書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

仕事について

虹を見たかい

私の場合は、そこまでそういう案件が多いわけではないのですが、 取材や撮影で風景/景色を伴うことは少なくありません。 ということは、何が大事か、っていうと、天気です。 もちろんある程度考えてスケジュール組みをするのですが、 実際のところ、こればっ…

素直さに感動する

いちばん多いのはメールの見落とし、かな。 アドレスを打ち間違えてエラーで戻ってきたのに気づかなかったり、時空の歪みに吸い込まれたりすることもある。 ほかにも、うっかり忘れたり、ってこともある。 いずれにしろ、よくあることで、私自身、気をつけて…

こういうの不思議だろうなぁ

取材旅行で多いかな、初めてお会いする方々と長時間行動を共にし、移動や食事など仕事以外の時間を共有する時間が長い、ってのは。 いろんなタイプの人がいるし、沈黙が怖いってことも、逆に盛り上げなきゃってこともないのだけれど、他愛ない話をしているこ…

最後にはいつもピタッと決まる

時間をかけてじっくり取材をすることもあれば、数をこなす場合もある。 前者の場合のスケジューリングは取材対象の方、カメラマンさんらスタッフの都合をすり合わせて決めて、なんせそのためだけ、なのでなんらむずかしいことはない。 後者は、たとえばある…

心底ありがたい!と思った件

書籍や雑誌であれば1冊でも売れなきゃ意味がないし、ウェブサイトなんかだとアクセスしてもらわないと、と強く思っています。 私のメインの仕事は制作であり、広報やPRではないけれど、商業ベースである以上、世に出すからには、ひとりでも多くの人に手にと…

自己プロデュースはできない

基本、裏方の仕事ですから、出版物のダイレクション、監督、編集とかって仕事は。 私が表に出るのは、イギリスの食のエキスパートとして、著者としての時。 あらかじめわかっているときは、よし!と心づもりをするものの、なんとも心もとなく、さじ加減に迷…

聞いてみないとわからないのだ

取材も私の仕事の一部なわけで、取材する前に下調べは当然するわけです。 なんでもなんでも調べました、という顔をしていては、相手の引き出しを開けることができないので、初めて聞いた!みたいなフリをすることもありながら。 そして、取材時は、基本の指…

いつまで経っても慣れない。いつもどもってしまう

普段の生活でも仕事でも電話をあまり使わなくなって久しい。 でもゼロになったわけではなく、通話をすることはあって、少なくなったその機会の中で大半を占めるもの、それはアポ入れ(取材依頼)です。 これが私は滅法苦手。 知らないところに電話をするわけ…

気持ちよく仕事ができるかどうかって言い方も大きい

今、かかっているいくつかの仕事、新規だったりってのもあって、うんうん唸りながらやっています。 s 私は発注する側でもあり、受ける側でもあり、それは仕事の内容によるのですが、 書籍1冊とかプロジェクトとか、どんと裁量を任せられる仕事は出版社だった…

モノに置き換えてみたらいいと思うよ

仕事柄、ってわけではないと思うのですが、 「こういう人探しているんだけど、いない?」と訊かれることが時々あります。 私自身訊くことがあるし、そういう人探しから回り回って仕事をいただくこともあるし、 できる範囲でではありますが、できるだけ協力し…

グレーゾーンにも届けたい!

ここのところ、Creepy Nuts、特にDJ松永がお気に入りの私です。 音楽、も、と言いたいところですが、何より、喋りが。 名前のDJは、ラジオDJのDJなんじゃないか、って思えてくる。 で、この放送は聞いていないのですが、書き起こしを読んで、そうなんだよな…

書籍の編集者って助産師、のようなもの

雑誌の場合、私が携わるときはせいぜい特集企画とかで、1冊丸々ってことはなく、取材・執筆をライターさんに発注するとしても、複数の方に出すこともあるし、ひとりの方に任せるにしても、やっぱりそこまでのボリュームではないので、制作期間も含めて短期…

断り方ってあるよなぁ

私の仕事のひとつに取材・掲載の打診があり、もちろんいつでもすんなりOKが出るわけではないし、断られることも少なくありません。 そりゃ、そうです。 その向こうには読者やユーザーがいるとはいえ、こちらの企画のために時間や知識の提供をお願いするわけ…

一気に5000字を書き上げてしまったよ。。。

たま〜に、ですが、具体的な企画以前の大枠の考え方や方向性の見解を求められ、意見をとり交わす、ってことをやっていまして。 その場合、至急、ってことはないので、お互いにある程度まとまった時間がとれたときに長いメールをやりとりするのですが、 今回…

そういうことではなくって

これは長期&大きなプロジェクトの話 (雑誌などの細切れだと当てはまらない)。 私は仕事で、書籍などのダイレクション(映画でいうと監督ですね)をする比率が高く、 となると、進行管理というかスタッフのマネジメントも大事な要素となります。 何もなし…

