書くこと、編むこと、伝えること

食のダイレクター、編集者、ライター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

出だしでその後が決まる

結果として、できあがったものを見る分には違いはないのかもしれませんが、 制作している側からすると、安産もあれば超難産もあって、それぞれ状況がまったく異なる。 大変さって制作そのものじゃなくって(それはそれで大変なんだけど、それは想定内)、 ト…

理不尽な目に遭って怒りが収まらないときは

制作の場であれやこれや起こるのはそんなもんだ、と思っているのですが、 そうではない外的もしくはそれに近い要因で、なかなかことがスムーズにいかない案件がありまして、それでもなんとか終わった、と思ったら、最後の最後に、はぁ?なことが発生し、やり…

い、い、いかんなぁ〜、と思いつつ

10月に、約3カ月続いた怒涛の日々が終わった反動か、 その時期に体調が悪く寝食を削って仕事をしていて体重が減ったからか、 同時に出かけることが増えたからなのか、 (そして、なぜか、これまでと180°打って変わって外見を褒められる機会が増えたからか) …

フェバってなんだ? 看板の前でムズムズ

大きなターミナル駅で視界に入ってきて ????? が頭をぐるぐる。 立ち止まって、じ〜っと見入ってしまいました。 “マイ・フェバ” “マイ”は“私の”で、これは、まあ、いい。 問題は“フェバ”。 “フェバ”ってなんだ? その看板広告を眺めて私が下した結論は“…

年齢は髪に表れるのか!

私自身は赤ん坊の頃から顔が変わらないし、もちろん加齢とともに老けていってはいるものの、基本的な見た目は20歳ごろからは固定化しているように思うのですが(痩せたり太ったりもないので、30年前に買った服をいまだに着ている。。。)、 周囲の評価という…

小間切れ睡眠が日常化してしまった

体調不良とやること山積みが重なっていた時期に、 数日の例外はあるものの、睡眠時間を小間切れにとってなんとか乗り切った日が1カ月続きました。 昼間2〜3時間起きていて、疲れたら30分睡眠、夜はちょっと長めに1時間半(たまに2〜3時間になることあり)睡…

日常会話ってむずかしいよ

その泊まった宿は1日3組で、3組中1組はカリフォルニアからやってきたアメリカ人カップル。 滞在した翌朝、もう1組は出発が早く、早く朝食を済ませてチェックアウト、アメリカ人カップルの男性の方は朝が弱い、とのことで、ダイニングテーブルに残ったのは、…

写真は苦手なんだけれども

去年、現地でイギリス人の友人に10ン年ぶりに会った時。 私はスマホ、ではなく、いまだにデジカメで写真を撮るのだけれど (ひとつのものに機能を集約させず、ひとつのものにひとつの機能を求めるので)、 風景にしろ、目についておもしろいな、と思ったもの…

私が新幹線を積極的に使わない理由

私の記憶から刷新されていなければ、ですが、 JRって管轄ごとに違うし(知り合いの外国人のJapan Rail Passの購入に付き合う時に、どうしてここでできてここでできないの?と聞かれ、かねがね私も???で、しかも、のぞみは使えない! あまりの縦割りに呆れ…

本当にやっとふんぎりがついたかな〜

あるテーマで執筆を進めていて、そこで、もう不要と判断して、次の行き場が見つかるまで一時保管している雑誌の山をひっくり返して見ることに。 これまでの私だったら、だから雑誌は処分できないんだよね〜、 と見直した雑誌をもとに戻す、ってことをやった…

そうかぁ、大顰蹙を買う、かぁ

出雲大社に行ってきました。 48年ぶり、かな? もっとも以前訪ねたときは2歳とかで、記憶がない。 今年に入ってからか、出雲大社が話題に上ることが多く、そういえば行った記憶にないな、行きたいなと思い、バタバタがいったん落ち着く時期が、ちょうど神在…

懐かしい人と次々とつながる

人に推薦され、その時はバタバタしていて即実行、とならなかったのだけれど、 時間ができ、そう余裕があるわけはなかったのだけれど、 でも、この機会を逃すとチャンスはめぐってこないかも、と行くことに。 その場所は、私が直接、ではなく、これまで仕事し…

すっかりトラウマになっちゃった。怖いな〜

閉経前の大暴れ。2カ月経血過多になり、ついには要輸血レベルの貧血を引き起こした生理が終わって1カ月経ち、生理がやって来た。 始まったばかりで驚くほどの量ではないけれど、ちょっと前に体験したあの貧血の日々が蘇り、すっかりトラウマ。 怖いよ〜。 長…

う〜ん、それは違うんだよね〜

取材でおうかがいした方が、新聞社やテレビ局に自ら売り込みをした、とおっしゃっていて、 同席された出版社の編集部の方が「羽根さんも見習った方がいいんじゃない」と何度もおっしゃり、 その場では何も言わなかったけれど、やっぱり違うんじゃないかなぁ…

電話かメールかメッセンジャーか

子供の頃から電話が苦手なだったせいもあって、 メールとかメッセンジャーとかがやりとりの主流になってほんと、助かる! 電話って、こちらの都合もおかまいなしで、外にいても、集中して他のことやっていても、突然かかってくる。 特に集中して原稿を書いた…

一生フル稼働で働きたいなぁ

何年前だったかな、イギリスで、ビジネスでお会いした現地の方達とお茶をご一緒したとき。 彼らが早くリタイアしたい! リタイアしたらどういう暮らしをしたいかを話し始め、うちおひとりはまだ30歳前後だったのに、一番乗り気で嬉々として自分のリタイア後…

スカイマークさん、本当に本当にありがとう!

