書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

なぜ取材をするのか、ってこと

取材して記事にして、というのを長いことやっているので、 取材ってどーやってやるの? って訊かれることがあります。 私は人の取材のやり方をみたことはないんだけれど、 私自身の目に見える工程としてはこんな感じ。 1. 企画意図の把握 2. 取材骨子の構築…

風邪と重なった出張がなんとか終了

1週間前の月曜日。 日中の案件が終わって帰宅する際、あっ、来るな、風邪ひいちゃう!と感じ、帰ってソッコーでふとんにもぐる。 案の定、でした。 次の日は外での予定がなかったので、またしてもふとんにもぐりっぱなし。 (クリニックに行きたかったけれど…

ユースカルチャーは大きな分岐点を迎えている、んだと思う

2〜3年前だったか、イギリスから持ち帰った山積みとなった紙資料(新聞やら雑誌やらフリーペーパーやらフライヤーやら)を探れば出てくると思うのだけれど、 レコードレーベルもある、ロンドンの超有名クラブ、Ministory of Soundが一面新聞広告を出していま…

こんなことってあるのねぇ、な日でした

私は仕事の場では、理不尽な仕打ちをされたとき以外は、温厚、です(本当です!) 怒んないよね〜、って言われるぐらいです(本当です!) その理由は明快。怒ったところで問題は解決しないから。 むしろ怒ると、見た目、というよりも、心理的にこじらせるだ…

思いがけない形で、ときどき読者の方に出会う

書籍の仕事の場合、私は制作指揮(映画で言うと監督)の立場であることが多く、 企画立案、構成などから関わり、執筆はすることもあったりしないこともあったり(そのときの状況で。監修兼著者がいたり、この人に執筆してもらおう、という場合は書いてもらい…

過剰な盛りは、もはや要らない

些細なつながりを、あたかも関連が深いように大きく扱う。 カズオ・イシグロを日本人として、もてはやしたのがいい例。 余計な演出を施してスポーツ中継をどっちらけにする。 関係のないお涙頂戴物語を差し込むのがいい例。 先日、取材を受けた案件の内容確…

これって結局のところ“せっかくのはれの日”商売じゃない?

もやもやもや。 今年、2018年早々発生した成人の日の「はれのひ」問題。 headlines.yahoo.co.jp 最初にこのニュースを知ったときに、驚いたのは、 いまだに晴れ着を着る人がいるんだ〜!ってこと。 いまだに成人の日の式典に出席する人がいるんだ〜!ってこ…

マクドナルドも進化する

マクドナルドに行きました。 何年ぶり? 食べたのは1年ぶり? 店内で食べたのは3年ぶり? 久しぶりのマクドナルドはメニューが変わったような。。。 ちょっとゴージャス路線になったのか? もちろん店によって違うんだろうけど、 電源があるのがありがたい!…

年末年始はブログアクセスが激減

へばりついてブログのアクセス解析をチェックしているわけではないのだけれど、 それでもブログをやっている以上はアクセス状況、ってのは気になるわけで。 私はこのブログ以外に、もいっこ、ライフワークであり専門である“イギリスの食”についてのブログを…

情報が人を介する(人が情報を介するんじゃなくって、ね)

1990年代前半、インターネットというものを知って、 www、world wide webかぁ、すごい、すごい、すごい! これまでは人が情報を介していたのが、情報が人を介するようになるんだなぁ、すごい! マスもミクロも、大企業も個人も同じ土壌に立てるんだ、すごい…

メルカリに出品しようと思ったけれど

先日、靴や服を捨てました。 もう着ないだろうなぁ〜ってものや、サイズを間違えて買ってしまったもの。 未着用や2〜3回しか身につけなかったので、捨てるにはしのびなく、そのうちメルカリに出すか〜、と思っていたのですが。。。 急ぎのことではないから、…

なんせネット老人会の一員ですから

ネット老人、って言うらしいですね。 インターネット黎明期からネットにふれていて、生きた歴史証人のことを(笑)。 20ほどあったチェック項目を忘れちゃったんだけど、ほとんど当てはまり、さもありなん(笑)。 私はアップルがモデム一体型のデスクトップ…

今さらながら、今年はツイッターで遊ぼう、っと!

朝起きてすぐパソコンの電源を入れ、寝る直前に切る生活っていつからだろう?って記憶をたぐってみたら、フリーランスになった2001年からでした。 外に出ているとき以外は、ずっとパソコンを立ち上げ、その前にいるわけで。 っと、仕事だけでなく、ラジオを…

自分のための優先順位をつけると、ストレスレスになる

昨年末、冷凍庫を整理したら、あまりにすっきりして、意識が変わった感じ。 スペースに余裕があるのは気持ちがよくって、 ぱっと見でどこになにがあるかわかるってのはストレスが少ないんだなぁ。 たとえばミートソースとか、一度に多めに作って余った分は冷…

時代がザ・スミスに追いついた!

