書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ディレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

仕事周辺のこと

男の子がスカート。権利はこうやって主張するんだなぁ

年々暑さが増すイギリス。 今年もそう例外ではなく、6月というのに30℃を超える日も。 中学校の男子生徒が、制服である長パンは暑過ぎるから、と スカートで登校したニュース、 日本での報道がおもしろニュース扱いになっていてびっくりしました! ことの経緯…

こんなに安くていーのでしょうか。。。

身に着けるもの、洋服や靴、バッグの類は、ここ10年以上海外で買うことが多い。 一番は色。 私は色味のはっきりしたものが好きなのですが、日本で売っているのはニュアンスのあるものが主流なんですよね、これが似合わないんだなぁ、私。 それと、細くて薄い…

私は給食の時間が悪夢以外の何物でもない子供だった

横浜市の中学校って、お弁当なんですね。 先日、ラジオでそう言っていて初めて知りました。 そこで、進行役の人やコメンテーターが口を揃えて言っていたことにびっくり! ・母親の負担が大変 ・給食も教育の一貫。みんな揃って同じものを食べましょう 私は、…

市場価値とか優良物件とかの根底にあるもの

講談社の女性向け美容誌「VOCE」のウェブサイトの記事 「女の市場価値はいくつまで?」 が炎上、削除、謝罪したのは記憶に新しいところです(↓)。 headlines.yahoo.co.jp この手のこと、増えたなぁ。 化粧品メーカーとか電鉄会社とかでもあったなぁ。 こと…

いやいやそうじゃなくって、のもやもやの理由はこれ!

今となっては数年前だったか、 インバウンドが叫ばれるようになり、そこで私が感じた大きな違和感。 それが何だったか、やっとわかりました。 違和感の最たるものがハラル、つまりイスラム教徒に向けて食品だったり商品だったりを理解し対策しましょう、とい…

タクシーは時代をのせて走る

私は日中はまず使わないし、 せいぜいどうにも暑くてたまらん!ってときか、大きなもしくはデリケートな荷物を持って移動しているときぐらい。 基本、1時間以内は徒歩圏内で、歩くのは苦になりません (これ、東京暮らしが長いことも理由です。 タクシーに限…

食の世界も大きな転換期を迎えている示唆ではないかと

私個人は、昔ながらの仕事のやり方が残っているところ、 といっても自分の身近にあるところしかその内側が想像できないわけだけど、 飲食業界とか出版業界の制作の現場(漫画やアニメの世界もそうかも)は、 一刻も早くAIを導入すればいいのに!と思っていま…

冗談か本気か、いずれにしても話題にはなるわけで

今春だったかなぁ、この雑誌の創刊の話をきいたのは。 さして興味も抱かず、へぇ〜、相変わらずだなぁ、ぐらいに思っていたのですが、 先日、これ(↓)を見て、俄然むくむくと興味が沸いてしまった次第。 【追記あり】高齢男性向け新雑誌「GG」のコンセプト…

There’s no place like Tokyo

数年前に住居こそ福岡に移したものの、今も私の仕事の軸足は東京にあります。 普段の仕事は自分のスペースで事足りるのですが、 重要な打ち合わせだったり、撮影だったり、はどうしても行った方が早いので、 そのため、2カ月に一度のペースで東京に出向いて…

若者より高齢者の方がていねい、かぁ〜?

あるニュースで、飲食チェーン店の人材不足で、高齢者をアルバイトとして積極採用している、と。 ここまでは、別にいいんです。 そのなかで 「年寄りは若者にはないていねいな対応を客にする」という解説が。 これ、首を傾げちゃうなぁ。 概して、若者の方が…

変わらないものと変わるもの

私の20代は1990年代とかぶり、この頃のテリトリーは 東京の三軒茶屋でした。 で、最近、たまに行くことがあるのですが、 変化が激しいようでいて、でも実はあまり変わっていないようで。 昨日、久しぶりに、おそらく18年ぶりとか?にカレー屋さんでランチ。 …

ほめてるつもりが、結局はよそ者扱い

外国人、はっきり言えば白人、になるんだけれど、 日本に長く住んでいたり、言葉が流暢だったりすると、 本題からそれてそこをそめほやすのに時間を割くって、何だかなぁ〜。 ・日本語うまいですね ・お箸上手に使いますね(箸を使うのは日本だけじゃないし…

やっと日常に戻った件

6月5日(月)に発売となる書籍『ドイツパン大全』。 この本の編集(制作指揮、映画いうと監督)としてがっぷり取り組み、 手が離れたのは、2週間前の5月半ば。 大きな仕事の後って、意外と達成感とか高揚感ではなく、淡々としたもので、 数日経ったときは、…

最先端の技術も手先の器用さもおもてなしも、そんなもの要らない!

