書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

仕事周辺のこと

もうフラットでいいんじゃない

お一方はご結婚なさったけれど、2人がご一緒に活動されているときに、 ことあるごとに“婚期を逃した” “嫁に行かない”を枕詞にしていて、 なんでこの人たちはいちいちこういうことを言うんだろう、って不思議に思っていた。 有名女性アナウンサーがスーパーマ…

明確な理由がないのであれば

先日タクシーを利用した時のこと。 運転手さんは還暦を少し過ぎたぐらいだったでしょうか。 何の話からそうなったか忘れてしまったのですが、 「男性は女性にごちそうして当たり前、一人前。そして、それをさせない女性は男性のメンツを潰している」 という…

もはや買うのはモノじゃないんだな〜

アメリカ合衆国発の食メディア“Eater”によるこの記事(↓)。 www.eater.com 2019年11月22日(金)に投稿されたもので、ブラックフライデーを皮切りに年末商戦に向けて、“食”の側面から発信された、と思うのですが、 内容は、というと、タイトルの “How to Gi…

これらの質問に、いつももやもやしてしまう

11月22日は“いい夫婦の日”の日ってことで結婚した芸能人が多かった(んですよね?) それ自体は、素直に「おめでとう!」ではあるのだけれど、 解せないのは、 「お子さんのご予定は?(もしくは、妊娠の有無)」 「奥さまの得意料理は?」 って2つの質問。 …

こんな再会もあるんだ〜

数カ月前に、面識はあったけれどちゃんと話したことのない人と会食する機会を得て、 「○○に行くといいよ。そこにヒントがあると思うよ」と。 へぇ〜、○○かぁ。 あっ、あの人も!この人も!とそこに縁のある人が思い出され、 そして言われたことが妙に響いて…

手作り信仰は一体いつまで続くのか

バタバタしながら、つけていたラジオを聞くともなく聞いていたので、 真意は違うのかもしれないし、間違った情報を受け取っているかもしれない。 それでも、耳に入った途端に「気持ち悪い!」って思ったこと。 “説得交渉には手作りのお弁当が有効”らしい。。…

あった、あった、ありました!

私は取材&打ち合わせ時に無印良品のノート・6mm横罫、A5・B罫・30枚・糸綴じを、おそらくここ20年ぐらい愛用しています。 以前はファミリーマートでも取り扱いがあったし、5冊パックで売っていたこともあり、(勝手に)定番と思っていて、無印良品に行けば…

“ぼっち”とか、“ひとりでも”とか、大きなお世話だ!

クリスマスまで1カ月を切りました。 この時期によく見られるのが、どう過ごすか、って話題。 私は、いつもと変わらない日常を淡々を過ごし、人生の大半で、特に親元を離れてからはほとんどの年でそうなのですが(パートナーの有無に関わらず)、 すると、か…

言葉にしないとわからないんだよね

私は、以心伝心とか、空気を読む、とかいう感覚は薄くって、 人って10言ってようやく1か2しか伝わらないのに、黙ってて何が通じるんだろう、と考えています。 なので、なるべく言語化するようにして、 特に仕事の場では、行き違いは起こる、のを前提に、 そ…

心底いいなぁ、って思ったこと

同級生(私は50歳です)と会ったとき、「(成人した)自分の子供たちが本当にかわいい」 と言っていて、そんな風に確信を持って言えるのって、強烈にいいなぁ、って思った。 仕事でご一緒した方のスマホを一緒に見ていたときに、目に入ったのは子供の画像。 …

これ、これ、これが欲しかったのよ!

私は、タッパがないせいもあって、飛行機のエコノミークラスも長距離バスも苦痛じゃない。 夜行バスは、近頃はゆったりとした造りで仕切りのカーテンがあったり、プライバシーに配慮したものもあって、いいね。 料金というよりも時間や乗り換えの兼ね合いか…

い、い、いかんなぁ〜、と思いつつ

10月に、約3カ月続いた怒涛の日々が終わった反動か、 その時期に体調が悪く寝食を削って仕事をしていて体重が減ったからか、 同時に出かけることが増えたからなのか、 (そして、なぜか、これまでと180°打って変わって外見を褒められる機会が増えたからか) …

年齢は髪に表れるのか!

私自身は赤ん坊の頃から顔が変わらないし、もちろん加齢とともに老けていってはいるものの、基本的な見た目は20歳ごろからは固定化しているように思うのですが(痩せたり太ったりもないので、30年前に買った服をいまだに着ている。。。)、 周囲の評価という…

写真は苦手なんだけれども

去年、現地でイギリス人の友人に10ン年ぶりに会った時。 私はスマホ、ではなく、いまだにデジカメで写真を撮るのだけれど (ひとつのものに機能を集約させず、ひとつのものにひとつの機能を求めるので)、 風景にしろ、目についておもしろいな、と思ったもの…

私が新幹線を積極的に使わない理由

私の記憶から刷新されていなければ、ですが、 JRって管轄ごとに違うし(知り合いの外国人のJapan Rail Passの購入に付き合う時に、どうしてここでできてここでできないの?と聞かれ、かねがね私も???で、しかも、のぞみは使えない! あまりの縦割りに呆れ…

そうかぁ、大顰蹙を買う、かぁ

出雲大社に行ってきました。 48年ぶり、かな? もっとも以前訪ねたときは2歳とかで、記憶がない。 今年に入ってからか、出雲大社が話題に上ることが多く、そういえば行った記憶にないな、行きたいなと思い、バタバタがいったん落ち着く時期が、ちょうど神在…

懐かしい人と次々とつながる

人に推薦され、その時はバタバタしていて即実行、とならなかったのだけれど、 時間ができ、そう余裕があるわけはなかったのだけれど、 でも、この機会を逃すとチャンスはめぐってこないかも、と行くことに。 その場所は、私が直接、ではなく、これまで仕事し…

スカイマークさん、本当に本当にありがとう!

