまだにこれが目的なの?

女性誌の類を読まず、20代向けのものはなおさら (というか、そもそもその世代は雑誌を読むのかしらん?)。 先日、百貨店のデパ地下用小冊子をめくっていてのけぞりそうになりましたよ。 “ひとり暮らしの彼に、パパッとメシ。” ラーメンとかカレーとか若い…

『半島を出よ』をきっかけに

ボリュームのある本を読むのはまとまった時間がとれるとき。 腰を落ち着けて、というよりも、移動の時間を利用することが多い。 『半島を出よ』(村上龍)は買ってはいたものの、 出だしをパラパラ読んで、時間かかりそうだな〜と思って放っておくこと数年。…

昭和の歌謡曲はそんなに高尚なものだったのか

久しぶりに雑誌「東京人」を買って読む。 特集は“阿久悠と東京”。 いや、別段思い入れはないんですけどね、 ひとりの作詞家/作家を通して見る東京って切り口はおもしろいなぁ、って思って。 私は1969年生まれで、阿久悠を阿久悠として認識したのは、 テレビ…

政治家や芸能人にとってSNSは仕事、じゃないの?

Brexitにしろトランプ政権にしろ、 なぜこれらが本流になったのかを検証し、じゃあどうするを検討するのが筋だと思うのだけれど、 いまだにこれらに対して、頭ごなしに否定する風潮は困ったもんだ。 こういうに賛同しているのはバカ、 普通に考えたら拒否す…

ミレニアル世代のお気に入りブランドはこれ!

へえ〜、意外!というのが第一印象。 2017年8月18日(金)、City A.M.(ロンドンの経済紙)経由、Business Isiderが伝えたのは、 “ミレニアル世代のお気に入りブランドはこれ!” www.cityam.com ミレニアル世代、2000年代以降に成人を迎えた世代で、 アメリ…

オードリー春日の東大受験を全面的に応援したい!

広告の仕事をすることがあります。 どう関わるかは案件によりますが、企画や構成から関わったり、文字原稿を書いたり。 いずれも私の場合は、広告代理店から直接、よりも、知っている制作会社から依頼を受けて、ってことが多い。 なので通常のやりとりは制作…

今年の夏は涼しいのか? 暑いのか?

現在、私は福岡市在住で、お盆頃からようやく暑さが和らいだものの、 今年、2017年の夏は、まさに殺人的な暑さでした。 これまでは体感としては、 足元からもわ〜っと暑さがきて、 建物が密集していることもあり、風が抜けないから、 東京の方が暑いと思って…

ジンはあってもトニックウォーターはないとはこれいかに

百貨店の低迷が言われて久しく、確かに私個人としてはほとんど足を運ばないもんなぁ。 とはいえ、仕事で行くことはちょくちょくあり、 それは何かっていうと、撮影用食材の買い出し。 割高になるけれど、見た目もよい(撮影用なので見て選んで買いたいのです…

「もう歳だから」「いい歳だから」の不毛さ加減ったらありゃしない

めんどくさいな〜。 話をしていて、 「もう歳だから」「いい歳だから」 って言い訳、心底苦手だなぁ。 だって、 「そんなことないですよ〜」 って続けないといけないんだもん。 やんないけどね、黙ってるけどね、私。 「そうですよね」と同意しようものなら…

数学クラブに入りたい!(どこかにないかな?)

私は、学問とは“真理の追求”と考えています。 一言で学問といっても細分化されているわけですが、 すべての学問の最高峰に位置するものは“哲学”で、 そのすぐ下にあるのが“数学”であり“物理”であると捉えています。 私は小学校2年生で九九を習った頃から、数…

そういう言い方があったか! 呼び込みに感心する

競馬もしなければ宝くじも買わない私。 すべてを一任して運を試すものよりも、 麻雀とか株とか自分で考えた結果が反映されるものの方が断然いい。 それに競馬や宝くじで一攫千金を狙うより、自分で稼ぐ方が早くない? (夢がないのかな?) なので、自分用に…

人の評価にのっかってはしゃぐのって気持ち悪い

1990年半ば、私が影響を受けた雑誌に「ウォールペーパー/Wallpaper」があります。 デザイン&建築を軸にしたライフスタイル誌っていうのかな、それまで縦軸だったのを横軸で切り取る視点がおもしろく、グラフィックデザインをやっている人に譲った号もあるけ…

私は夏休みの宿題をとっとと終わらせる子どもだったので

夏休みまっただ中。 そんななか、夏休みの最後の日に宿題に追われる子ども、ってのがステレオタイプで、 あるべき子どもらしい姿みたいな概念が底辺にはありますが、 果たしてそうかな? (そもそも、子ども=無垢、ってのはまったく違うと思う。 そんな単純…