私が日本の一般的な家電を敬遠する理由 → 余計な機能があまりに多い! おもてなしと称したガイドにのりたくない理由 → 自分のペースや興味で動けない! 大皿料理を勝手に取り分けられるのが苦手な理由 → 欲しいものを欲しい量食べたいのに! すべて根本は一…

落としどころを見つけるために、外の視点が欠かせない、ってこと

労働環境、人口減少など、今の日本の状況を切り取った記事(↓)。 uk.businessinsider.com ・ひとつの記事に詰め込み過ぎ な感触は否めませんが、ケーススタディを出しながらまとめられていて、俯瞰でわかりやすい。 こういうの、すぐに外国人にはわかるまい…

料理を取り分けるのは女子力じゃないし、ましてや気がきいているわけでもない

我が意を得たり! 仕事中にラジオをつけているので、きくともなしにきいていたときのこと。 ・居酒屋とかカジュアルダイニングでの料理のシェアが苦手だ ・勝手にとりわけて目の前におかないでくれ ・勝手にそんなことをしておきながら苦手なものが入ってい…

アスクルとアマゾンのない生活なんて!

事務所にいながら注文して届けてもらうシステムを 私が積極活用するようになったのは、アマゾンよりもアスクルの方が早かった! もっとも以前はオンラインではなくファックスでも注文だったわけだけど。 いつから利用しているかなぁ、イギリスから帰国し、社…

うまくいかないときもある。誰のせいでもない

子供はいないし、猫も飼っていないし、仕事においても基本年功序列ではないところにいるので、 私は自分が年齢を重ねていっていることに疎い。 最近、あ〜、経験を重ねて歳をとるってこういうことなんだな〜、としみじみしたこと。 この4月から働き始めた人…

寄り添うふりして上から眺める人たち

本当にアッパーな方々ってのは自然体なので、 先日引退を表明したイギリス王室のフィリップ殿下のように 「休みが欲しい、欲しい、って言っていて、失業したらしたで、今度は文句を言うの?」 みたいな発言(失言)をしちゃったりするわけです 面倒くさいの…

ジュリアン・アサンジュやチェルシー・マニング報道が無視される不気味さ

ジュリアン・アサンジュ/Julian Assange チェルシー・マニング/Chelsea Manning 誰それ?という方はぐぐっていただくとして、 立て続けに彼らについての大きな報道があり、 こういうのを日本のメディアが取り上げないのはもはや慣れ切っているけれど 普段や…

今週末の読みもの課題「不安な個人、立ちすくむ国家」

全65ページにおよぶ経済産業省、次官・若手プロジェクトによるレポート(と呼んでいいのかな?) http://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdf まだざっと読みですが、危機感はビシビシ伝わる。 結局、行動が問題になるけれど、それ…

神風は吹かない。希望的観測を起点にしない

イギリスの食関連のことをやっていると、 思わぬところから問い合わせや協力の要請を受けたりします。 そこでいつも不思議に思うのが、 なぜ最初に現地のリアルな状況を把握しないのだろうか? ということ。 例えば、こんなこと。 ・イギリスで日本食は流行…

校正に必要な道具はこれ!

制作物を手がける際に欠かせない作業が、校正。 いくらDTP(Desktop Publishing/デスクトップパブリッシング)になったとはいえ、 校正という作業は、パソコンの画面上ではなく、出力紙(もしくは印刷所からの校正紙)に対して行います。 アナログですねぇ…

別に血がつながった親じゃなくてもいいじゃん

8歳のとき、小学校3年の1学期の間、家族と離れ親戚の家で暮らしたことがあります。 その決断をくだしたのは私だったし (それまでしばらく近所を転々としたり、ときどき祖母が来たりと 落ち着かなかったので、居場所を確保したかった)、 何より大大大好きな…

どーでもいいことのクロースアップにうんざり!