まさか、更年期の生理の経血過多が引き起こす貧血が、要輸血レベルにまでなるなんて思いもしませんでした。 (そのときの経緯はこちら(↓)。) ricorice.hatenablog.com 少しずつ症状が悪化するから気づきにくいってのもあったし、 11年前に出血多量(1/3量…

驚いた! 薬や注射って安いのねぇ

要輸血レベルの貧血になり、 精密検査に加え、 点滴すること2回、鉄注射3回、鉄剤服用1カ月 を経験しました。 精密検査の医療費については、こんなもんだろうな、だったのですが、 驚いたのが、鉄注射と鉄剤の安さ! 鉄剤については、11年前に、途中一瞬途切…

恋じゃなくても人生にはバラ色の瞬間がある

今年に入って、不思議なんだけれど、多幸感を感じる時間が訪れるようになり、 それまでの、もちろん、今もときどき感じる「幸せだなぁ」と感じることと何が違うかっていうと、 思い出すたびに、いいようのない幸福感に包まれる、ってこと。 あ〜、ドラッグは…

やっと気づく。私にはとことん理性がないんだな〜

人と話すってのは、相手を理解(とまではいかないか、結局はわかりあえないから)、知るためでもあるけれど、自分を映す鏡でもあるんだなぁ。 普段会わない人と会って話しているとよくわかる。 自分が直感に従って、感覚で動いている、という自覚はあって、 …

時が経てば評価も変わる

こーゆーことを言うと、おいおい!と苦笑されるのが目に見えるようですが、 う〜ん、一体これはどういうことなんでしょう、おもしろいっちゃおもしろいんだけどね、と思ったので綴っておきます。 ええと、50歳を過ぎて、俄然「かわいい!」と言われるように…

物事の本質はいたってシンプル

貧血が要輸血レベルになり、仕事がピークを極め、この食べることを重要視する私が、食べる時間が惜しい、という状況になり、 気がつけば体重が落ちていました。 測定していないのでわかりませんが、1カ月で3kgぐらい減ったんじゃないかな。 世にダイエット方…

驚愕!ますますパワーアップしている!

普段、ファッション誌の類は買わない。 おしゃれは嫌いじゃない。毎日気合いを入れて、ってことはないけれど、でも、気に入ったものやきれいなものを身に着けると気持ちがあがるのよ。 何で、ファッション誌の類を買わないかっていうと、私がいいな〜、って…

ここに来て綱渡り状態だけれども

11月発売の書籍制作が大詰めを迎えています。 この書籍は紆余曲折あり、当初の予定より発売日が伸び、余裕のスケジュールになったはずだったのに、今度は私の体調不良で、動ききが停滞。。。 クリニック → 病院に行くまで、あてにしていた日々が体調不良で遅…

私を救ってくれるのはいつも音楽

ここ1〜2カ月体調が悪く、その原因がヘモグロビンが半量に減り重度の貧血を起こし、 ってことがわかり‘精密検査の結果はまだだけれど)、それはそれで安心したのですが、 停滞していた仕事をなんとか進めている日々。 仕事でよく関わる方には状況を説明して…

普段話さない人と話すと気づくことが多い

面識はあるけれど日常的なやりとりはなかったり、たま〜にしか会わなかったり、 そんな人と立て続けに会うと、気づくことが多い。 何に気づくかって、自分がどういう人間か、ってことに。 普段しない会話のキャッチボールは自分を映す鏡なんだなぁ。 だから…

若い頃、チヤホヤされていたからに違いない!

実際に現地に行ってからの仕事の時間よりも、そこに行くための移動の時間の方が長い、なんてことはよくあります。 乗り合わせているのは、編集者だったり、カメラマンだったり、デザイナーだったり、関係者だったり、いずれにしろ大きな範疇では同業者ですか…

母親とか父親とか

女性としては、みたいな発言を聞くと(そもそも、なんで、個人の意見として言わないんだろう?)、 え〜っ、そうなの〜? 私は違うけど、 と首を傾げてしまうことが少なくなく、先日も打ち合わせで、 「男性の発想ですね。たいがい女性はこういう反応みたい…

いつも気にかけてくれてありがとう!

相性というのかタイミングというのか、人とのつながりって不思議ですねぇ。 プライヴェートでも、コーヒーショップで隣に座ったり、ライブ会場で脱げた靴を探すのを手伝ったり、とまさに一期一会ともいうようなタイミングで出会って関係が続く人がいるように…