書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

仕事周辺のこと

ギャグマンガは最高のグルーヴ感を与えてくれた

私は1969年2月生まれです。 「ベルサイユのばら」、萩尾望都や竹宮恵子の主にヨーロッパを舞台とした大河ストーリー、そして絵柄が苦手で、読まずにきたんのは、世代的に少し遅れたから、と思っていました。 でも、それは違うのかも、と最近思い始めまして。…

いつまでとっておけばいいのか、思案中

主に取材で、仕事で記録をとるのに使っているのは、無印良品のA5サイズ、6mm横罫、糸綴じのノート。 私は無印良品はさほど好んで使わないのですが(持っていて楽しくないので)、このノートは20年来愛用。 このサイズ、糸綴じ(リングは書いているときに引っ…

こんなにも違うのねぇ

あっ、なかった!となって、慌てて買いに行くのが好きでないので、 日用品の消耗品は、新しく使い始めた時点で、ストックを買うようにしています。 生理用ナプキンもそのひとつ、だったのですが、 今年に入って、量も減り、3カ月なかったので、これで終わり…

選曲をしているのは誰だ?

西友系のスーパーマーケットで、ネオアコというかギタ―ポップというかインディー系の、70年代後半から90年代にかけての音楽が流れ、その時代の音にどっぷり浸かった身としては狂喜乱舞しそうになるのですが(確か、意識的にBGMを選んでいる、という話だった…

出会いはどこにでも転がっているんじゃないかな〜、その気になれば

聴くともなくラジオを聴いていて、国別の出会いのきっかけの違い、みたいなのを紹介していて、 へ〜、なんて内容だったのですが、 紹介したパーソナリティーの方が出会いがないと言っていて、 いやいや、そんなことはないだろう、と思ってしまいました。 一…

足を向けて寝られない人

5人はいるんじゃないかな、一生足を向けて寝られない人。 向こうはそんなこと、こちらがそういう風に感じているとは思っていないかもしれないけれど。 好きとか嫌いとかじゃなくって、普段の関係が近しいとか遠いとかでもなくって、 何だろうなぁ、って考え…

死に方は生き方なんだろうな

還暦は超えていたかな。 遠い親戚が亡くなりました。 独居で、死後数日経って訪ねた人に発見された、とのこと。 まったく他人事じゃないなぁ。 こうやって私も死を迎える可能性大。 実際に自分自身を突然死が襲ったとき、このことは頭をかすめたもんなぁ。 1…

こういうところに無意識の意識は露呈されるよね〜

びっくりしながら一気に読んでしまった(↓)。 gendai.ismedia.jp その後、これを見て、せっかくのいい記事なのにヘッドラインで台なしだなぁ、と(↓)。 headlines.yahoo.co.jp 晩御飯を作るのは“ママ”に限らないよね。 父親のこともあるし、祖父母や同居し…

たまにはアナログもいいね  

稀に鳴るとギョッとするほど、もう固定電話は使っていない(それでもやりとりでたま〜にFAX指定されるので、残しています)。 それどころか、スマホの通話も至急かつ重要なことでないとさほど使わない。 電話ってしなくなったなぁ〜。 久しぶりな方に連絡す…

停滞ムードから脱出する、のだ

やっと流れが変わってきたかなぁ。 ず〜っと停滞気味でモヤモヤしていたのが、ようやく脱出できそうな予感。 ある企画のお尻に火がついたこともあるのだけれど、 日々目の前のことをこなすのに精いっぱいで、この回っている感覚にいると、落ち込んでいる時間…

すべてはブーメランのように自分に戻る

やっと、軌道修正をして見通しを立て直したはずで、一見そのように思えたのに、 ふたを開けてみたら、愕然とする内容で、 怒りを通り越して、ただただ首をひねってしまっています。 とはいえ、首をひねっていては物事は解決しないので、手を打つべく策を考え…

つながる、つながっている

ある人と話していて、「なんで知っているの?」と驚かれました。 たまたま会った知り合いが、その人もたまたま会った知り合いからに聞いて、 それが私のところにも伝わって来たのですが、 “たまたま”続いた結果のこんなことって、あるんですよね〜。 同日、…

初心者の視点は、本当におもしろい

20歳ぐらいの若者が、初めて自分で予約して飛行機(国内線)に搭乗する、ってのに立ち会いまして。 オンラインで予約をとるプロセス上の疑問が出てくるのは想像している範疇だったのですが、 予想外の質問が飛んで来て、おもしろいなぁ、と感じ入ってしまい…

どうにもしっくりこない日が1カ月ぐらい続いてしまった

4月ごろからなんだかもやもやして停滞期にいるなぁ、で、 先月の今頃から体調を崩し、 なんだか気持ちの晴れない日がずっと続き、 同時に、眠くて眠くて仕方がない日も襲い、 どうにもしっくりこなくって、とりあえず時間だけが過ぎていく。 こういうことも…

最近、ますます化粧をしなくなった

もともと、いつも化粧をするタイプではなく、特にプライヴェートでは冠婚葬祭やそれなりの場所での食事会といった特別な機会、ぐらいか。 デートでも基本、しない。 仕事の場ではすることが多かったけれど、最近はそれも減っている。 取材や初めての打ち合わ…