フランス新大統領、夫人との年齢差ばかりが取り上げられるのは気のせいでしょうか? (また、逆にそれをもって、フランスは成熟した社会って表現するのも、まったく呆れる!) トランプ大統領のところも性差こそあれ同じぐらいじゃなかったっけ? そして、彼…

籠って過ごすGWってのもおおいにアリなので

今年のGWは舵取りをしている書籍の校正に明け暮れていました。 その分時間が稼げるから、GWがあって助かった!状況でもあります。 じゃあ、去年何をやっていたか、その前は何をやっていたか。 はれっ、極力GWは外に出ないんですよね。 一度、GWをはさんで3週…

持ち上げすぎて気持ち悪いし無意味だし

サー・ポール・マッカートニーが(また)来日しましたね。 彼がいちばんわかりやすいのだけれど、 こういう大御所とされる人たちに対しての報道やインタビューが気持ち悪くって仕方がない。 確かにこれまでの功績はすごい。 ん〜、でも、彼の最近の作品がど…

本屋さんとか紙の本とか

私はイギリスの新聞ではガーディアン/The Guardianを圧倒的に愛読しています。 これ、政治的、思想的なものではなく、かといってニュースの即時性とか内容でもない。 大きな理由は、イギリス社会(一般市民の、という意味で)というものを非常に色濃く反映し…

本作りは体力と気力ありき、です

現在進めている本のプロジェクトがいよいよ、本当にいよいよ大詰め。 ほかの仕事もしつつ、ではありますが、 寝ても覚めても日々大量の校正の日々です。 普段、私は肩凝りを感じないのですが、 本作りが大詰めになると、肩から背中にかけてパンパンになりま…

付加価値ってこういうことだよ!

この手があったか! そうだよ、そう! そう! 付加価値ってこういうことなのよ! togetter.com 購入者って、別に離婚届が欲しいわけじゃない。 欲しいのは書き方。どう書けばいいか、ってこと。 離婚届は書いたことないからわからないれど、書類関係って、た…

“県”じゃなくって“藩”で捉えるほうが、ずっとわかりやすい!

私は大学から東京で、以降大人になってからの長い時間を東京で過ごして、数年前に福岡で暮らすようになりました。 それまで福岡には出張で何度か来ていたし、生まれ育った山口(とはいえ引っ越しを何度かしていることもあって、地元意識は希薄ですが)とは隣…

本当に重要なことは、共有できる記録を残さず直接会って、になる

私はラインを使っていません。というのも、グループを作ったりって人間関係がめんどーだな(←偏見)ってのが大きいから。 無料通話ならスカイプで充分だし、チャット的なやりとりならメッセンジャーで事足りる。 有名人のラインの会話が流出したり、ってのを…

お年を召した方ってむしろ今どきな気がする

今住んでいるところの町内会の会合に出席しました。 順繰りで、今年度順番が回ってきたので。 地区役員だったり、役職についている方だったり、10数名が集まっての会合。 ほとんどの方が、リタイアした(もしくは仕事を抑えてらっしゃる)70代の方々。 マン…

水菓子をお願いして、登場したものは

先日、ある和食屋さんで食事をしたときのこと。 おまかせで季節のあれこれをいただき、日本酒も多少いただき、すっかり満ち足りた気分に。 ひととおり料理が終わったあと、お店のご主人に、 「よろしかったら水菓子はいかがですか」と。 お腹はすでにいっぱ…

とかくこの世は余計なものが多過ぎる

大学に入学した18歳から20代はよく映画を観たものです。 東京にはまだ名画座が多かったし(とはいえ劇的に減っていったけど)、なにより映画館で観ないと集中できないからだし、外食するかライブに行くかレコード屋を漁るか本屋に行くか映画を観るか美術館に…

アマゾンの普及ぶりを痛感する!

私のところに荷物を届けてくれるヤマト運輸の方がおもに3人いらっしゃいます。 そのうちのおひと方とは、サインをしながらちょこっと話をしたりします。 が、たまたまのタイミングだったのでしょうが、今年に入ってあまりお目にかからないなぁ、と思っていた…

人を動かす立場になるなら飲み会/食事会のとりまとめから

お花見シーズンですね〜。 宴にはとんと無縁ですが、桜がぼんやりとかすむように風景を薄ピンクに染め上げる時期はそれだけでなんだか得した気分になります。 なぜか今思い出すのは、当時近所でよく行っていた(散歩がてら、お茶したり、バーに行ったり、ラ…

ひょいと立ち寄れる本屋がない!

