書くこと、編むこと、伝えること

編集者、ダイレクター、ライター、情報発信サポーター、イギリスの食研究家“羽根則子”がお届けするメディアや仕事のあれこれ

若いんだから、で押しつけないようにしようと思った件

今からは信じられないのですが、 中学校に上がるまでの私は、食わず嫌い(今もそうですが、淡白なものが好みで、幼い頃はもっとはっきりしていた)だし、少食だし、食べるのは遅いし、で、 3つ通った小学校のうち、最後の小学校は、すべて食べさせる、という…

国際線に乗るたびにがっかりさせないでよ

個人的には、言語はあくまで伝えるための手段、ツールであって使わないと意味がないと思っているし、 いくら英語教育を早い段階からやっても、オーラルに力を入れても、 その根幹はやはり文法だし、これをないがしろにするとただのおバカさんになっちゃうし…

若い人の頑張りはいいなぁ

10月下旬から11月上旬にかけてイギリスに行っておりました。 ここのところ毎秋渡英していて、今回は北に1週間ほどいたので、 ロンドン滞在はトータルで1週間ちょい。 やっぱ、短いなぁ。 そんな中、ランチで訪ねた、ロンドンはメイフェアにあるファインダイ…

こういうものとの出合いを求めて本屋さんに行っているかも

ここで紹介されているのは文芸書の場合。 一般書籍だと、デザイン要素がもっと大きくなります。 とはいえ、最初のページを開くと、本作りの流れがわかりやすく紹介されています。 (文芸書だからか、やたらルビ(ふりがな)が出てくるのですが。。。) 書籍…

プロの話はいつもおもしろい!

美容院が苦手です。 かけられたケープやタオルで妙に肩が凝るのと、 美容師さんとの他愛ない話が。 なので、話しかけられてもたいがい生返事で、ぼーっとしています。 先日、重い腰を上げて久しぶりに美容院へ。 その方も必要以外のことはさして話さず、かつ…

とりあえずYESと言う。考えるのはそれから

活字メディアにおいて、紙と電子の出版がそうであるように、 雑誌と書籍では、方法も考え方もまったく違います。 今年は5月、7月、9月と隔月で、 私が制作指揮/編集統括(映画でいうと監督です)した書籍が発刊となり、 書籍の現場を知っている人も、だけれ…

この世はコネで回っている

コネといっても、お金を積んだり、関係性を利用して便宜を図ってもらう、ってことではなくって、 人の紹介、ってこと。 私はメディアの世界に身をおいてるのですが、 営業らしい営業はほとんどしたことがないんですよね。 「誰かいない?」と知っている方が…

自分の体のことはいつまで経ってもわからない

軽いのはありがたい、本当にありがたいことなのだけれど、 もしかして、と思いつつ、はっきりとした兆候ではないので、 たいがいトイレで、あっ!となっています。 若い頃には、そんなことなかったのに、 ここ5〜6年でしょうか、 生理になると、血の滴るよう…

うまいとか下手ではなく、沿っているかどうかが肝要なのだ

初めての媒体のお仕事はいつも緊張が伴います。 まずは、の小手調べとなるのは、小さい単発の仕事から、で、 私の場合は、そこまでのボリュームを伴わないライティング(+企画や取材先案の提出)がほとんど。 そのあと、編集込みで、もしくはどんと編集(映…

こんな場で、フレンドリーな人がいるんだねぇ

「生かされているんだなぁ」と感じていて、だからか、 頻繁にお墓参りをしないのは、ちょっと後ろめたいところがあります。 宗教とはほとんど関係のないところで生きているけれど、 駅前などで托鉢のお坊さんがいるとお布施をするんですよね。 それは、先の…

あまりにも当たり前のことって気づかないから

中学生に英語の質問をされ、唸ってしまいました。 いえね、一応、理解できそうな範疇を探って説明したのですが、その疑問に。 あまりにも当たり前のことで、いつもはやり過ごしていたごくごく基本的なことで、 あまりにも真っ当な質問に、一瞬たじろいでしま…

こういうのをデジタル・ラヴと呼ぶのかもしれない

システムとかはまったく疎いし、必ずしてもMac一辺倒じゃないけれど、 マシンへの愛情は深い、よーな気がする。 なんせ朝起きてから夜寝るまで、外出しなければ立ち上げっぱなしですからね (一緒にお出かけすることもあるけれど)。 ご機嫌をとるわけではな…

ワンクッション、言葉を発するだけで世界は変わる

うっかりオフ/マナーモードにするのを忘れていて、 ロンドンの美術館でスマホが鳴ったときがありました。 とりあえず電話に出なきゃ、みたいな相手だったので、 通話ゾーンを目で探しながら移動していると、 目が合ったスタッフさんがにっこりして 「あっち…

日常化しているカタカナを疑え

訳がこなれていないなぁ、これだと意味を履き違えちゃうよ、ってことにときどき出くわし、 別に咎めているわけではなく、 ないに越したことはないけれど、そういうことはあるよなぁ、と思いながら眺めています。 もっと単純なところで、カタカナに引きずられ…

忘れないための仕掛けがあったよ

スマホは使うけれど、外にいるときのメールと通話のため、交通の手段のチェック用がメインで、 あんまり見ない。 なので、短時間であれば忘れて出かけてもパニックにはならない。 単機能高性能が好きなので、 写真も基本スマホで撮るし、ネット周辺のことは…