まさか、更年期の生理の経血過多が引き起こす貧血が、要輸血レベルにまでなるなんて思いもしませんでした。 (そのときの経緯はこちら(↓)。) ricorice.hatenablog.com 少しずつ症状が悪化するから気づきにくいってのもあったし、 11年前に出血多量(1/3量…

驚いた! 薬や注射って安いのねぇ

要輸血レベルの貧血になり、 精密検査に加え、 点滴すること2回、鉄注射3回、鉄剤服用1カ月 を経験しました。 精密検査の医療費については、こんなもんだろうな、だったのですが、 驚いたのが、鉄注射と鉄剤の安さ! 鉄剤については、11年前に、途中一瞬途切…

これは反動なのかな

朝も昼も夜もない生活が続いて、大きな仕事が終わって、締め切りが迫っていた原稿をアップして、2泊3日の出張へ。 泊まった宿が温泉つきで、私にとって温泉はほとんどありがたみがない(むしろ、苦手)のですが、いろんな要素がうまくピタッとはまり、生まれ…

損といえば損な役回りなんだよなぁ

人を紹介してほしい、という依頼があり、 会ったことはなく、話をしたこともなかったけれど (こういうこと、もはや珍しくない。 1〜2年に一度程度とはいえ、年々もつきあいのある出版社の方とは、会ったことも話したこともないもんなぁ)、 それまでのやり…

すっかりぐっすり寝てしまった

9月半ばから10月半ばまで、寝食を削る状況で、睡眠に関していえば昼間は30分、夜は1時間30分(ときどきそのまま寝てしまって3時間)を小間切れにとるといった生活で、 まともに寝たのは、出張先で体調不良がピークを極めて倒れたときと、一日フルで病院にい…

具体的な行動はこれからなんだけれど

貧血が要輸血レベルになり、気がついた時は、日常生活に支障を来すようになり、 とはいえ、11年前に血液量が1/3なくなり、文字どおり生死を彷徨った経験があるがゆえに。 これはまだ致死レベルじゃないなぁ、と感じたのでした。 ただ、生死を彷徨ったときに…

みんながみんな欲しいと思っているわけじゃない

更年期のホルモンバランスの崩れから、生理の経血過多となり (生理が2カ月続き、うち1カ月以上でヘヴィーな量の日々でした)、 要輸血レベルになりました(↓)。 ricorice.hatenablog.com クリニックに駆け込み、総合病院に行ったときは、立つのも座るのも…

1泊2日と2泊3日の間にある大きな違い

2泊3日の出張に行ってきました。 出張と一言で言っても、打ち合わせだったり会議だったり、ひとつのところにとどまって撮影だったり、ロケハンだったり、いろいろですが、 今回は、取材。1日数件を取材×3日。 これ、いつも不思議なんだけれど、2泊3日の取材…

下着を総取り替えしたくなったのだ

何かきっかけがあったわけではないのだけれど、 ふと、今ある下着を総取り替えしたい! そんな気分に突然襲われて、 とはいえ、そのときは、予備がなかったので入れ替えることはできず、新しく買いに行く時間もなく、 時間の経過とともに随分おさまったとは…

手持ちの服を再度見直す

今年に入って、こりゃいかん!とおかたしをはじめ、手始めに取り掛かったのが衣類。 服とか靴とかバッグとかを処分し、中にはどーしようと迷うものがあり、それはそこで考えて手が止まると進まなくなるので、いったん保留にして、迷いなく処分できるものは処…

恋じゃなくても人生にはバラ色の瞬間がある

今年に入って、不思議なんだけれど、多幸感を感じる時間が訪れるようになり、 それまでの、もちろん、今もときどき感じる「幸せだなぁ」と感じることと何が違うかっていうと、 思い出すたびに、いいようのない幸福感に包まれる、ってこと。 あ〜、ドラッグは…

やっと気づく。私にはとことん理性がないんだな〜

人と話すってのは、相手を理解(とまではいかないか、結局はわかりあえないから)、知るためでもあるけれど、自分を映す鏡でもあるんだなぁ。 普段会わない人と会って話しているとよくわかる。 自分が直感に従って、感覚で動いている、という自覚はあって、 …

いい本を作るという希望

最初に見たのは、9月下旬(↓)。 togetter.com その後の動きが先日、10月下旬に上がってきました(↓)。 www.itmedia.co.jp 私はですね、とても偏った人間で、実生活はからっきしで、仕事をしていないと、本当にグータラなダメ人間だという自覚が、はっきり…

時が経てば評価も変わる

こーゆーことを言うと、おいおい!と苦笑されるのが目に見えるようですが、 う〜ん、一体これはどういうことなんでしょう、おもしろいっちゃおもしろいんだけどね、と思ったので綴っておきます。 ええと、50歳を過ぎて、俄然「かわいい!」と言われるように…