昨今、私が本や雑誌を購入するときの行動パターン これ!とピンポイントで決まっているもの → アマゾン 時間にゆとりがあってひとおり(興味のない分野含め)眺めたいとき → 大型書店 雑誌&ベストセラー・チェック → 駅前や商店街の本屋 で、3の激減ぶりが…

粗品だったら要らないよん

フリーランスという仕事柄なのか(いや、むしろフリーランスの方が多いのかな?)、私の特性なのか、形式ばったことはしないので、 「粗品ですが」みたいな場面に遭遇することってあんまり、ない。 年賀状のやりとりも基本しないし、旅行に行ったり帰省した…

この人の考え方、私にとっても近い!

アメリカのコメディは苦手だけど、アメリカのおバカは大好き! そんなおバカなノリをヒップホップに持ち込んで、世間をなめているようなひょいひょいっとした軽いフットワークは、植木等の無責任男に通じるなぁ〜、なんて思っています。 その(一見テキトー…

ぱっと見でそれとわかるデザインの優秀さ

ある日、仕事で訪ねた会社で、仕事の話はひととおり終わり、他愛ない話をしていたときのこと。 「へぇ〜、イギリスの食の仕事もしてらっしゃるんですね。そうそう、私、ミニに乗ってるんですよ〜」 「でも、今やドイツ車ですからねぇ」 「いやいや、私のはロ…

名刺を新調して1カ月以上経ちました

昨年末からとりかかり、新しい名刺ができたのが2月中旬。 かれこれ1カ月以上が経過しました。 私が名刺を渡すことがもっとも多いのは取材先。 雑誌などの短いスパンの編集やライティングに関わっているときです(書籍や連載など大きなものはスタッフが固定さ…

最高学府って東大“だけ”じゃないよ

卒業式〜入学式の時期になると、いつももぞもぞしていまいます。 それは、東京大学を形容するのに大学の中のトップの意味で“最高学府”を使うこと。 それをマスメディア自ら積極的にに使っていて、それを見るたびに、ううううう〜ん、な気分に陥ってしまいま…

ヤマト運輸・宅配便危機の反応に見る居心地の悪さ

“この忙しい時期に頑張っている業者さんたちは特別料金をとってもいい! チップを渡したくなる!” って綴ったのは、今年2017年の年明けのこと。 ricorice.hatenablog.com 私の場合、ちょっと前の方が宅配便利用は頻繁でした。 仕事での校正紙やCD-Rの送付etc…

「ご無沙汰しております」が連鎖する

フリーランスというのは、実務も財務も営業(これをどうにかせねば!)も雑務もすべて自分でします。 当然、仕事の流れも直に把握しているわけでして。 ひとつの仕事だけをやる、ってことはなく、たいがい何本かの案件を同時進行でやっています。 するとおも…

アメリカで“よい”とされる職業ランキング

“もっとも良いアメリカの職業25”をピックアップした記事がありました(↓)。 www.businessinsider.jp このランキングは、 ・予想収益(基本年収の中央値) ・満足度 ・求人数 の3つの側面から割り出されたもので、なかなかにおもしろいです。 単純に日本にお…

何をやっても何かを得たい

昨日、2017年3月3日(金)&4日(土)の2日にわたって、福岡市内で開催された女性起業家経営発展塾(主催:福岡県、運営事務局:有限責任監査法人トーマツ)に参加しました。 両日とも、グループワーク、講演、交流会という流れで、 一番よかったのはグルー…

男の子とか、女の子とか

仕事柄、オーナー、経営者、社長といったトップの方々にお目にかかることが多くあります。 おっしゃっている内容もこちらに対する姿勢も素晴らしい!と思うのに、ときどき、残念だな、と思う言葉を発する方がいらっしゃいます。 それは、 男の子、女の子 と…

修業で時間をムダにしなくてもいい

10年ぐらい前だったか、テレビで安藤忠雄建築研究所に密着する番組がありました。 (私は、生き物としての安藤忠雄が大好きなのです!) もともと建築に興味があり(今もですが)、そのときに思ったこと。 「自分が建築家、自分の名前で作品を世に問う建築家…

たまには座学もいいもんです

机に座って学習するタイプでない私。 なかなか自分からそういう機会を求めて、ってことがないので、案内をいただけると、 「たまにはこういうものに参加するか!」 といった気持ちになります。 そんなわけで、2月17日(金) 西日本シティ銀行、NCBリサーチ&…