今、私はイギリスの“食”情報を専門で扱っているわけだけれど、 そもそものイギリスへの入り口のひとつは音楽で、しかもインディーもので、1980年代からリアルタイムで体験しているので、21世紀に入るまでの情報は、こっちの方が断然詳しい。 打ち合わせでた…

何でも手作りがいいとはまったく思わない

お菓子教室やらないんですか? 料理教室やらないんですか? お店やらないんですか? 私はイギリスの食研究家という顔もあるため、こういう質問を受けることがあります。 補足的な意味であれば興味ある。でも、これが第一義となると食指が動かない、というの…

ネーミングは最強のキャッチコピー

文章は短ければ短いほどむずかしい。 わかりやすい言葉で、軸をし固定させ、ちょっと外す(意外性だったり)。 これがうまくいければ、本当にしっかりと印象づけられるわけで、 このとき、外す工程を迷いなく振り切るのがいいんだけれど、現実的にはつい守り…

著作権切れをはじめ、まとめてくれる方、ありがとう!

こーゆーのを(↓)整理して公開してくれる人がいるってのは、本当にありがたいことです。 hi.fnshr.info これは、今年2018年から作品が自由に使えるようになった人をまとめたもの。 どういうことかっていうと、日本では、著作権法により、作者が死んで50年の…

箱根駅伝と高校サッカーと

お正月といってもね〜。 なんせ、20歳ぐらいまで、お重に入ったおせち料理とかきれいなお雑煮とか過去の遺物と信じて疑ってなかった私ですから(おせちもお雑煮も、全然好きじゃないし)、 日常プラスアルファぐらいのもんで、 日常との一番の大きな違いはテ…

大丈夫、もう少しだけ

私は低血圧で、気象病持ちで、湿度と気圧が体調を左右します。 といっても、寝込むことは稀で、一応日常生活に支障がなく(時間があればとにかく横になっていすのですが)。 倒れるまでにはいたらないのだけれど、立ちくらみも起こしやすい。 お風呂が苦手で…

以前はデメリット、今はメリット

私が働き始めた頃、バイトを勘定すると大学生になったときだから、30年前。 当時は連絡手段は電話(しかも固定、ね)が圧倒的でした。 私の苗字“羽根(ハネ)”は一般的でないので、 名前を名乗るときに、「ハラさんですか?」「ハニさんですか?」などと必ず…

感謝! 感謝! です

いわゆる営業とか売り込みとかをほとんどしたことがなくって、 それは世に出たもの(手がけた書籍だったりブログだったり)がそのまま営業ツールだから。 ただ、仕事ってひとりではできなくって、 じゃあどういう人たちを仕事をしているかっていうと、 それ…

備忘録。さようなら、『WIRED』日本版プリント版

本作りを指揮したりウェブに関わったり。 そんな仕事をしていると、減少したとはいえ、雑誌を買うことは一般の方々より多い、と思う。 いったん仕事を離れちゃうと、雑誌って本当に買わなくなったよなぁ。 だって、つまんないんだもん! そんななか、仕事と…

誰でも、ではなく、私を指名してもらいたい

今は嵐の前の静けさかも。 来年、2018年は、私のなかでの出版ラッシュで、 書籍のディレクションが3冊決定して、動き始めています(増えるかもしれない、ありがたいことに)。 イギリスの食研究家としての活動は、ほかでは代替のきかない自身の仕事をしたい…

競争があるところは淘汰され、洗練される

今から30年前、私が高校生だったときのこと。 高校には進路相談ってものがあり、 「編集の仕事をしたいんです」と言ったら、 「だったら東京に行きなさい。その方面には明るくないし、具体的なことはいえないけれど、出版社の8割以上は東京にかたまっている…

早く日本語対応してね!

数カ月前だったかなぁ、取材でご一緒した方に、仕事が終了してすぐに言われました。 「録音しないんですね」と。 以前は、保険で録音すること多かったのですが、 取材対象が取材慣れしている人でないと、ひるまれてしまうんですよねぇ。 そう説明すると、「…

こーゆーのを盗人猛々しい、って言うんだなっ!

私の場合、実際にやっていることはその内容によりそれぞれですが、 仕事の軸は“情報”です。 あるときは“企画”だったり、あるときは“構成”だったり、あるときは“アイディア”だったり、あるときは“経験値”だったり。 具体的な作業、たとえば進行管理や執筆など…

ふさわしい肩書きを模索中

自身の肩書き&プロフィールを提出する機会が立て続けにありまして。 こういう要請があると、客観的に自分の仕事を見ることができ、棚卸しができる、ので、なかなかに貴重な機会だなと痛感しています。 ・イギリスの食研究家 ・食の編集者、ダイレクター、ラ…

一生懸命は、心を打つ。なんとか協力したいと思う

書籍やウェブ、雑誌などのディレクションや企画や構成、執筆に関わる立場のときは、 ・取材する だけれど、イギリスの食研究家の立場のときは、 ・取材される ことが多く、180度まったく違う立ち位置となります。 私自身のキャリアとしては前者の方が圧倒的…

久しぶりな人と久しぶりに会って、肩を叩き合える喜び

年末だからでしょうか、ここのところ久しぶり、なかには数年ぶりな方に会う機会があります。 周知な方もいればそうでない人もいます。 私は、完全な内向型なので、ひとりで時間を過ごすのが精神的に非常にラクです。 ひとりでごはんを食べられない、映画やラ…