いつも気持ちに余裕を持ちたい

なんだかうつうつと停滞していた期間を経て、 気づけば目の前にやることがドンと現れた先週。 綱渡り状態で、仕事そのものではなく、むしろ気持ちがバタバタしてしまった先週を経て、 今週は気持ちが少し落ち着きました。 気持ちが尖っているときは、目先の…

メールをスルーされないために

メールが埋もれてしまうのはよくあることで、自分だって読み忘れることはあるのだけれど、 3〜4本の1本の割合で、メールをスルーなさる方がいます。 レスが来ないのと返信の内容で、読んでいなかったのだな、というのがわかる。 その度に再送するのはいい加…

改めて、続けるって大事なんだな

随分前に、飲食店の大御所オーナーシェフを取材したとき。 元々は料理人としてキャリアを始めた方だったけれど、取材時にはメイン業務がレストラン経営にスライドなさっていた。 その取材は、お昼にさしかかる時間だったので、賄いも準備してくださった。 食…

ピリピリする状況だからこそ、ゆる〜い態度で

現在進めている企画の撮影が無事終了しました。 今回は、著者・監修、カメラマンさん(+デザイナーさんも出版社も)、私、それぞれが離れていて、集結して撮影、という動き。 ということは、うっかり!とか、忘れちゃった!とかを避けて、限られた時間で確…

ありがたいなぁ、ほんと、ありがたいねぇ

先日、高校の同窓会に出席したときのこと。 卒業年に関わらず、同窓生が集まる会で、今年は私の学年が当番期で、事前準備には参加できないものの、当日は多少なりとも手伝いを、と参加しました。 どんなものはよくわかってなく、すると会場には物販コーナー…

表紙でかくかくしかじか

現在取り組んでいる書籍の仕事の表紙が決定しました。 昨今は、中身がまだこれからなのに、表紙が大きく先行し、いやはや、な状況です。 表紙を決めるのは出版社内で、社外のこちらは意見は求められるものの、決定権はありません。 ただ、意見をすくい上げて…

比率としては変わらないのでは?

契約や嘱託という形で、一定期間その会社に出向くことはあるけれど、それは仕事の内容上、そうするのがやりやすいからであって、スタッフに教えたり、とは違うところにいます。 なので、組織としての人間関係は20年近く離れているので、疎い。 疎い、という…

現場は楽しい、んだなぁ

進行している企画がいよいよ本格始動となり、現場であれやこれや。 これが楽しい、本当におもしろい。 あーでもないこーでもない、言いながら、あれこれ意見を出し合って(私が指揮する現場は、和気あいあいとは違うし、だからといってピリピリといったこと…

自分のことは自分でやるのはむずかしい

書籍制作の仕事では、企画や構成から関わり、制作指揮/編集統括の立場に立つことが多い。 そんな中で自著を手がけることもあります。 先ごろ、GW明けに『増補改訂 イギリス菓子図鑑』が発刊となりました。 自分が著者であり、制作指揮/編集統括であり、撮影…

やっぱり若い人は優秀だな〜

GW中に、今年に入ってやりとりをするようになった方と食事をご一緒しました(半分、仕事ですがが)。 その方は編集長という立場で、私はライター(+企画内容に応じて、編集も)という役割での関係性です。 普段はメールのやりとりがメインなので、直接話し…

書類を整理しながら昔の自分に出会う

衣・食・住のおかたしの第1ラウンドがほぼほぼ終了し、今、取り組んでいるのが、仕事まわり、特に書類の整理。 2001年、イギリスから帰国して、なんとなくフリーランスになって、そのまま過ごしていて、なんでこんなに紙が散乱と山のようにあふれているのだ…

仕事をしている方がお金も気持ちも安定するのです

GW10連休、ということですが、普段とあまり変わりなく。 厳密には、会社が休みなので、そちらのやりとりはなく、それ以外は、普段と変わらず、といったところです。 やることをちょこちょこ進めていて、これにおつきあいくださる方々に感謝! GWにも関わらず…

私が目の当たりにした献本の行方

社員ではなく、フリーランス編集者の立場の私。 今では大抵打ち合わせ室に通されるし、また顔を出すことも以前ほどはなくなったのだけれど、 出版社の編集部を訪ねたときに、ショッキングだった光景として、 献本された本が、机に無造作に積まれていて(読ん…

やっぱり向いてないなぁ、とつくづく

経営とかマネタイズには向いていないなぁ。 つくづくそう感じるのはギャランティの交渉のとき。 先にこちらから見積もりを出して始まる場合は感じないし、制作時にぶつかることがあっても、それはそんなもんだ、と思っているのだけれど、 先方から提示、すで…

そのため、ってことはないけれど、大きな励みにはなります

こないだの日曜日、著者&監修の方のFB投稿で知って、ソッコーでコンビニに走り、購入。 日本経済新聞にあったのは、「グルマン世界料理本大賞」の記事。 紙面の半分以上とは、思っていたよりも大きなスペースで、驚く。 もっとも記事の本筋は別のところにも…