自分の中に異質なものを取り入れたい

先日他愛ない話をしているとき。 「私? 今、30歳ぐらいの人とつき合いたいなぁ」(20歳年下になります) と言ったら、その後、ずっといじられ続けたという。。。 「若い人好きなの?」と訊かれ、そういうわけではないんだけどな〜。 いつもそういう風に思っ…

よく知らないがゆえの心地よさ

おじさんたちの集まり、と認識していたんですよね〜(お前もおばさんだろ、という指摘はいったんおいておく)。 同窓会って、今の自分の自慢大会、もしくは過去を懐かしむ、ってイメージがつきまとい、こういうのはなんだかなぁ、と思っていて、 だからと言…

そこにつきまとう態度が苦手なのです

仕事先の方と話していたときのこと。 「一見バカと思われて、話してみたら、そんなことなかった、を目指しているんです」と。 そういえば、自分の実力以上に賢く見られて困っている、って人もいたな。 私は十中八九バカと思われていて、まあ、そうだねぇ、バ…

思い出せないこと

ある方からご連絡をいただきました。 メールには、名前も所属も、住所や電話番号含めてしっかり明記されているし、 ご無沙汰ということで、以前、接点のあったところも書いていただいていました。 しかし、思い出せなくって。 私は、たいてい、先方がこちら…

習うより慣れろ、なんですよね

LINEデビューしました! ブログもFBも(もっと言えばネットも)早かったけれど、逆に不要だな、と思ったらいつまでも導入しない、のです。 LINEも必要性を感じていなかったのですが、1年ほど前から、やっぱり要るなぁ、という状況になり、スマホに入れようと…

世の中は知らないことだらけ

もう15年以上も仕事の付き合いのあり、 (私には珍しく)たまに食事に行ったりもする方。 泊まりがけの取材・撮影で一緒になると、移動をはじめ一緒の時間が長く、すると他愛ない話をする時間が増えます。 今回、それまでまったく知らなかったその人の面を知…

パンを焼くという行為

なんとな〜くうまくいかない、というか、停滞期にいるような気がしています。 勤め人でない、独居、ということはひとりの時間が長い、わけで、となると、気分を引きずりがちだな〜、と感じます。 ネガティヴな人が1人いればそれを通常値に戻すためには、ポジ…

しみじみしてしまうのは、こんなこと

先日、高校の同窓会に参加しました。 久しぶり、懐かしい、というよりも、初めまして、名前こそ知っているものの初めて会話を交わす人が大半で、いつもは私の周囲でお目にかからない仕事をしている人たちと会って、なんだかゆる〜い交流会のよう。 高校を卒…

なぜ結婚しないのか、訊かれて

先日、高校の同窓会がありました。 懐かしい、というよりも、初めまして、名前は知っているけれど話したことがない人が大半。 なので、同じ高校という共通項のゆる〜い交流会のようでした。 とはいえ、初めまして、でも、そこはどこか幼なじみのような空気感…

デジタルになって紙が増えた皮肉  

紙類のおかたしを本格的に進めています。 まずは着手しやすいところから、確定申告など、いわゆる書類関係を整理。 自宅が仕事場を兼ねているから、ってのもあるのですが、それ以外にも紙が散乱としていて、まだまだなかなかな状況ですが、 こうやっておかた…

肩の荷が降りて、ちょっと解放感

今年に入って早々に原稿依頼を受けた2本が、通常の仕事とまったく違う趣旨、内容、読み手の方に向けたものでした。 1本は1月中にほぼ手が離れたのですが、うんうん唸って、これでいいのか考えながら原稿を書き、脱稿した後もその感覚が抜けず。 そのため、そ…

書き損じハガキは切手やレターパックに交換可能

紙類の整理をしていて出てきた、書き損じ(というよりは印刷ミス)の年賀状が計200枚以上。 ひえ〜っ。 数年前に積極的年賀状を辞めたので、それ以前のもの。 使えるはずはないのに、処分しないままになっていた。。。 そういえば、書き損じのハガキって、郵…

何事も同じ、ってことかな

高校生だった時分、現代国語の先生が「実力は貨車にのってやってくる」と口癖のように言っていて、 大学受験はいい加減だった私は、受験勉強ではついぞその実感を得られないでいましたが、 社会人になって、「ホントにそうなんだ!」に遭遇することがたまに…

左利きはつらいよ

私は大きなもの、ペンとかカトラリーとかラケットとかは右ですが、ほかの多くのことは左が利き手です。 なので一見わからないのですが、スマホを触っているときに「あれっ、左利き?」と訊かれることがときどきあります。 もともとは左利きだったのを、幼稚…

生かされている、と思うだけで

ここのところ、すっきりしない気持ちで日々を過ごしています。 (理由の大きなところは、お金がない! こういうときに限って、支払いが遅れたり、予算が下げられたり、なんだよなぁ) バイオリズムはあるので、流れに乗っているときもあればそうでないときも…