スニーカーの靴ひも、ひとつとっても

スニーカーを洗い、靴ひもを通そうとしたときに、 ふと、本式の結び方ってあるのかなぁ、という疑問がわく。 ググるといろいろあるのねぇ〜。 どれが本式、ってのはなさそうだけれど、 靴ひものほどけにくとか着脱しやすさとかに加えて、 へぇ〜っ、こんなの…

だんだんと自分に近づいている気がする

一般的な企業であれば、 肩書きだったり業績だったり、の技量を客観的に知る尺度があるのだけれど、 メディアの仕事をしていると、 著者であったりよっぽどの大ベストセラーを生み出したり、でない場合は、 おしなべて同じ土俵に立っていると捉えています。 …

時間と手間をかけるか、お金をかけるか、なんだよね

2017年、2016年と、イギリス滞在中にドイツに飛びまして。 そのとき利用したのはRyanair/ライアンエアー。 アイルランドに本拠地がある、ヨーロッパでおなじみの格安航空会社です。 (ところで、なんで日本ではLCCって言うんだろう? 格安航空会社でいいし、…

しまっていた記憶がまざまざと蘇る

約20年ぶりに訪問する場所がありまして。 なんせ、久しぶりですからね。 普段はたまに思い出すことぐらいなのが、 地図を見たり情報を拾ったりすると、それがきっかけとなって、 すっかり記憶の彼方に追いやっていたことがあれやこれやと思い出される。 忘れ…

要検討案件として控えておこう

所有することに興味がない。 いったん所有したら、好むと好まざるとに関わらず維持の必要が生じる、 維持できないにしてもその努力が求められる。 好みや気持ちなんて変わるのに、興味が失せてもペタッと貼りつくのが苦手なんだな、私。 不動産にも興味がな…

起承転結ありきじゃないんです、私

どうやって文章を書くのか、起承転結を考えるのか、 という質問を受けました。 文章の書き方って習ったことないし、教えてもらったこともなく、 仕事を通して、校正で朱字が入ったり、自分の書いたものを読み直したり、ほかの人の文章を読んだり、 そのなか…

充分に大御所で充分に尊敬に値する、と思うけどな

タイトルはミスリードだなぁ。だって “フシギ”の理由が説明されていないもの。 bunshun.jp 女性自身の連載も好きでときどき思い出したように読むんですよね〜。 jisin.jp 多少おもしろおかしく仕上げているのを差し引いても、 的を射ている、というか、本当…

ウェブサイトって経歴書なんだね

先日、新しい仕事のお声がけをいただいた際に、 その方とは数年前に直接(半直接?)仕事をしたことがあったので 「誰かいない?」と聞かれて、じゃあ、と思い出してご連絡をくださった次第。 相手は企業、ということもあり、プロフィールが欲しい、とのこと…

まあ、そうだろうなぁ。AIにやってほしいことたくさんあるもんなぁ

数年前に新聞社出身の出版社編集部の方が、 「出版物が減って/なくなって会社に席がなくなったら、ライターぐらいしかできない」と発言なさって、 ものすごい違和感を覚えました。 ライターという仕事を軽視している、ということではなく、 ライターのいう仕…

なるほどねぇ、を短時間に連発

10年以上活躍してくれた洗濯機がここ1〜2年調子が悪く、 ついに買い換えたら、快適! 快適! 新しい洗濯機を設置に来てくださった業者の方にわずかな時間ながら話していたら、 学ぶことたくさん!で、さすがプロ! ・洗濯機の洗浄は月に1回が目安 知らなかっ…

Airbnbってこんな感じ

ここ2〜3年、国内外問わずAirbnbを利用する機会が俄然増えた、という話をしたときのこと。 Airbnbってどんな感じなの?と聞かれ、B&Bの予約がオンラインに以降したって感じ、と回答。 はて、B&B自体を利用したことがない場合は、Airbnbだけだとイメージがわ…

続ける、ず〜っと情熱を持って続けるってすごい!

私の場合、最初に触れたのが少年マンガだったこともあり (私が小学校低学年の頃は「少年チャンピオン」が勢いがあった、と思う。「少年ジャンプ」がぐっと巻き返したのははその数年後の1980年前後)、 少女マンガはその後、小学校中学年の頃から自分で買っ…

これはいい反面教師である(嫌味じゃなくね)

ジュリアナ東京が大阪で復活するらしい(↓)。 www.huffingtonpost.jp このニュースそのものよりも驚いたのが、その時代の切り取り方。 意図して、それは意識的なのか無意識なのかはわからないけれど、 あえて古さ、ひと昔前感を出すための仕掛けがなされて…

謝罪ではなく理由を求めているんだけどなぁ

仕事をしていて、執筆であれば、請け負う仕事で、発注主の意向を汲むようにするし、 編集統括であれば、映画制作に例えると監督のようなものだから、 発注主はいるけれど、制作の場ではほとんど裁量を任さられていて、 “作る”場面では私が発注主という立場に…

商業出版である以上、売れてナンボだと思うのよね

2018年5月8日に発売になった『グラス・スイーツ・バリエーション』。 グラス・スイーツとはアイスクリームやソルベをメインにデザートに仕上げたもの。 本書は、プロの技術でパフェ/ヴェリーヌを進化させたグラス・スイーツの本です。 (そう、グラス・スイ…